コラム

 公開日: 2012-06-25  最終更新日: 2014-08-01

社会福祉法人の事務職員が気をつけたい算定基礎届

「健康保険・厚生年金保険被保険者月額算定基礎届」は、7月1日から7月10日までに
日本年金機構の兵庫事務センターまで郵送で提出することになっています。

さて、昨年の算定基礎届から、「保険者算定(年間平均)」の仕組みが追加されました。

社会福祉法人は、毎年3月末で決算を締め切ります。
その後、5月末までに評議員会・理事会を開催し、事業報告や収支報告書などの承認を得る必要があります。

社会福祉法人に勤務する施設の事務を担う事務職員は、3~5月にかけて、
 ・3月末に退職する職員の手続き
 ・4月から採用する職員の手続き
 ・4月に入ってから、昨年度の事業報告や収支報告書の作成
  作成のための、決算処理や事業報告書のデータをまとめる
 ・5月に行われる監査の準備
 ・理事会や評議員会の準備 など
業務が非常に多くあり、大変忙しい時期でもあります。

そのため、毎年3月終わりから5月にかけて、残業や休日出勤も多いと思います。


「健康保険・厚生年金保険被保険者月額算定基礎届」においては、4~6月に支払われた給与をもとに、9月から翌年8月までの社会保険料を決定します。

社会福祉法人の事務職員は、3月終わりから5月にかけて、残業や休日出勤が多いと、残業手当が多くなり、毎年4~6月に支払われる給与も多くなってしまいます。

そのため、1年間の社会保険料が高くなってしまう場合があります。


「保険者算定(年間平均)」の仕組みは、毎年4~6月に支払われる給与で社会保険料を決めてしまうと、年間で平均した時と差がありすぎるのを防ぐための、社会保険料を調整する仕組みです。

具体的には、次の3つの条件を全て必要になります。
1.通常の方法で算出した標準報酬月額(今年4~6月に支払われた給与)と
  年間平均で算出した標準報酬月額(前年の7月~今年の6月に支払われた給与)を比較し、
  に2等級以上の差が生じた(支払基礎日数17日未満の月を除きます)
2.この2等級以上の差が、業務の性質上例年発生することが見込まれる
3.該当する職員(被保険者)が同意していること

この3つの条件を満たせば、年間平均で算出した標準報酬月額を、保険料の決定に届け出することができます。


保険料が多くなってしまうと、実態とかけ離れ、社会福祉法人も職員にも保険料の負担が大きくなります。
この仕組みもうまく取り入れましょう。

詳しくは、日本年金機構のホームページで紹介されています。
ケース13:定時決定のため、4月~6月の報酬月額の届出を行う際、年間報酬の平均で算定するとき
http://www.nenkin.go.jp/n/www/sinsei/index2.jsp
その説明
http://www.nenkin.go.jp/n/open_imgs/service/0000002567.pdf


道端のあじさいは、もう季節が終わりでしょうか。
終わりに近づけば、雨の多い時期が去っていくのが寂しい気もしますが・・・。 




 ※メールマガジン「労務と人材育成のヒント」を毎週火曜日の朝に発行しています。
  パソコンのメールアドレスで、登録をお願いします。
  https://www.directform.info/form/f.do?id=1834



 ☆福祉の職場の働く問題をサポートします☆☆

   ゆい社会保険労務士事務所 山本勝之
 ──────────────────────────
 〒650-0024 神戸市中央区海岸通3-1-1 KCCビル4F
  http://www.yamasr.jp

 マイベストプロ神戸・福祉事業の労務アドバイスのプロ
  http://mbp-kobe.com/yamasr

 就業規則のことなら、「就業規則サポートオフィス」
  http://www.shyuugyou.com/


この記事を書いたプロ

ゆい社会保険労務士事務所 [ホームページ]

社会福祉士 山本勝之

兵庫県神戸市中央区北長狭通5丁目2-19 コフィオ神戸元町411 [地図]
TEL:078-595-9879

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

研修では、労働基準法をはじめ、働く上での様々な労務管理のポイントをご説明しました。(アンケートの自由記述欄から)○普段あまり就業規則に関心を持っていなかっ...

 
このプロの紹介記事
社会保険労務士の山本勝之さん

人材に関わる問題解決を中心に介護事業の労務を支援(1/3)

 神戸市中央区の「ゆい社会保険労務士事務所」代表を務める山本勝之さん。社会福祉士の資格も持ち、介護業界の事情に精通した社会保険労務士として、兵庫県内の介護事業所の人事や労務管理など運営全般についてサポートしています。 「介護事業者の悩み...

山本勝之プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

介護の現場に精通し、人事労務をはじめ運営全般を支援

事務所名 : ゆい社会保険労務士事務所
住所 : 兵庫県神戸市中央区北長狭通5丁目2-19 コフィオ神戸元町411 [地図]
TEL : 078-595-9879

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-595-9879

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山本勝之(やまもとかつゆき)

ゆい社会保険労務士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
介護職員と年末年始の業務

郵便局へ行くと、年賀状の売り出しがあり、年末が近づいて来たなあ・・・と感じます。介護施設・事業所では...

[ 働くルール ]

介護職員と厚生年金

厚生年金は、常勤の職員と比べて、労働時間・日数が4分の3以上であるときには、健康保険と合わせて加入する...

[ 採用 ]

介護職員と名札

介護施設や事業所へ行くと、介護職員が名札を付けています。なぜ、名札をつけているのでしょう?利用...

[ 面談・教育 ]

介護施設・事業所でのマイナンバー

施設・事業所では、職員のマイナンバー(個人番号)の取得は進んでいますでしょうか?職員のマイナンバーを...

[ マイナンバー制度 ]

介護施設の思わぬ転換期

思わぬと思っているのは、私だけかもしれません。入所がなかなか難しかった特別養護老人ホームは、介護度3...

[ 最新のお知らせ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ