コラム

 公開日: 2015-04-06 

医療保険の保険料の払い方

保険料の払い方どうしたらいい?

終身払いVS有期払い



保険の必要な期間が定期保険で
60歳までとか10年間のみなど、

最初から決まっている場合は
悩む必要はないのですが、
医療保険で終身保障の場合、
保険料の支払い方法で頭を悩ませることがあります。
たとえば、
終身医療保険でA社の場合、
30歳男性・入院給付日額5,000円 手術10万円 先進医療特約1000万円
保険料の支払い方法は
終身払い・・・保障は生きている限りずっと続き、その間ずっと保険料を払い続けるというもの
保険料は、更新なしで(値上がりなし)
毎月2141円
有期払い・・・保障は生きている限りずっと続くが、
保険料の支払いは、60歳~75歳までにするなどある一定年齢で終了。
当初の定められた保険料払い込み年齢経過後は、保険料を支払わなくてもよい。
保険料は更新なしで(保険料払い込み年齢65歳)
毎月1750円

おおまかに2つの支払い方法がありますが、
みなさん何を理由に選択されているでしょうか?

<終身払いを選択する理由>
「なにより保険料が一番安いから」を
理由にしている方がほとんどです。


とにかく、今の経済状態を改善すべく
「保険の見直し」をしたのだから
安いのが一番!ということですね。
終身払いと有期払いの保険料の差額は
391円・・・たいしたことはないのでは?
と驚かれる方もいらっしゃるかと思いますが、
それは30歳という年齢の見積もりであって、


45歳になりますと終身払いでは2,850円に対し、
65歳払込み終了場合は、4,294円
その差額は1,444円です。


保険はこれだけでなく、ほかにも加入されている場合、
限られた予算の枠内で納めようとしますと、
終身払いの2,850円になってしまうというのが現実のようです。


<有期払いを選択する理由>
老後の公的年金がもらえる、
もらえないで心配なのに、
保険まで終身払いで払い続けるのは、気が重い・・・


だからなるべく老後負担をなくしたいので、
65歳までには払い終えたい。
というご意見が圧倒的です。
この傾向は保険料が安い
20歳~30歳代の方に集中しています。


また同じ年代のご夫婦でも、
男性は女性より平均寿命が長いため、
ご主人様は終身払いですが、
奥様は60歳~65歳までの
有期払いにされるというケースもあります。


<それぞれのデメリット>

終身払いというのは、
保障が一生涯続き、それに伴いずっと保険料を
「支払い続ける」ということ。
それではと、ソロバンをはじいて、
何歳まで生きたらいくら払うとか
計算する方もいらっしゃいます。



「長生きすれば、
有期払いよりもたくさん支払うことになりますよね?
長生きすれば損じゃないですか?」
たしかにそのとおりです。


終身払いは生きているかぎりずっと支払うというのがルール。
ただし何歳まで生きるかな~と考えても結論はでません(笑)


有期払いは、逆に
「長生きしなければ、損じゃないですか?
終身保障でせっかく退職までに
保険料の払い込みを終えているのに、
それまでに亡くなってしまったら、
払いすぎた保険料はどうなるの?」



たしかにそのとおりです。
払いすぎた保険料の返還はありません。

このように、
終身払いにも有期払いにもデメリットがあります。
では、どうしたらいいのでしょうか?


まず、「優先順位」を
毎月の保険料重視で選択してください。




予算をオーバーするようでしたら、
無理をして、頑張って
有期払いにする必要はありません。



確かに老後までに
保険料の支払いが終了していることは
魅力的かもしれません。



ただその前に、
今日、明日、今の生活も大事です。
無理は禁物!



次に、まだ金銭的に余裕があり、
20歳~30歳代の方は
終身払いと有期払いの保険料の差額は
わずかのため、有期払いを検討してみてください。


ただし40歳代でも、
独身の場合は、多少、保険料が
高くなったとしても、
有期払いをおすすめしています。




というのも、高齢・一人暮らしで、
病気で入院した場合、

保険料の支払い管理ができなくなってしまい、
保険料の未払いを
解決できないまま、
気が付いたら
「失効」になってしまったというようなこと
が起こり得るからです。



せっかく若いときに、加入していた保険が、
肝心の時に役立たないのは避けたいものです。
これは、保険料の損得計算以前の問題で
、実際に起こり得ることですので、気をつけましょう。

この記事を書いたプロ

独立系FP事務所 山下FP企画 [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 山下幸子

兵庫県西宮市中浜町3-10-203 [地図]
TEL:0798-36-4877

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
YOUTUBE講座

テレビ・ラジオ・書籍
ラジオ関西 子育て応援プログラム パーソナリティの皆様と

10月23日(日)12時~13時 放送予定子育て応援プログラム にょっきによっきラジオ ラジオ出演いたしました!テーマは「子供の教育費・用意の仕方・保険...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
山下 幸子(やました ゆきこ)プロ

一緒に家計簿をチェックし、お金の不安を解消するファイナンシャルプランナー(1/3)

「例えばダイエットなら、理想のスタイルを思い浮かべ、こまめに体重を計りますよね。お金も同じ。目標を設定し、こまめに家計簿をチェックすることが第一歩です」と語るのは、ファイナンシャルプランナー(FP)の山下幸子さん。独立系FPとして、個別相談...

山下幸子プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

保険、貯蓄、投資、不動産の知識と経験を、主婦目線で発揮

会社名 : 独立系FP事務所 山下FP企画
住所 : 兵庫県西宮市中浜町3-10-203 [地図]
TEL : 0798-36-4877

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0798-36-4877

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下幸子(やましたゆきこ)

独立系FP事務所 山下FP企画

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

住宅購入相談(3万円コース)を利用されたお客様のお声

西宮市のK様 ● ご相談いただく前と後ではどのようにお気持...

Kさま
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
老後資金の資産運用は、どうしたらいいですか?
イメージ

公的年金不安より、若い方からリタイアされた方まで何とかしないと・・・という「焦り」を感じられて...

[ 資産運用 ]

日経新聞・読売新聞掲載されました!
イメージ

読売新聞1月11日 朝刊日経新聞 1月7日 朝刊1月21日の全国フラット35相...

[ 住宅購入資金 ]

サラリーマン富裕層が手取り増えない3つの要因
イメージ

高所得のサラリーマンは税金や社会保険料の負担が増え、給料がアップしても手取り増を実感できない可能性があり...

[ 社会保険・税・制度・しくみ ]

住宅ローン上昇しています・・・・アクションはお早めに!
イメージ

銀行が住宅ローン金利を1月に引き上げ・・・三井住友銀行とりそな銀行は12月30日に、1月適用の住宅ロ...

[ 住宅ローン ]

妻のパート収入100万円ですが、130万円を超えるとどうなるの?
イメージ

社会保険料(年金・健康保険)税金(所得税・住民税)の負担が発生し、100万円の時より、手取りが...

[ 社会保険・税・制度・しくみ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ