コラム

 公開日: 2013-08-06 

気に入らない相続人に相続させない方法?

推定相続人の廃除という方法が考えられます。

もっとも,単に気に入らないというだけでは推定相続人の廃除は認められません。

推定相続人というのは,相続が開始した場合に相続人となるべき者をいいます。

推定相続人が,被相続人に対して「虐待」,「重大な侮辱」または「その他の著しい非行」を行った場合には,被相続人は,その推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求することが出来ます。

推定相続人を廃除すると,その推定相続人は,相続権を失うだけではなく,遺留分も失います。

また,被相続人は,遺言によって推定相続人の廃除する意思表示をすることもできます。

その場合には,遺言の効力発生後,遺言執行者がその推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求することになります。

遺言による推定相続人の廃除も,「虐待」,「重大な侮辱」または「その他の著しい非行」が要件となります。

この場合,「虐待」,「重大な侮辱」または「その他の著しい非行」があったかどうかが争いになるのは,被相続人の死後であることに注意を要します。

すなわち,推定相続人に「虐待」,「重大な侮辱」または「その他の著しい非行」をされたことについて,遺言執行者に事前に十分に説明し,証拠を渡しておかなければ,廃除が認められない可能性があります。

遺言による推定相続人の廃除をしようとする場合には,「虐待」,「重大な侮辱」または「その他の著しい非行」の詳細をまとめたメモを作成し,その証拠となるものと一緒に遺言執行者に渡しておくべきでしょう。

相続のご相談は,西脇法律事務所まで
(遺言) http://nishiwaki-law.com/yuigon.html
(遺産分割) http://nishiwaki-law.com/isanbunkatsu.html
(遺留分) http://nishiwaki-law.com/iryuubun.html

この記事を書いたプロ

西脇法律事務所 [ホームページ]

弁護士 矢野耕司

兵庫県西脇市西脇990 西脇経済センタービル1階 [地図]
TEL:0795-23-7532

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
西脇法律事務所の矢野耕司さん

西脇市を拠点に、民事や家事、刑事などあらゆる分野の法律問題に応える弁護士(1/3)

 西脇市の市街地にある「西脇法律事務所」。弁護士の矢野耕司さんが同市を中心に加東市や加西市、小野市、三木市、加古川市などの北播磨エリアで、賃貸借問題や交通事故などの民事、離婚や相続といった家事、捜査段階での弁護や起訴後の公判弁護を行う刑事と...

矢野耕司プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

事務所名 : 西脇法律事務所
住所 : 兵庫県西脇市西脇990 西脇経済センタービル1階 [地図]
TEL : 0795-23-7532

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0795-23-7532

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

矢野耕司(やのこうじ)

西脇法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
はじめまして

この度,マイベストプロに「地域密着で民事・家事を解決する法律のプロ」としてご紹介いただきました西脇法律事務...

私的整理の手法

私的整理による事業再生には,どのような手法があるのでしょうか。1 リスケジュール返済期限を延ばしてもらう...

私的整理による事業再生

事業の経営が思わしくない場合,金融機関から追加融資を断られた場合,資金繰りがうまくいかなくなった場合などに...

学資保険の元本割れ

学資保険が元本割れしたケースで,元本割れした分を返還する和解が成立したようです。朝日新聞デジタルによると...

弁護士に依頼をする場合の流れ

弁護士に事件の解決を依頼する場合,どのような手続を踏むのでしょうか。【法律相談】弁護士との関係は,まず...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ