コラム一覧 :自分自身を高める

1件~15件(79件)

過去の15件

失敗や間違う経験は後々全て活かされる

 失敗や間違う経験は後々全て活かされる 舞台や大事な場面で失敗したり、間違ってしまったりの経験は誰にもありますね。私も数数えきれないくらい、やらかしてきました。体の使い方に関しても然りで報われることのないやり方で何故自分は出来ないんだろう?才能がない年齢的... 続きを読む

自分自身を高める

2018-06-12

ひとつひとつが確実に自分の思う結果になるように動く

イメージ

 ひとつひとつが確実に自分の思う結果になるように動く このところ自分が心がけていることは難しそうなテクニックを闇雲に練習するのでなく自分がすることがどういう状態でも全て自分がしようと意識した結果になるように動くこと。シンプルなこと難易度が低いものからひとつずつ... 続きを読む

自分自身を高める

2018-06-11

順を追って調整した体を意識して使うことを繰り返して

イメージ

 順を追って調整した体を意識して使うことを繰り返して そのままでも日常生活に支障はないが「自分は踊りたいから」と、手術を受けられて、伸びにくい背骨、痺れのある足先と向き合いながらほぼ休むことなく、レッスンに通って下さって約4年。少しずつその時々の状態を改善してひ... 続きを読む

自分自身を高める

2018-04-30

意識と感覚の育ち方

イメージ

 意識と感覚の育ち方 六甲アイランドの火曜日クラスの初稽古。お1人が自分でしておられた座った姿勢から、カエル脚に開いて行かれる過程で意識の方向が既に体幹主導でなく脚だけに向いているのを見て、体幹側から使っていくように、じっくり修整した。「股関節がすごく固いと整骨... 続きを読む

自分自身を高める

2018-01-10

一番わからないのは自分の姿

 一番わからないのは自分の姿 先日のレッスンで「首が痛くて回らない」と仰っていた方は、すっかり楽になられて普通に首の痛くない生活をされている。同じ方から、昨日メールを頂いた。『首の回しかたを教えていただいて、正しく回せてなかったことを知り・・あの時頭に浮かんだ... 続きを読む

自分自身を高める

2017-11-21

試行錯誤することの過程

 試行錯誤することの過程 自分の心や体に目を向け、意識していくとものの見方や感じ方、とらえ方が少しずつでも変わる。自分の心や体は自分のものでありながらほんの一面しか見ず、感じていないことがほとんど。自分自身でありながら知らないことの方がたくさんあると私は思って... 続きを読む

自分自身を高める

2017-07-11

それをする目的はなに?

イメージ

 それをする目的はなに? 人間の意識はなかなか集中しにくいものらしく例えば動かない状態で「背骨を上下に伸ばして坐骨を押す」と言えば、ある程度、体の位置認識が出来ている人ならば意識を逸らさずにできる。ところが、これに動きが伴った状態になると違う方向に意識が囚われ... 続きを読む

自分自身を高める

2017-06-17

意識し続ければ体は必ず目覚める

今日は、先日WSを受講された方から、頂いたメールを紹介させて頂きます。『先日のwsも楽しく参加させていただきました。自分で変化してきたなーと思っていた身体、先生にも変わったと言ってもらえて、自己満足ではなかったとホッとしています^^先生のレッスンに参加させてもらうよ... 続きを読む

自分自身を高める

2017-05-31

丁寧に自分の「場」を楽しむ

 丁寧に自分の「場」を楽しむ 昨日、通常レッスンに来られている方の発表会があり久し振りに出られると言うので見に行ってきた。1人ずつのバリエーションが殆どの舞台なので早くから行くと、ちょっとしんどいかしら?と思っていたが飽きることなく、楽しく見せて頂くことが出来た。... 続きを読む

自分自身を高める

2017-04-07

「個人差」でなく「個人比」

 「個人差」でなく「個人比」 同じ日に同じことを始めたとしてもスタート地点で、それぞれの個人差というものはある。性別、年齢、経験、環境、動機・・どんな年齢の、どんな経験を持った、どんな環境で暮らす何のためにそれを始めるか人様々、それぞれの事情で、なぜ始めるのかは... 続きを読む

自分自身を高める

2017-04-04

自分に正しく問うこと

 自分に正しく問うこと 自分は何をどうしたいのか?自分自身のことを一番よく知るのは自分だと誰もが思っているがよく知っているようで知らないことがたくさんある。知っているようで、自分自身を見ていないことが多いように思う。世間一般の人と自分自身とは似ているが、それぞ... 続きを読む

自分自身を高める

2017-01-06

「ほんのちょっと」から始めましょう

 「ほんのちょっと」から始めましょう 新しい年が明けました。明けましておめでとうございます。何をどうと考えなくても年は改まり、時間は過ぎていきますが同じ時間を過ごすのであれば気持ちも明るく、自分がこうなりたいと思う方向へ向いた方が人生の限られた時間を素敵に楽... 続きを読む

自分自身を高める

2017-01-01

目的は変化する

 目的は変化する 昨日はお稽古納め。1年が過ぎてしまえば、驚くほど早い。昨年の今頃と今年の今日では人の変化の差は如実に出る。レッスンをしていて思うのは体が変わると目的は変化していくということ。腰が痛かったり、どこか痛いところがあってくる人は楽にさえなればい... 続きを読む

自分自身を高める

2016-12-29

繋がりの実感をプラス方向に向ける

イメージ

 繋がりの実感をプラス方向に向ける 自分の体を自分の思うように動かすことはとてつもなく遠い道に思えるが自分の主要な骨の位置を自覚し流れの繋がりを短い距離から感じていくことを繰り返していくと先はまだまだ遠くても今までとは違う体のあり方といい方向に向いていることを実感... 続きを読む

自分自身を高める

2016-11-29

自分の意志と体をつないで動きに反映させていく

イメージ

 自分の意志と体をつないで動きに反映させていく ボディコントロールを特化して時間をかけて体の感覚を育てていくことを始めてこれがどんなふうになっていくのか自分では想像もつかないままこの秋で4年ほどが経った。見た目にもはっきりわかるほど体が変化した人が増えて今年夏前... 続きを読む

自分自身を高める

2016-11-28

1件~15件(79件)

過去の15件

RSS
お知らせ
壁を使って前屈

9月27日、ご登録者の皆様に10月東京WSのご案内をお送りしております。ご登録されているのも関わらず万一、ご案内が届かない方がいらっしゃいましたらお手数です...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさん

「うまさきせつこのボディコントロール」で「バランスのよい体のつながり」をレッスン(1/3)

 「腰や膝が痛い」「腕が上がらない」などのトラブルを抱えているなら「ボディコントロール」を学んでみませんか? 「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさんが、「うまさきせつこのボディコントロール」のクラスを開いています。 「4...

うまさきせつこプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : うまさきせつこモダンバレエ研究所
住所 : 兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL : 090-1024-0048

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1024-0048

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

適確でわかりやすい

限られた時間の中で、よくここまで身体の特徴を捉えてくださ...

U.T
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
熱いエネルギーが集まる場
イメージ

先日の日曜日、このコラムでもご紹介したフェスティバルホールにて山本裕振付「ベートーヴェン交響曲第九番 ~...

[ 催し ]

足裏の踏み方と体幹の底の意識で脚は随分変わりますーその後
イメージ

 足裏の踏み方と体幹の底の意識で脚は随分変わりますーその後 足裏の踏み方と体幹の底の意識で脚は随分変わり...

[ ボディコントロール ]

無理なくつながる体幹ー実践
イメージ

 無理なくつながる体幹ー実践 昨日のWS。新しく来られた方もあるが、続けて来られている方たちがそれぞ...

[ ワークショップ セミナー ]

角度と方向を合わせ脚を弛めて痛みなく伸ばす ー修正バージョン

 角度と方向を合わせ脚を弛めて痛みなく伸ばす ー修正バージョン 先週公開した動画角度と方向を合わせ、...

[ ボディコントロール ]

痛い足裏ー均等に踏むためのストレッチ

 痛い足裏ー均等に踏むためのストレッチ この動画は以前に公開したものを痛い足裏を楽にすると同時に...

[ ボディコントロール ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ