>   >   >   >   >   >  健康で働くために、メンタルヘルス

コラム一覧 :健康で働くために、メンタルヘルス

1件~15件(48件)

過去の15件

介護施設・事業所での働き方

どの産業においても、人員の不足が深刻になっています。介護施設・事業所も同様に人材不足がありますが、介護施設・事業所こそ、働き方を見直す時期なのかもしれません。介護職員に合わせた柔軟な勤務形態や業務の見直しを行うことで、働きやすい職場に変わります。~しなけれ... 続きを読む

健康で働くために、メンタルヘルス

2017-04-17

介護施設・事業所での長時間労働に注意しましょう

長時間労働について、ニュースに上がることが増えました。施設・事業所においても、人手不足から長時間労働が多いことも聞きます。しかし、ニュースで報じられているように、長時間労働には弊害が多いです。職員には、身体的・精神的な負荷が多く、能力が発揮できないことがあげ... 続きを読む

健康で働くために、メンタルヘルス

2016-10-31

介護施設・事業所での夏期休暇は?

※介護施設・事業所での夏期休暇は?介護施設・事業所でも、夏期休暇を取り入れて、介護職員のリフレッシュや家族へのサービスに使えるようにしましょう。24時間365日サービスを提供しているのに、そのような夏期休暇を設けることが必要なの?と考えがちですが、途切れのない... 続きを読む

健康で働くために、メンタルヘルス

2016-07-18

介護施設・事業所での健康診断のポイント

この時期、職員の健康診断を行っている施設・事業所が多いのではないでしょうか。健康診断の一番のポイントは、健康診断を行うことではなく、健康診断の後、どう活かすかです。健康診断により、持病がある方には、受診や治療を促しましょう。施設・事業所では、持病が悪化し... 続きを読む

健康で働くために、メンタルヘルス

2016-06-06

介護職員への健康診断

事業所で行う健康診断は、健康診断をやりました・・・だけでなく、結果を踏まえた事業所での配慮が必要です。職員が働く上で、健康に配慮した職場環境を整える義務が、事業所にはあります。たとえ、職業柄ではなく持病の類であっても、持病が悪化しないように、通院治療や検査を促... 続きを読む

健康で働くために、メンタルヘルス

2016-04-11

介護施設・事業所でのストレスチェックのその後の活用

常時労働者が50名以上の施設・事業所では、来月12月1日から、ストレスチェックを毎年1回しなければいけないことになりました。ストレスチェック制度は、職員自身が不調に気づく1次予防が目的であり、ストレスが少なくなるなどの効果はありません。しかしながら、それぞれの職場... 続きを読む

健康で働くために、メンタルヘルス

2015-11-30

介護施設の夜勤者に対する健康管理

人間の生活リズムは、陽の光と合っているため、介護施設の夜勤をすると、体調のリズムが崩れがちです。では、どういったことに気をつければよいのでしょうか?夜勤明けの日中の過ごし方ですが、・明けでは、帰ってから長く寝るのではなく、 短い時間の仮眠に限り、質の高い睡... 続きを読む

健康で働くために、メンタルヘルス

2015-09-21

介護施設での、職員健康診断の活かし方

介護施設・事業所では、職員へ健康診断をされていいると思います。健康診断の結果は、どのように活用されていますでしょうか。検査の数値が思わしくなく、再度検査が必要な方や、治療が必要といった方には、必ず検査や治療を促しましょう。検査や治療しないままにしておくと・... 続きを読む

健康で働くために、メンタルヘルス

2015-07-13

介護職員自身の変化に気づく

今回の介護職員の変化に気づくとは、一人の介護職員の変化に気づく点からお伝えします。変則勤務の職場であれば、毎日姿を見ることがありませんが、何か変化していないか、施設や事業所の管理者はよく見ておく必要があります。変化と言いましても、良い変化もあれば、悪い変化も... 続きを読む

健康で働くために、メンタルヘルス

2015-06-08

介護職員への心のケア

イメージ

どんな仕事でもそうですが、心が穏やかでないと、仕事に集中できなかったり、周りと協力して仕事をすることができません。高齢者を介護する介護職員も同じですが、介護職員だからこそ、職員自身が穏やかに仕事ができるよう心のケアが必要です。介護職員は、対人援助が仕事ですの... 続きを読む

健康で働くために、メンタルヘルス

2015-05-25

介護現場では、食中毒に気をつけましょう

イメージ

暑くなるぐらいの気候になってきました。この季節、気をつけなければいけないのが、食中毒です。気温が低い季節の感覚で、生ものを冷蔵しなかったり、しっかりと火を通さずに調理すると、食中毒の原因になります。介護施設だけでなく、ホームヘルパーさんが出向く利用者さん... 続きを読む

健康で働くために、メンタルヘルス

2015-05-18

介護職員の長時間残業は、危険です

イメージ

介護の入所施設であれば、利用者の方が、24時間365日おられますので、仕事も同じように、年がら年中あります。交替勤務制であるにもかかわらず、通常の勤務を終えても、その後長時間残業をさせていないでしょうか。残業の前に、夜勤をするなど長時間労働していることがあると、身体... 続きを読む

健康で働くために、メンタルヘルス

2015-03-30

介護施設での心の病と職場のコミュニケーション

イメージ

日本生産性本部が調査したところ、心の病が増加している企業のうち、職場のコミュニケーションが減少しているという企業が6割近くあるという調査結果が出ました。これは、心の病が起きるのを防ぐヒントかもしれません。職場内のコミュニケーションと心の病には、相関関係があるの... 続きを読む

健康で働くために、メンタルヘルス

2014-12-01

介護施設では、ノロウイルスの感染に注意しましょう

イメージ

ノロウイルスの流行が、ニュースに上がるようになりました。毎年のように、ニュースで報じられますが、なかなかなくなりません。施設の職員ひとり一人の意識が、発生を防ぐことにつながります。しっかりと、食品には火を通す、消毒や手洗いを徹底するなど、基本的なことを見直しま... 続きを読む

健康で働くために、メンタルヘルス

2014-11-17

介護職員の年休取得は、日頃から

イメージ

勤務年数を経てくると、年休(年次有給休暇)の日数も多くなります。仕事に追われ、年休も取りにくい・・・そのような職場も多いと思います。年休は、職員が退職前に「年休を取って辞めたい・・・」と言われても、事業所は、職員の年休を取ることを拒否することができません。日頃... 続きを読む

健康で働くために、メンタルヘルス

2014-11-03

1件~15件(48件)

過去の15件

RSS
お客様の声

研修では、労働基準法をはじめ、働く上での様々な労務管理のポイントをご説明しました。(アンケートの自由記述欄から)○普段あまり就業規則に関心を持っていなかっ...

 
このプロの紹介記事
社会保険労務士の山本勝之さん

人材に関わる問題解決を中心に介護事業の労務を支援(1/3)

 神戸市中央区の「ゆい社会保険労務士事務所」代表を務める山本勝之さん。社会福祉士の資格も持ち、介護業界の事情に精通した社会保険労務士として、兵庫県内の介護事業所の人事や労務管理など運営全般についてサポートしています。 「介護事業者の悩み...

山本勝之プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

介護の現場に精通し、人事労務をはじめ運営全般を支援

事務所名 : ゆい社会保険労務士事務所
住所 : 兵庫県神戸市中央区北長狭通5丁目2-19 コフィオ神戸元町411 [地図]
TEL : 078-595-9879

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-595-9879

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山本勝之(やまもとかつゆき)

ゆい社会保険労務士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
介護職員への説明で忘れてはいけないこと

介護施設・事業所では、中途採用をすることが多いですが、採用時の説明で忘れてはいけないことがあります。...

[ 面談、人材育成・マナー ]

介護職員に求めるのは、1つだけに

介護施設・事業所では、様々な課題があるため、利用者さんを大切に、同僚と連携をしましょう、専門性を高めまし...

[ 面談、人材育成・マナー ]

介護職員の年休取得

年次有給休暇(年休)の取得は、人員がぎりぎりの場合、取得させることはできない・・・とおっしゃる経営者も多...

[ 働く上でのルール、就業規則 ]

介護職員へのお願いは、期限を決めておく

介護施設・事業所では、毎日たくさんの業務があり、やろうと思っていても、なかなか取り組めないことがあります...

[ 面談、人材育成・マナー ]

介護施設・事業所で一番大切な職場環境とは?

介護施設・事業所での職場環境において、働きやすさ(雇用条件)、仕事内容、人間関係が重要な要素です。そ...

[ コミュニケーション ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ