コラム

 公開日: 2011-10-31  最終更新日: 2014-08-01

来年秋から、職場のメンタルヘルス対策が義務に。待たずに対策をするには



先週から、急に気温が下がり、秋らしい気候になりました。

ひんやりとした気候は、暑かった夏の気候を忘れてしまいそうなぐらい、心地よいです。



最近、お客様のところで、メンタルヘルスの関係の話題が上ることが、非常に増えてきました。

特に介護関係の事業所では、どの職場も人材不足であり、貴重な職員が仕事からはずれることは、
経営上、非常に影響があります。


このように、メンタルヘルスの対策がさけばれる中、厚生労働省は、労働安全衛生法を改正し、
職場の健康診断において、メンタルヘルスチェックを義務付けるよう、法律の改正をすすめています。


----------------------------------------------------------------
 職場のメンタルヘルス対策義務化=臨時国会で法改正へ―厚労省
----------------------------------------------------------------

小宮山洋子厚生労働相は24日、事業者に対し医師などによる従業員のメンタルヘルス(心の健康)
チェックを義務付ける労働安全衛生法の改正案要綱を労働政策審議会に諮問した。労政審は同日の安全衛生分科会でこれを了承し、原案通り答申。改正案は今臨時国会に提出され、来年秋にも施行される見込みだ。

厚労省は「東日本大震災を契機にメンタルヘルスが不調に陥る人の増加が懸念され、予防対策を充実させる必要がある」としている。

仕事上のストレスが原因でうつ病などになる人が増えていることから、改正案は全従業員の精神状態の把握を事業者に義務化。検査結果は医師や保健師から従業員へ直接通知し、本人の同意を得ずに事業者に提供することを禁じる。

従業員は希望すれば医師の面接指導を受けられる。事業者は面接指導を申し出た従業員に対し不利益な扱いをしてはならず、医師の意見を聞いた上で、必要であれば勤務時間の短縮や職場の配置転換などの改善策を取ることを求められる。

改正案にはこのほか、職場の全面禁煙か空間分煙を事業者に義務付ける受動喫煙防止対策も盛り込んだ。 

[2011年10月24日 時事通信社]



ポイントは、

1.健康診断に、メンタルヘルスチェックが付け加わる
2.健康診断の結果は、職員本人に通知される(事業所への通知は、本人の了承の上)
3.職員本人から申出があれば、事業所は医師との面談の場を設ける


このうち、2の本人に結果が通知されるということは、
本人が気がつかないまま、メンタルヘルスの不調になっていれば、気づきを与えることにつながります。


自分が気づかないうちに不調になるのも、メンタルヘルス不全の特徴です。

早い時期に気づくことで、本人も企業にも負担が少なくなります。



来年秋の法改正を待たずに、それぞれの職場では、取り組んでいただきたいと思います。


※中央労働災害防止協会のホームページでは、ご自分や家族、職場の担当者が活用できる
 メンタルヘルスチェックが掲載されています。

 ぜひ活用されてはいかがでしょうか?
 http://www.jisha.or.jp/web_chk/index.html

  ・職場の安全衛生の状況の把握
  ・労働者自身が、メンタルヘルスの状況をチェック
  ・労働者の家族が、メンタルヘルスの状況をチェック などが取り組めます。



※厚生労働省の発表・資料はこちら
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001slsj.html






 ☆福祉の職場の働く問題をサポートします☆☆

 □ ゆい社会保険労務士事務所 山本勝之
 ──────────────────────────
 〒650-0024 神戸市中央区海岸通3-1-1 KCCビル4F
  http://www.yamasr.jp

 マイベストプロ神戸・福祉事業の労務アドバイスのプロ
  http://mbp-kobe.com/yamasr

 就業規則のことなら、「就業規則サポートオフィス」
  http://www.shyuugyou.com/

この記事を書いたプロ

ゆい社会保険労務士事務所 [ホームページ]

社会福祉士 山本勝之

兵庫県神戸市中央区北長狭通5丁目2-19 コフィオ神戸元町411 [地図]
TEL:078-595-9879

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

研修では、労働基準法をはじめ、働く上での様々な労務管理のポイントをご説明しました。(アンケートの自由記述欄から)○普段あまり就業規則に関心を持っていなかっ...

 
このプロの紹介記事
社会保険労務士の山本勝之さん

人材に関わる問題解決を中心に介護事業の労務を支援(1/3)

 神戸市中央区の「ゆい社会保険労務士事務所」代表を務める山本勝之さん。社会福祉士の資格も持ち、介護業界の事情に精通した社会保険労務士として、兵庫県内の介護事業所の人事や労務管理など運営全般についてサポートしています。 「介護事業者の悩み...

山本勝之プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

介護の現場に精通し、人事労務をはじめ運営全般を支援

事務所名 : ゆい社会保険労務士事務所
住所 : 兵庫県神戸市中央区北長狭通5丁目2-19 コフィオ神戸元町411 [地図]
TEL : 078-595-9879

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-595-9879

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山本勝之(やまもとかつゆき)

ゆい社会保険労務士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
介護施設・事業所で一番大切な職場環境とは?

介護施設・事業所での職場環境において、働きやすさ(雇用条件)、仕事内容、人間関係が重要な要素です。そ...

[ コミュニケーション ]

介護施設・事業所での働き方

どの産業においても、人員の不足が深刻になっています。介護施設・事業所も同様に人材不足がありますが、介...

[ 健康で働くために ]

介護施設・事業所は、処遇改善加算の届出を忘れずに

処遇改善加算は、今週が締めきりです。4月15日や4月14日まで締め切りなど、提出先によって締め切りが異なっ...

[ 処遇改善加算・処遇改善手当 ]

介護施設・事業所の新しい処遇改善加算

先月の中頃に発表されました、介護職員に対する給与の処遇改善に使う処遇改善加算の制度に新たに、キャリアパ...

[ 処遇改善加算・処遇改善手当 ]

介護の施設・事業所では、できることからはじめてみる

職員が多く働く施設・事業所では、新しいことを始めようとすると、段取りを考えるだけで大変なことになり、...

[ コミュニケーション ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ