コラム

 公開日: 2016-08-30 

断熱について(その1)

断熱について考える前に、熱の伝わり方を少し復習しておきます。
熱の伝わり方には、以下の3種類あります。
  A伝導  B対流  C輻射
Aの伝導とは、固体(分子が自由に動けない)の状態で加熱された分子から隣の分子へと次々と伝わっていく現象のことを言います。
Bの対流とは、気体または液体(分子が動ける)の状態で加熱された分子が上昇(重力の外へ)し、冷えた分子が下降する現象のことを言います。
Cの輻射とは、真空(宇宙空間)でも気体や液体でも熱が電磁波となって伝わり分子を加熱する現象のことを言います。
このようにして、熱は物質の状態がどのような状態(真空・気体・液体・固体)でも伝わります。

断熱とは
伝導を抑えた材料で内外の温度差を保つ技術のことを断熱と言います。
一般的な断熱材は伝導と対流による熱の伝達を抑えることが出来る材料のことを言います。
断熱材で内外の温度差を保つには、内外の気密性能が必要になります。
高断熱にすればするほど高気密にしないと結露してしまいます。
なので世間で高気密高断熱と言われていますが、本当は高断熱高気密が正しい呼び方になります。

断熱のイメージ
①布団、寝袋、ダウンジャケット、防寒着など
断熱性能の優れた材料で包み体温を逃がさないように保温する。

布団

②クーラーボックスなど
断熱性能の優れた材料で包み冷やした内部を暖めないように保冷する。

クーラーボックス

③魔法瓶、冷蔵庫など
真空を利用して対流を完全に抑え、熱橋を限界まで小さくし伝道を抑えて内部を保温・保冷する。

魔法瓶

建築的な発想では、室内を断熱材で包み込んで、内外の温度差を保つ技術になります。

写真が5枚までしか掲載できないので、今回はこの辺で終了します。
つづきは、また次回書きますので、見てください。

  まゆまゆ 

この記事を書いたプロ

株式会社山本工務店 [ホームページ]

一級建築士 山本益也

兵庫県伊丹市緑ヶ丘2丁目169 [地図]
TEL:0120-56-3007

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
株式会社山本工務店の山本益也さん

ちょうどいい快適エコ住宅を提案する創業62年の工務店(1/3)

「暮らしをもう少しエコへ」のスローガンを掲げ、環境と人に優しい住空間を提供している株式会社山本工務店。兵庫県や大阪府を中心に、個人住宅の新築、リフォームから、マンション・店舗・施設などのリノベーション、リフォーム、修繕・維持まで幅広く対応し...

山本益也プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

エコ技術を軸とした自由設計の注文住宅とリフォームに強み

会社名 : 株式会社山本工務店
住所 : 兵庫県伊丹市緑ヶ丘2丁目169 [地図]
TEL : 0120-56-3007

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-56-3007

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山本益也(やまもとますや)

株式会社山本工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
断熱について(その3)
イメージ

前回は、①布団、寝袋、ダウンジャケット、防寒着などのイメージの繊維系断熱材を紹介しました。今回は、②クーラ...

[ 断熱 ]

断熱について(その4)
イメージ

前回は、②クーラーボックスなどのイメージの発泡樹脂系の断熱材について紹介しました。今回は、最後の断熱材、③...

[ 断熱 ]

断熱について(その2)
イメージ

前回、断熱材のイメージまで説明しました。今回からは、その断熱材の例を挙げて特徴など説明します。断熱材...

[ 断熱 ]

“地熱の家”体感スタジオ「DEKI-masuya」の様子(猛暑の8月)
イメージ

本当に熱いですねぇ・・・。先日、8月21日の日曜日に「光熱費0円住宅」のOB宅で見学会を実施しました。お客様...

[ 地熱の家 ]

梅雨が明けて伊丹店「DEKI-masuya」の様子は?
イメージ

皆さん暑いですね(^^;梅雨がようやく明けたら暑い日の連続ですね。7月21日の午後3時過ぎに撮影した温度や...

[ 地熱の家 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ