コラム

 公開日: 2011-04-02  最終更新日: 2016-04-17

ストレスとストレスケアについて

ゴムボールに力を加えると凹みます。ボールは元に戻ろうとして反発します。
この、加わる力がストレッサー。凹みがストレス。反発する力がレジリアンスです。
いずれも物理学用語でしたが、心理状態を表わすのにも用いられるようになりました。

本来ならばストレッサーが無くなれば、凹みは自然に回復し、もとに戻ります。
しかし、強い、あるいは長期にわたるストレッサーでは回復しにくい場合があります。

ストレッサーとなるものには様々なものがありますが、この度の大災害では複合し、
形を変えながら長期にわたりストレス状態を引き起こす可能性があります。


食欲・睡眠・安全の確保という、生きていくために必要なものが満たされない状況の中では、
まず何よりこれらのことが最優先に必要でした。
そしてその不足が最大のストレスを引きおこします。

これら生存の欲求が満たされてきて、やっと次の欲求が生まれることができるのです。

突然、日常生活を遮断されたことによって生じた様々な変化を元に戻す、
あるいは新たに作るための欲求・ニーズが生じるのは当然なことです。

そしてその力があるから、生活を復旧・再建、人生を再建していくことができます。


こころもからだも強いストレス状態に陥り、自分自身を守るために様々な生体防御反応が起こります。
これらは、正常な反応で徐々にもとに戻っていきます。
けれども生死にかかわるこの度の厳しいストレッサーに、トラウマ反応が起こる可能性があります。
しかしこれはすべての人におこる反応ではありません。
「個人の持つ様々な資源」と「私的・公的な支援」によって異なってきます。

こころもからだも、自分自身を守るためにサインを出してくれています。
このサインは、悪いものではないと肯定的にとらえてください。
そして外に出せる時がきたら出してあげて下さい。

かつてはつらい体験を早い時期に詳細に聞くことが、PTSDの予防になると考えられていましたが
追跡調査によって、その聞き取りが逆にPTSDを増やすということが解っています。
周りの支援する側は無理に聞き出すことはせず、自然に話せるときがきたら聞ける環境を整えてください。
そして抑うつ状態や強い不安などの症状のある方を、スムーズに治療につなげることが大切です。

日常の中でできる範囲の、ストレスケアをお勧めします。
様々なものがありますが、これまでの生活の中でやってきたことを続けることが可能であればそれを行なうのがいいと思います。

心身が消耗しているときに、新しいことを覚えたり始めることもストレスになりますから。


リラックスするために、好きな音楽をきいたり、香りをかいだりするのも良いでしょう。

柔らかいもの、手触りの良いものを胸に抱くことは安心感を与えてくれます。

その時に湧き上がってくる感情は抑えないで出してあげて下さい。


ストレスケアとして一人~数人で出来るものがあります。

ここではセルフケアの【バタフライハグ】を紹介します。

『自分自身を抱きしめてあげる』気持ちでやってください。


1.肩や腕に力を入れてから、一気に力を抜きます。

2.深呼吸を数回して、呼吸を落ち着かせます。(息を吐ききってから深く吸います)

3.胸の真ん中に数秒両手を置きます。

4.両手を胸の前で交差させ、肩から二の腕あたりを左右交互に軽くタッチします。(2分程度)
    自分が落ち着く速さで。目安は心臓の鼓動の早さです。

5.呼吸を整え、静かに目を開けます。

この時に湧き上がってくる言葉、感情も、抑えないで出してあげて下さい。


【タッピング・タッチ】もお勧めです。(一人でする方法もあります)


被害に遭われた方も、支援にあたられる方も

そして見守る全ての人へ・・・

力が入ったままの、からだを緩めましょう。

からだを緩めると、こころも緩んできます。



『マズローの欲求の階層説(2010-05-27)』
http://mbp-kobe.com/yu-cocoro/column/9844

『レジリアンス (2011-03-15)』
http://mbp-kobe.com/yu-cocoro/column/18166

『トラウマ〈心的外傷〉(2011-03-13)』
http://mbp-kobe.com/yu-cocoro/column/18119

『一人ひとりに出来ること。(2011-04-01)』
http://mbp-kobe.com/yu-cocoro/column/18600

『タッピング・タッチ(2011-03-26)』
http://mbp-kobe.com/yu-cocoro/column/18437

『ストレスのセルフケア~バタフライハグ~(2010-12-19)』
http://mbp-kobe.com/yu-cocoro/column/15755



☆『Yu-cocoro office』ホームページはこちら↓☆

http://yu-cocoro.com/

この記事を書いたプロ

Yu-cocoro office [ホームページ]

心理カウンセラー 椎結子

兵庫県三木市志染町 (カウンセリング等は、JR明石駅近くで行っております) [地図]
TEL:080-6162-7718

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー参加者の感想

【内容】(2時間)・伝統医学と統合医療・陰陽五行説の基礎  陰陽の概念、相互関係、  五行の性質と意味、五行表の見方と使い方・養生の基本と、秋の養生...

これまでの歩み
空

仕事や家庭、人間関係などで悩んだとき、皆さんは誰に相談しますか?友人?親?配偶者?身近な人に相談するケースが多いのではないでしょうか。でも、いざ話し出す...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
椎結子 しいのきゆうこ

さらに上を目指す人の心をサポートする「ジェネラティブ・コーチング」(1/3)

「自分を変えたい」「何か新しいことを始めたい」と思っても、さまざまな「障害」が立ちはだかり、なかなか一歩を踏み出せない―。そんな人に心理カウンセラーの椎結子さんは「その『障害』も歓迎してみてはいかがでしょう」と提案しています。「『より良い自...

椎結子プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

ホリスティク(統合的)な視点からの対応

会社名 : Yu-cocoro office
住所 : 兵庫県三木市志染町 [地図]
(カウンセリング等は、JR明石駅近くで行っております)
TEL : 080-6162-7718

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-6162-7718

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

椎結子(しいのきゆうこ)

Yu-cocoro office

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

心理学の観点から、メンタルヘルス対策の重要性がよくわかりました。

日本人の平均寿命が昨年よりも短くなっていることの原因に、 ...

K・K
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
過労

冬至に向かうこの時期は毎日毎日、日が短くなり12月という師も走るときでもあり・・・気忙しさばかりが募...

[ メンタルヘルス ]

ストローク(存在認知)
イメージ

ストローク(そこに居ることを認める行動の全て)は生きて行く上で水、空気、食べ物と同様に重要です。...

[ メンタルヘルス ]

予防の更に向うにあるもの ~七十二候から~

きょうで、2月が終わりです。穏やかな春を感じる日差しです。立春(2月4日)が過ぎ、雨水(2月18日)も過ぎ...

[ 感覚の鋭敏性 ]

グリーフケア(grief care) 2

喪失体験の内、死別体験による喪失からの回復は喪の作業(mourninng)といわれ、その悲しみを悲しみきるための手...

[ こころ ]

有機水銀分解菌 ~自然の持つ力・浄化2~
イメージ

熊本県水俣市の水俣湾は、チッソ工場の排水に含まれるメチル水銀により1956年、水銀公害といわれる水俣病が発生...

[ HEAL THE WORLD ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ