コラム

 公開日: 2012-02-13  最終更新日: 2014-08-01

派遣・パートの方を5年で無期雇用に転換することが検討されています




先週は、有期雇用の方の取り扱いについて、次のような報道がありました。

(引用は、ここから)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
派遣・パート 5年で無期雇用 最大1年、企業に猶予 労働契約法改正案概要

同じ職場で5年を超えて働く有期契約のパートや派遣社員を契約期間を限定しない「無期雇用」に転換するよう義務づける政府の労働契約法改正案の概要が7日、分かった。改正内容の一部について施行を公布から1年以内とし、猶予期間を置く方向を示したのが柱。雇用の固定化により負担増となる企業側に配慮した。

非正規労働者の増加に歯止めをかけ、雇用を安定化させるのが狙い。労働基準法は有期雇用について、1回の契約で働ける年数を原則3年以内と定めているが、契約更新を重ねた場合の上限規定はない。

このため、実際には契約更新を繰り返し、正社員と同様の仕事をさせる例も多く、有期契約労働者側から処遇に対する不満や雇い止めの懸念を指摘する声が上がっていた。

改正案は、有期雇用の通算期間の上限を「5年」に設定。通算期間がこれを超えれば、労働者の申し出により、企業は同じ労働条件で無期雇用への転換を認めなければならない規定を盛り込んだ。

連続する有期契約の間に6カ月(直前の契約期間が1年未満ならその2分の1の期間)以上の空白(クーリング)期間があった場合は、通算期間がそこで一度リセットされ、クーリング期間後から積み上げをやり直さなければならない。

有期雇用の更新についても、勤務実態が無期雇用者と同じだったり、雇用が続くと労働者に期待させていたりした場合は、合理的な理由がなければ会社側は拒否できない規定を設ける。

平成22年の統計によると、役員を除く全産業の雇用者約5111万人のうち、非正規労働者は3割の約1756万人。さらに非正規労働者の7割近い約1200万人が雇用契約に期限がある有期契約労働者となっており、処遇改善が課題となっている。

ただ、経済情勢に応じて有期雇用を調整する企業にとって雇用の固定化は負担増につながる。法改正により、契約満了前に雇用を打ち切る「雇い止め」がかえって増えるとの指摘も出ている。

(産経新聞 2月8日)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(引用は、ここまで)

出典 YAHOOニュース 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120208-00000092-san-bus_all



この記事にあるように、

・労働者側として
  退職の年齢まで雇用される無期雇用者と同じような雇用期間の実態があるのであれば、
  無期雇用へ転換して欲しいので、賛成

・事業所側として
  有期雇用の方で、業務量により人員を調整していたことが、できなくなる

という相反した現状があります。



このような制度を形作るだけでなく、事業所の収益が上がるように、
経済の建て直しを図ること、求人と求職のミスマッチを解消することが
まず早急に大切だと思います。


この制度が導入されると、契約期間満了前に、雇用期間を打ち切る雇い止めが増加し、
離職者が増加することにもなりかねません。


今後の法改正の動きに、注意したいと思います。




 ※メールマガジン「労務と人材育成のヒント」を毎週火曜日の朝に発行しています。
  パソコンのメールアドレスで、登録をお願いします。
  https://www.directform.info/form/f.do?id=1834




 ☆福祉の職場の働く問題をサポートします☆☆

 □ ゆい社会保険労務士事務所 山本勝之
 ──────────────────────────
 〒650-0024 神戸市中央区海岸通3-1-1 KCCビル4F
  http://www.yamasr.jp

 マイベストプロ神戸・福祉事業の労務アドバイスのプロ
  http://mbp-kobe.com/yamasr

 就業規則のことなら、「就業規則サポートオフィス」
  http://www.shyuugyou.com/

この記事を書いたプロ

ゆい社会保険労務士事務所 [ホームページ]

社会福祉士 山本勝之

兵庫県神戸市中央区北長狭通5丁目2-19 コフィオ神戸元町411 [地図]
TEL:078-595-9879

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

研修では、労働基準法をはじめ、働く上での様々な労務管理のポイントをご説明しました。(アンケートの自由記述欄から)○普段あまり就業規則に関心を持っていなかっ...

 
このプロの紹介記事
社会保険労務士の山本勝之さん

人材に関わる問題解決を中心に介護事業の労務を支援(1/3)

 神戸市中央区の「ゆい社会保険労務士事務所」代表を務める山本勝之さん。社会福祉士の資格も持ち、介護業界の事情に精通した社会保険労務士として、兵庫県内の介護事業所の人事や労務管理など運営全般についてサポートしています。 「介護事業者の悩み...

山本勝之プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

介護の現場に精通し、人事労務をはじめ運営全般を支援

事務所名 : ゆい社会保険労務士事務所
住所 : 兵庫県神戸市中央区北長狭通5丁目2-19 コフィオ神戸元町411 [地図]
TEL : 078-595-9879

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-595-9879

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山本勝之(やまもとかつゆき)

ゆい社会保険労務士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
介護職員と厚生年金

厚生年金は、常勤の職員と比べて、労働時間・日数が4分の3以上であるときには、健康保険と合わせて加入する...

[ 採用 ]

介護職員と名札

介護施設や事業所へ行くと、介護職員が名札を付けています。なぜ、名札をつけているのでしょう?利用...

[ 面談・教育 ]

介護施設・事業所でのマイナンバー

施設・事業所では、職員のマイナンバー(個人番号)の取得は進んでいますでしょうか?職員のマイナンバーを...

[ マイナンバー制度 ]

介護施設の思わぬ転換期

思わぬと思っているのは、私だけかもしれません。入所がなかなか難しかった特別養護老人ホームは、介護度3...

[ 最新のお知らせ ]

介護施設・事業所での長時間労働に注意しましょう

長時間労働について、ニュースに上がることが増えました。施設・事業所においても、人手不足から長時間労働が...

[ 健康で働くために ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ