コラム

 公開日: 2012-12-04  最終更新日: 2012-12-26

「失敗」から学ぶこと

山中伸弥京都大学教授が、ノーベル生理学・医学賞を受賞されて以降
インタビューや講演で
「失敗すればするほど幸運は来る。若い間にいっぱいの失敗と挫折を・・」
「1回の成功するためには、9回くらい失敗しないと・・・」
と、失敗することについての肯定的な発言を繰り返されました。

ご自身のそれまでの経験と今回の受賞、そして山中教授の
メディアを通しても伝わる人格から、多くの共感を得ていると思います。

この報道に最初に触れた日、
偶然ですが、相反する2つの『失敗』に対する情報を耳にしました。
一つは、この山中教授のインタビュー内容。
もう一つは、『失敗しない○○』というシリーズ本が大ヒットして売れているという内容でした。

どちらが正誤ではありませんが
一日のうちにこの両方を耳にしたことも、意味ある偶然なのだと感じています。

失敗してそこから学んでいくのは、幼児期前期・幼児期後期・学童期の発達課題となります。
そして、それぞれの時期の発達課題を達成したときに得られるもの(Gift)は
『意志』*、『目的』**、『有能感』***です。

*『意志(Will)』
人に対して、従順であるか、自己主張できるようになるかを
自分の「意志」で決められるようになります。

**『目的(purpose)』
正しいこと、間違ったことを理解し、一つの目的のために
積極的・主導的に行動する力をえることが出来る。

***『有能感(competence)』
自分が自分の課題に挑戦し、それを成し遂げることに喜びを見いだすこと【勤勉性】と、
挑戦した課題を上手く成し遂げられない、自分は何をしても上手く出来ないと
不全感と自信の無さに悩む【劣等感】。
この両方を経験することから、自己中心的な有能感ではなく
他人の気持ちも理解できる有能感を獲得することが出来るのです。

いま、子どもたちに失敗しないようにと
先回りして道を整える親心が、かえって子どもから成長のチャンスを奪っていないでしょうか。

この3つのGiftの不足がもたらしている問題があるようにも感じます。

そして、この就職の厳しい時代は
『失敗することが許されない』『失敗したら後がない』と思わせていないか。
ひいてはそのことが
【失敗した自分は、『NO』である】と自己肯定感を下げていないかと思います。


最近、私が言われた言葉にこのようなのがありました。
「(一度の失敗といっても、そのことは)ずっと記録として残るのに」
この言葉は、心をぎゅっと委縮させ、怖いと感じました。

失敗しても、やり直せば大丈夫!失敗するからこそ成長できるのだ!!と
山中教授の言葉をきっかけにして、チャレンジできる風潮になると嬉しいと思います。


『自律性VS恥・疑惑1〈エリクソン発達理論・幼児期前期〉(2011-05-23)』
http://mbp-kobe.com/yu-cocoro/column/19997

『自律性VS恥・疑惑2〈エリクソン発達理論・幼児期前期〉(2011-05-24)』
http://mbp-kobe.com/yu-cocoro/column/20002

『自主性VS罪悪感〈エリクソン発達理論・幼児期後期〉(2011-05-25)』
http://mbp-kobe.com/yu-cocoro/column/20021

『勤勉性 VS 劣等感〈エリクソン発達理論・学童期〉(2011-05-26)』
http://mbp-kobe.com/yu-cocoro/column/20034

『人生脚本2(人生の立場) (2010-07-31)』
http://mbp-kobe.com/yu-cocoro/column/11829/

『遊びをせんとや・・・ (2012-10-31)』
http://mbp-kobe.com/yu-cocoro/column/31878/

『シンクロニシティ(2010-08-25)』
http://mbp-kobe.com/yu-cocoro/column/12498


☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆

☆『Yu-cocoro office』ホームページはこちら↓☆

http://yu-cocoro.com/

この記事を書いたプロ

Yu-cocoro office [ホームページ]

心理カウンセラー 椎結子

兵庫県三木市志染町 (カウンセリング等は、JR明石駅近くで行っております) [地図]
TEL:080-6162-7718

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー参加者の感想

【内容】(2時間)・伝統医学と統合医療・陰陽五行説の基礎  陰陽の概念、相互関係、  五行の性質と意味、五行表の見方と使い方・養生の基本と、秋の養生...

これまでの歩み
空

仕事や家庭、人間関係などで悩んだとき、皆さんは誰に相談しますか?友人?親?配偶者?身近な人に相談するケースが多いのではないでしょうか。でも、いざ話し出す...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
椎結子 しいのきゆうこ

さらに上を目指す人の心をサポートする「ジェネラティブ・コーチング」(1/3)

「自分を変えたい」「何か新しいことを始めたい」と思っても、さまざまな「障害」が立ちはだかり、なかなか一歩を踏み出せない―。そんな人に心理カウンセラーの椎結子さんは「その『障害』も歓迎してみてはいかがでしょう」と提案しています。「『より良い自...

椎結子プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

ホリスティク(統合的)な視点からの対応

会社名 : Yu-cocoro office
住所 : 兵庫県三木市志染町 [地図]
(カウンセリング等は、JR明石駅近くで行っております)
TEL : 080-6162-7718

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-6162-7718

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

椎結子(しいのきゆうこ)

Yu-cocoro office

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

このようなタッピングで、少しでも心身のリラックスが得られるというのは、不思議だと思います。

以前、一度タッピング・タッチを受けたことがあり、 すぐに使...

太田 太
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
過労

冬至に向かうこの時期は毎日毎日、日が短くなり12月という師も走るときでもあり・・・気忙しさばかりが募...

[ メンタルヘルス ]

ストローク(存在認知)
イメージ

ストローク(そこに居ることを認める行動の全て)は生きて行く上で水、空気、食べ物と同様に重要です。...

[ メンタルヘルス ]

予防の更に向うにあるもの ~七十二候から~

きょうで、2月が終わりです。穏やかな春を感じる日差しです。立春(2月4日)が過ぎ、雨水(2月18日)も過ぎ...

[ 感覚の鋭敏性 ]

グリーフケア(grief care) 2

喪失体験の内、死別体験による喪失からの回復は喪の作業(mourninng)といわれ、その悲しみを悲しみきるための手...

[ こころ ]

有機水銀分解菌 ~自然の持つ力・浄化2~
イメージ

熊本県水俣市の水俣湾は、チッソ工場の排水に含まれるメチル水銀により1956年、水銀公害といわれる水俣病が発生...

[ HEAL THE WORLD ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ