コラム

 公開日: 2014-09-22 

介護職員の働き方のいろいろ

仕事に就くということは、フルタイムではたらく
例えば、月~金曜日は、朝から夕方まで働く・・・というのが一般的でした。


最近では、介護職員を取り巻く環境や考えも様々で、
仕事に就きたい方は、フルタイムだけを求めているのではありません。

・子育て中なので、仕事だけでなく子育ても大事
・勉強をしたいので、勉強時間が欲しい
・趣味を満喫したいので、仕事と両立したい

このように介護職員に様々な思いや背景があります。


事業所にとっても、フルタイムの職員だけでなく、
フルタイムより少し時間が短い働き方や、
パートの働き方など、様々な働き方のメニューを作るのもよいと思います。

勤務表を作ったり、指導するのが大変かもしれませんが、
働き方をもっといろいろ、柔軟につくってみるのもよいです。





~こちらの過去の記事もご参考下さい~
・施設で働いていない時間、別のアルバイトをしたいという職員
http://mbp-kobe.com/yamasr/column/25909/



※昭和の雰囲気満載の電車に乗りました
(ぶれていてスミマセン)




 ※メールマガジン「労務と人材育成のヒント」を毎週火曜日の朝に発行しています。
  パソコンのメールアドレスで、登録をお願いします。
  https://www.directform.info/form/f.do?id=1834



 □福祉の職場の働く問題をサポートします

   ゆい社会保険労務士事務所 山本勝之
 ──────────────────────────
 〒650-0024 神戸市中央区海岸通3-1-1 KCCビル4F
  http://www.yamasr.jp


 マイベストプロ神戸・福祉事業の労務アドバイスのプロ
  http://mbp-kobe.com/yamasr

 就業規則のことなら、「就業規則サポートオフィス」
  http://www.shyuugyou.com/

この記事を書いたプロ

ゆい社会保険労務士事務所 [ホームページ]

社会福祉士 山本勝之

兵庫県神戸市中央区北長狭通5丁目2-19 コフィオ神戸元町411 [地図]
TEL:078-595-9879

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

研修では、労働基準法をはじめ、働く上での様々な労務管理のポイントをご説明しました。(アンケートの自由記述欄から)○普段あまり就業規則に関心を持っていなかっ...

 
このプロの紹介記事
社会保険労務士の山本勝之さん

人材に関わる問題解決を中心に介護事業の労務を支援(1/3)

 神戸市中央区の「ゆい社会保険労務士事務所」代表を務める山本勝之さん。社会福祉士の資格も持ち、介護業界の事情に精通した社会保険労務士として、兵庫県内の介護事業所の人事や労務管理など運営全般についてサポートしています。 「介護事業者の悩み...

山本勝之プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

介護の現場に精通し、人事労務をはじめ運営全般を支援

事務所名 : ゆい社会保険労務士事務所
住所 : 兵庫県神戸市中央区北長狭通5丁目2-19 コフィオ神戸元町411 [地図]
TEL : 078-595-9879

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-595-9879

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山本勝之(やまもとかつゆき)

ゆい社会保険労務士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
介護の現場でも、介護離職を防ぎましょう

介護離職とは、家族を介護している労働者が、家族の介護のために退職してしまうことです。介護職員であっ...

[ 最新のお知らせ ]

介護施設・事業所では、そろそろ始めましょう

4月からを年度の初めとして、パート職員と雇用契約を結んでいるところも多いと思います。雇用契約の更新に...

[ 雇用条件・雇用契約 ]

介護職員に役割を感じてもらえていますか?

介護の現場では、利用者さんを介護するのが、介護職員の役割・・・。これは、当然のことですが、一人ひと...

[ 面談・教育 ]

介護職員の試用期間とは?

介護職員を採用した後の、試用期間での注意点です。まず、試用期間を設けてあることを、採用した職員へ伝...

[ 働くルール ]

介護職員へマナーを教えなければいけない理由

介護施設・事業所では、研修としてマナー研修を行うことがあります。マナー研修では、利用者さんとの接遇を見...

[ 面談・教育 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ