コラム一覧 :家づくりの考え方

1件~15件(15件)

環境徒然7 -WOODJOB-

木づかいニッポン

三浦しをん著「神去なあなあ日常」を読みました。WOODJOB!~神去なあなあ日常~という作名で現在、映画化され上映もされていますね。三重県にある神去村での林業を題材にした小説で、林業のこと、日本の農村での暮らし、生活、習慣、風習を知ることが出来ながら、おもしろく描き、現在日本が... 続きを読む

家づくりの考え方

2014-05-28

ヒアリングシート -家づくりの始めに-

ヒアリングシート1

山本建築設計事務所にお問い合わせしていただいて家づくりを考えておられる建築主さんには、まず「ヒアリングシート」というものを作成していただいています。ヒアリングシートとは、家族構成や生活スタイルの現状や、新しいすまいに欲しい部屋や、求める家族のあり方やコミュニケーションの方法... 続きを読む

家づくりの考え方

2013-07-19

豊かなエントランスを考える

エントランス 玉砂利洗出

最近完成した低層マンションのエントランスです。オーナーの住居も入っており、以前は木造一戸建て住んでいたこともありできるだけ戸建の雰囲気も残しつつ、落ち着きのある趣のある玄関となりました。もちろんエントランスなので、扉の奥にはエントランスと同じ床仕上げである玉砂利洗い出し... 続きを読む

家づくりの考え方

2013-05-28

環境徒然6 -減築という建築-

減築

「減築」という言葉があります。“げんちく”と読みます。聞きなれない言葉だと思います。もちろん、パソコンや携帯で変換してもすぐには出てきません。簡単に言うと、“増築”の反対です。いままでは、日本の人口の増加や経済の発展とともに土地が不足し、建物を増築し大きくすることが求められ... 続きを読む

家づくりの考え方

2013-02-22

省エネルギー住宅 講座

省エネ施工モックアップ

省エネルギー住宅の施工技術者講習へいきました。私は、設計者の立場なので、直接は関係ないのですが、省エネ、特に断熱性や気密性に関して言えば、いくら机上で素晴らしい性能を持った住宅を設計しようとも、施工時に、断熱材の連続性がない(途中で途切れていて隙間があるなど)ものになってし... 続きを読む

家づくりの考え方

2013-02-19

環境徒然5 -土間(縁側)空間を活かす-

土間(縁側)のある家01

中古の古いマンションを購入しリノベーションする方が増えております。その時に提案をしたものです。その時に、初めに話題にあがりいつも通る道の問題があり、考えることが、環境的なこと、つまり断熱性です。古いマンションや一戸建ての住宅だと断熱材が施されていなく、アルミサッシも断熱... 続きを読む

家づくりの考え方

2013-01-26

現地調査

現場測量

リフォームやリノベーション、インテリア工事を行うための事前調査です。実際に現場へ足を運び、実測する。設計の前段階としても一番重要な工程のひとつです。もちろん、すごい手間と時間がかかり、意外と技術も要する。はやい人と、未熟な人とではスピードでも格段に差が出る。山本建築設... 続きを読む

家づくりの考え方

2012-12-07

環境徒然4

借景

環境っていうことを考える時に、実はいちばん大切なことは、いかに豊かに暮らせるか?ではないか。ここでいう豊かにというのは、物質的なモノではなく、心、安らぎ、というような精神的なもので、最近はこちらの豊かさが重要視されてきているのはご存じのとおり。環境=省エネというのも、そ... 続きを読む

家づくりの考え方

2012-10-19

環境徒然3

自分で自分が“建築家”と名乗るかどうかは別として、いわゆる住宅メーカーやリフォーム会社との違いは、環境やエネルギーに対してだけでいうと、建てない選択肢があるというカードを持っているかに違いがあるような気がする。もちろん、日常的にそういった提案がなされて、実現されたことは皆無だ... 続きを読む

家づくりの考え方

2012-09-28

しっかりとした構造計算

構造計算書

建物本体だけのことでなく、構造計算書もしっかりといま私の机の上に陣取っています。写真は、400㎡程度の建物の建築確認申請書に添付した構造計算書。ゆうに1000ページを超えてあります。近年では建築基準法が次々と改正し、構造についてももちろん厳格化の一途となっており、この余波がこの... 続きを読む

家づくりの考え方

2012-09-16

妄想建築

登山

いろんな物、出来事を、建築や空間に置き換えたりたとえたりしてしまうことが多い。これは設計や建築に携わる者の職業病ともいえる。その中でも仮想空間ともいえるインターネットもその例外ではない。特にツイッターやフェイスブックは仮想空間といういわゆる3次元といった概念だけでなく、ま... 続きを読む

家づくりの考え方

2012-08-10

環境徒然2

こちらで出てきたパッシブデザインという言葉。では、具体的にいうと何か?主なものを以下にあげると、□ パッシブデザイン要素1外皮断熱…断熱・気密性能を確保する。これにより暖房・冷房(つまり空調)の効率が上がり、省エネ、節電となる。□ パッシブデザイン要素2... 続きを読む

家づくりの考え方

2012-07-07

環境徒然

イメージ

上の図は、住宅におけるエネルギー消費の構成と、その省エネ方法を示した図です。(見えにくい方は、こちら)住宅では、年間で比べると、照明や家電のエネルギー消費が最も多く(約45%)、次いで、給湯(約30%)、冷暖房(約25%)といった順番になります。意外と冷暖房が少ないので... 続きを読む

家づくりの考え方

2012-07-05

打合せで生まれる言葉

施主との打合せでのやり取りでいつもおもしろなと思うことがある。それは、「~はできますでしょうか?」と聞かれること。例えば、「ここに収納はできますでしょうか?」といった具合に。(主婦はいつも収納のことを考えている)この言い回しは、ものすごく僕のことを信用していていただいてい... 続きを読む

家づくりの考え方

2012-06-27

表札

鉄表札1

表札のデザインの打合せを行いました。打合せといっても、素材は?大きさは?デザインは?どこに取り付ける?といった既製の常識、いわゆる普通にとらわれない大きな話のところからのスタートです。今回私は、職人気質である施主の為に提案しているのは、ひとつの鉄の塊、一枚の鉄の塊から出来... 続きを読む

家づくりの考え方

2012-05-31

1件~15件(15件)

RSS
セミナー・イベント
建築相談
事務所・ショールーム

神戸市灘区城内通の事務所の開設に伴い、より身近に、建築の相談を含め打合せの機会を多く持つことができるようになりました。これから住宅を持ちたいや、漠然と欲し...

 
このプロの紹介記事
山本建築設計事務所の一級建築士、山本幸司さん。家づくりには“普通”や“ゆっくり”を大切にして、顧客と一緒に家づくりを楽しみたいと考えています

“普通のいい家”を一緒にゆっくり作りませんか?(1/3)

「業界では異端だと思いますが、家づくりには“普通”や“ゆっくり”を大切にしています。家は一生に一度の買い物と言われるくらいですから、いい家をつくるためには気のすむまで時間をかけても惜しくないと思います」と語るのは山本建築設計事務所の山本幸司...

山本幸司プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

事務所名 : 山本建築設計事務所
住所 : 兵庫県神戸市灘区城内通4丁目-2-22-2B [地図]
TEL : 078-862-5140

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-862-5140

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山本幸司(やまもとこうじ)

山本建築設計事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
シェアハウス/集まって暮らす
イメージ

現在シェアハウスを計画しております。集まって住むという形が現在求められているのが伺えます。今運営さ...

[ 設計業務 ]

狭小敷地に建つ建物
イメージ

ちっちゃな建物にも階段があり、規模に関係なく階段に要する面積は大体同じ。だとすれば、部屋に採光や通風...

[ プロジェクト進行中 ]

オープンハウス
手づくりベーグル

山本建築設計事務所にて企画、計画、設計した、マンションリノベーションのオープンハウス+パーティーに伺うため...

[ プロジェクト進行中 ]

好きなものを住宅に取り入れよう!施主支給
建具施主支給

現在設計中の保育園でのひとコマです。施主がギャラリーにて展示されていたこの扉をぜひとも今度新築する保育...

[ 建築材料 ]

表札
鉄表札1

表札のデザインの打合せを行いました。打合せといっても、素材は?大きさは?デザインは?どこに取り付ける?と...

[ 家づくりの考え方 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ