コラム

 公開日: 2011-03-20  最終更新日: 2014-07-31

喪失と悲しみの心理 3

悲しみの心理については、アルフォンス・デーケン神父(上智大学名誉教授)が
カウンセリングに携わった体験から『悲嘆のプロセス』と呼ばれる
一連の情緒的反応を以下のように12段階に分析されてます。

このプロセスを消化しながら、立ち直っていくとされます。

しかし、悲しみがあまりに大きすぎたり
我慢して抑え込んだり、感情を表現できなかったりして
回復の途中で、健康を損ねてしまうこともあります。

周りがそのことを理解し、充分なサポートをすることが必要になります。


(1)精神的打撃と麻痺状態

親密な人の死に遭い、しかもその死が急激であればあるほどそのショックは大きく
一時的に現実感覚が麻痺状態に陥ります。

この一時的な情報遮断状態は、心身のショックを和らげるための
正常な防衛機制と考えられています。
一過性の現象であれば全く心配ありませんが、この状態が長引けば問題があります。

(2)否認

感情的にも、理性的にも相手の死という事実を否定しょうとします。
相手の死を感情と理性が受け入れられない時期があることを理解する必要があります。

(3)衝撃・パニック

激しい衝撃を受けて、感情的に興奮したりどうすればいいのか分からなくなります。
一過性であれば問題はありません。

(4)怒りと不当感

なぜ不幸に遭わなければならないのかという不当感がつきまとい、
自分にひどい仕打ちを与えた運命や神に対する怒りが表出されることが多い。

この怒りの感情を本人も無理に押し殺さず、
また周囲の人もこのような時期があることを理解し、上手に発散させることが必要です。

(5)敵意と恨み

どうしょうもない気持ちや、やりきれない気持ちを
周囲の人々に対して敵意という形で感情をぶつけてきます。

(6)罪責感

自分の過去の行いを思いだし、自分がとった行動や態度を悔やみ、
自分を責める気持ちが起こってきます。

(7)空想形成と幻想

空想の中で、亡くなった人がまだ生きて家に居ると考え続けたり
必ず帰ってくると思い込んだりする心理状況です。

(8)孤独感と抑うつ

慌ただしさが一段落し落ち着いてくると、紛らわせない独りの寂しさが身に迫ってきます。
気分が沈んで引きこもってしまったり、だんだん人間嫌いになったりする人もいます。

この時期が長引いてしまうと、健康を損なってしまいます。
周囲の暖かい援助が必要で、早くこの時期を乗り越えることが大切です。

(9)精神的混乱と無関心

親密な人を失った空虚さから生活目標を見失い、全くやる気をなくした状態に陥ります。
これも正常なプロセスの一部ですが、長引くようだと健康を損ねてしまいます。

その場合には、精神科医やカウンセラーなどの専門家の援助が必要となります

(10)あきらめ

(11)新しい希望~ユーモアと笑いの再発見~

 ユーモアと笑いが再びよみがえってきて、次の新しい生活への一歩を踏み出そうという希望が生まれます。

健康的な日常生活を取り返し、
親密だった人の死を現実の生活から切り離すことが出来るようになります。

(12)新しいアイデンティティの誕生~立ち直りの段階

悲嘆のプロセスを乗り越えるというのは、親密だった人を失う以前の自分に戻ることではありません。
喪失体験を通じて新しいアイデンティティを獲得することを意味しています。
悲しみを乗り越え、より成熟した人間へと成長することが出来るのです。


喪失の悲しみを体験する人がすべてこれらの12段階を通るわけではありません。
順序が変わることもあります。あるいは、複数の段階が重なって現れることもあます。

だいたい立ち直るまで最低1年くらいは必要と言われています。


『喪失と悲しみの心理1(2011-03-17)』
http://mbp-kobe.com/yu-cocoro/column/18244

『喪失と悲しみの心理2(2011-03-18)』
http://mbp-kobe.com/yu-cocoro/column/18274



★☆★ 電話カウンセリングの受付を開始しました。(2014.6~)★☆★
 ≪指定サイトからのみ受付、二十歳以上の女性限定です≫
 *55分コースに加えて、25分のショートコースも始まりました!
お申込み、詳細はこちら↓をご覧ください。
 https://www.voicemarche.jp/advisers/110?utm_campaign=001&utm_medium=110&utm_source=spweb
★☆★☆★ ★☆★☆★ ★☆★☆★ ★☆★☆★ ★☆★☆★ ★☆★☆★


★マイベストプロ神戸★

『心理カウンセリングのプロ 椎結子』の取材記事はこちら↓
http://mbp-kobe.com/yu-cocoro/

☆『Yu-cocoro office』ホームページはこちら↓☆
http://yu-cocoro.com/

この記事を書いたプロ

Yu-cocoro office [ホームページ]

心理カウンセラー 椎結子

兵庫県三木市志染町 (カウンセリング等は、JR明石駅近くで行っております) [地図]
TEL:080-6162-7718

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー参加者の感想

【内容】(2時間)・伝統医学と統合医療・陰陽五行説の基礎  陰陽の概念、相互関係、  五行の性質と意味、五行表の見方と使い方・養生の基本と、秋の養生...

これまでの歩み
空

仕事や家庭、人間関係などで悩んだとき、皆さんは誰に相談しますか?友人?親?配偶者?身近な人に相談するケースが多いのではないでしょうか。でも、いざ話し出す...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
椎結子 しいのきゆうこ

さらに上を目指す人の心をサポートする「ジェネラティブ・コーチング」(1/3)

「自分を変えたい」「何か新しいことを始めたい」と思っても、さまざまな「障害」が立ちはだかり、なかなか一歩を踏み出せない―。そんな人に心理カウンセラーの椎結子さんは「その『障害』も歓迎してみてはいかがでしょう」と提案しています。「『より良い自...

椎結子プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

ホリスティク(統合的)な視点からの対応

会社名 : Yu-cocoro office
住所 : 兵庫県三木市志染町 [地図]
(カウンセリング等は、JR明石駅近くで行っております)
TEL : 080-6162-7718

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-6162-7718

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

椎結子(しいのきゆうこ)

Yu-cocoro office

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

身体が温かくなり、ほぐれてくるのがわかりました。

以前に体験して良かったので、簡単に教えてもらったやり方で ...

S.H.
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
過労

冬至に向かうこの時期は毎日毎日、日が短くなり12月という師も走るときでもあり・・・気忙しさばかりが募...

[ メンタルヘルス ]

ストローク(存在認知)
イメージ

ストローク(そこに居ることを認める行動の全て)は生きて行く上で水、空気、食べ物と同様に重要です。...

[ メンタルヘルス ]

予防の更に向うにあるもの ~七十二候から~

きょうで、2月が終わりです。穏やかな春を感じる日差しです。立春(2月4日)が過ぎ、雨水(2月18日)も過ぎ...

[ 感覚の鋭敏性 ]

グリーフケア(grief care) 2

喪失体験の内、死別体験による喪失からの回復は喪の作業(mourninng)といわれ、その悲しみを悲しみきるための手...

[ こころ ]

有機水銀分解菌 ~自然の持つ力・浄化2~
イメージ

熊本県水俣市の水俣湾は、チッソ工場の排水に含まれるメチル水銀により1956年、水銀公害といわれる水俣病が発生...

[ HEAL THE WORLD ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ