コラム

 公開日: 2012-11-28  最終更新日: 2016-04-17

青い自殺者

11月26日のNHKあさイチの中で
『子どもシェルター』(対象は15歳~20歳未満の子ども)の紹介がありました。
親子関係がこじれたことで、居場所を失くした子どもが
一時的に避難する場所として利用されている場所という事です。

その取材先のシェルターの理事長が、
もともと身体的暴力を親から受けたり、非行の子どもたちを対象にしていたのが
昨年あたりから、有名高校や進学校と言われる学校の子どもが
学校の先生に連れられてくる想定外の利用が増えてきている。
と話されていました。

その話を聞きながら、私が心理やカウンセリングに興味を持つきっかけになった、
一冊の本の事を思い出していました。
今、手元にその本が無いのですが、35年ほど前に読んだその本は
大阪創元社発行の『青い自殺者』という本でした。

当時、思春期の子どもたちの自殺が社会問題になっていました。
その本のなかに書いてあったのは
先のシェルターが想定外としているような学校の子どもたちの自殺のいきさつでした。

有名校と言われる子どもたちが、自殺への道を歩む。
あれから35年たった今、その『子どもシェルター』があることで
この世に繋げる命があるのですね。

親子が育っていくためには多くの課題があり
それを通してお互いが育っていくのだと思います。

私にも子どもがおりますので、子どもに期待する気持ちもとてもよく解ります。
そして、思い通りに育っていかないことへの様々な感情もおこります。

けれども家庭内で、生きていくための基本的な生活習慣を身に付け
学校や地域の中で他の価値観にも触れ、自我が育ってくれば
もう、親は徐々に子どもの手を放す準備をする必要があるのだと思います。

子どもの幸せを願い、期待したり夢を持つのも
親の楽しみですが、それは自分の願いや夢なのです。

自分の来た道を振り返り、「こうだった、ああだった」と
往々にして、陽の部分だけも語りたいですが
それなら、失敗や、挫折の陰の部分も一緒に語ってあげてください。

果たせなかった自分の夢も子どもに託したいとおもっても
子どもにも、幾つかの選択肢を提示してあげてください。
子どもの人生なのですから。

ストレスの多い子どもたちの集まっている学校に日々通い、
毎日家に帰って来てご飯を食べている。
それだけで良し!位が、お互いのために楽なのではないでしょうか。

思春期の子どもの、かわいくない態度も
親離れしようともがいている姿だと思えば
そして、そんな姿をだすことが許されている家庭環境なのだと
見方を変えることが出来れば
少しは親も自分を責めずに済むかもしれません。

抑え込み、我慢して
こころ・からだ・行動に症状が出てしまわないうちに
みんなで肩の力を抜きましょう。


『人生の下書き(2010-05-18)』
http://pro.mbp-kobe.com/yu-cocoro/column/9632

『人は生まれながら・・・(2010-06-13)』
http://pro.mbp-kobe.com/yu-cocoro/column/10345

『同一性 VS 同一性の混乱1〈エリクソン発達理論・青年期〉(2011-05-29)』
http://mbp-kobe.com/yu-cocoro/column/20116

『同一性 VS 同一性の混乱2思春期前期〈エリクソン発達理論・青年期〉(2011-06-09)』
http://mbp-kobe.com/yu-cocoro/column/20066

『同一性 VS 同一性の混乱3思春期後期〈エリクソン発達理論・青年期〉(2011-06-10)』
http://mbp-kobe.com/yu-cocoro/column/20439

『同一性 VS 同一性の混乱4青年前後期〈エリクソン発達理論・青年期〉(2011-06-11)』
http://mbp-kobe.com/yu-cocoro/column/20453

『子どもの想像力を育む ~読書のススメ~(2012-05-05)』
http://mbp-kobe.com/yu-cocoro/column/26729/

『邪魔せず自分で考え、努力出来る力をつける(2010-03-23)』    
http://mbp-kobe.com/yu-cocoro/column/7376


☆『Yu-cocoro office』ホームページはこちら↓☆

http://yu-cocoro.com/

この記事を書いたプロ

Yu-cocoro office [ホームページ]

心理カウンセラー 椎結子

兵庫県三木市志染町 (カウンセリング等は、JR明石駅近くで行っております) [地図]
TEL:080-6162-7718

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー参加者の感想

【内容】(2時間)・伝統医学と統合医療・陰陽五行説の基礎  陰陽の概念、相互関係、  五行の性質と意味、五行表の見方と使い方・養生の基本と、秋の養生...

これまでの歩み
空

仕事や家庭、人間関係などで悩んだとき、皆さんは誰に相談しますか?友人?親?配偶者?身近な人に相談するケースが多いのではないでしょうか。でも、いざ話し出す...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
椎結子 しいのきゆうこ

さらに上を目指す人の心をサポートする「ジェネラティブ・コーチング」(1/3)

「自分を変えたい」「何か新しいことを始めたい」と思っても、さまざまな「障害」が立ちはだかり、なかなか一歩を踏み出せない―。そんな人に心理カウンセラーの椎結子さんは「その『障害』も歓迎してみてはいかがでしょう」と提案しています。「『より良い自...

椎結子プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

ホリスティク(統合的)な視点からの対応

会社名 : Yu-cocoro office
住所 : 兵庫県三木市志染町 [地図]
(カウンセリング等は、JR明石駅近くで行っております)
TEL : 080-6162-7718

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-6162-7718

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

椎結子(しいのきゆうこ)

Yu-cocoro office

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

このようなタッピングで、少しでも心身のリラックスが得られるというのは、不思議だと思います。

以前、一度タッピング・タッチを受けたことがあり、 すぐに使...

太田 太
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
過労

冬至に向かうこの時期は毎日毎日、日が短くなり12月という師も走るときでもあり・・・気忙しさばかりが募...

[ メンタルヘルス ]

ストローク(存在認知)
イメージ

ストローク(そこに居ることを認める行動の全て)は生きて行く上で水、空気、食べ物と同様に重要です。...

[ メンタルヘルス ]

予防の更に向うにあるもの ~七十二候から~

きょうで、2月が終わりです。穏やかな春を感じる日差しです。立春(2月4日)が過ぎ、雨水(2月18日)も過ぎ...

[ 感覚の鋭敏性 ]

グリーフケア(grief care) 2

喪失体験の内、死別体験による喪失からの回復は喪の作業(mourninng)といわれ、その悲しみを悲しみきるための手...

[ こころ ]

有機水銀分解菌 ~自然の持つ力・浄化2~
イメージ

熊本県水俣市の水俣湾は、チッソ工場の排水に含まれるメチル水銀により1956年、水銀公害といわれる水俣病が発生...

[ HEAL THE WORLD ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ