コラム

 公開日: 2015-05-04 

配偶者控除 2017年に新制度

日本経済新聞によると、
政府は、専業主婦らがいる世帯の
所得税を軽くする配偶者控除を
2017年にも見直す検討に入ったと
報じています。

目的は、
配偶者控除を意識して
女性が就労時間を抑えるケースが目立つため、
働きやすい制度に改めて共働きの子育て世代を
後押しするためです。

安倍政権が推し進める
「女性活躍」の目玉政策として
成長戦略に織り込む考えのようです。

配偶者控除は、
専業主婦やパートなどの配偶者がいる世帯の
税負担を軽減する仕組みで、

妻の年収が103万円以下なら
夫の課税所得から38万円の控除が
受けられる制度です。


約1400万人に適用しており、
減税規模は年間で約6000億円です。



夫の年収が600万円なら
税負担が7万円程度軽くなり、
「103万円の壁」が女性の働く意欲を
そいでいるといわれています。



新制度は、
配偶者控除を廃止し
妻の年収に関係なく夫婦の所得から
一定額の控除を認める「夫婦控除」を
創設する案が軸になる見通しで、
収入の多い夫か妻の所得から
一定額を控除するなどの案が検討されています。

妻の年収に関係なく一律に適用されるため、
妻の年収を抑える必要がなくなります。

また、政府は、成長の担い手である
若い世代を重視する観点から
個人所得税全体も見直す考えで、
若い低所得の世帯の税負担についても
減らすことを検討しています。

この記事を書いたプロ

独立系FP事務所 山下FP企画 [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 山下幸子

兵庫県西宮市中浜町3-10-203 [地図]
TEL:0798-36-4877

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
YOUTUBE講座

テレビ・ラジオ・書籍
ラジオ関西 子育て応援プログラム パーソナリティの皆様と

10月23日(日)12時~13時 放送予定子育て応援プログラム にょっきによっきラジオ ラジオ出演いたしました!テーマは「子供の教育費・用意の仕方・保険...

 
このプロの紹介記事
山下 幸子(やました ゆきこ)プロ

一緒に家計簿をチェックし、お金の不安を解消するファイナンシャルプランナー(1/3)

「例えばダイエットなら、理想のスタイルを思い浮かべ、こまめに体重を計りますよね。お金も同じ。目標を設定し、こまめに家計簿をチェックすることが第一歩です」と語るのは、ファイナンシャルプランナー(FP)の山下幸子さん。独立系FPとして、個別相談...

山下幸子プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

保険、貯蓄、投資、不動産の知識と経験を、主婦目線で発揮

会社名 : 独立系FP事務所 山下FP企画
住所 : 兵庫県西宮市中浜町3-10-203 [地図]
TEL : 0798-36-4877

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0798-36-4877

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下幸子(やましたゆきこ)

独立系FP事務所 山下FP企画

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
老後資金を貯めるには、住宅ローンの借換えで家計ダイエット
イメージ

金融広報中央委員会は、2016年の「家計の金融行動に関する世論調査」を公表しました。2人以上の世帯が保...

[ 老後とお金 ]

あなたの会社の退職金大丈夫?
イメージ

いよいよ退職金も危なくなってきました! 大卒の平均退職金は、20年間のピークから900万円減少し...

[ 老後資金 ]

子供の学資は保険?預金?
イメージ

子供の学資は保険?預金?皆様、こんにちは!お金のムズカシイお悩みを「あぁ~なるほど!」とお伝えす...

[ 教育資金とお金の話 ]

公務員にかかわりの深いファイナンシャルプランナー として業界紙に掲載されました!
イメージ

ファイナンシャプランナーの業界専門誌FPジャーナル 10月号公務員かかわりの深いファイナンシ...

[ お知らせ ]

専業主婦ママ 対象 自分年金の作り方セミナーについて
イメージ

2016年10月24日(月)11:00~12:00 (開場10:30~)御影クラッセ  ドラキッズ・小学館アカデミー...

[ 老後とお金 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ