コラム

 公開日: 2018-07-03 

つながる長い脚はピンポイントでなく

つながる長い脚はピンポイントでなく

脚がまっすぐに伸びない
歪んでいる
パンパンに力が入る

こういった脚になる時
足裏は均一に踏めていない。
痛い足裏ー均等に踏むためのストレッチ
痛い足裏均等に踏むためのストレッチ2
足裏の踏み方で見える差
などでも書いているが
今日は踵をどんな意識で押しているか。

ピンポイントで押した踵
点から線、面にした踵
足裏から踵を押したところを撮って見た。
上はおそらく赤い点あたりをピンポイントで押している。
「踵を押す」
と言っても、踵をどう押すのか、曖昧になんとなく
押している人は多いのではないかしら。

何となく押した時には
足裏は部分に力が入っている。
この場合は足裏の外側が強く押されてたくさん前に出て
足首の内側が縮んでいる。

下の画像。
曖昧な点でなく
赤い点線で示した踵のヘリを
体幹からつなげてすくいあげるように押してもらった。
足裏はほぼまっすぐ押されて
足首も縮まず、均等に押された。
土踏まずも伸びて足指まで、つながりがある。
結果的に黄色い点線のところまで
点から線、面の感覚で踵が押せるようになる。

踵を押してつま先を伸ばす
踵を押して面の感覚があるままで
土踏まずを伸ばし、つま先を伸ばしていくこともできるし

踵を押してルルベ
踵を押して、足首やふくらはぎに負担をかけずに
ルルベすることもできる。
感覚をしっかりつかんでもらうために
低い位置でルルベしてもらっているが、
もっと低く踵が床から1センチくらいのところでもいい。

大事なのは感覚を自分のものにすることで
その場だけ高いルルベをすることではない。
踵を押す感覚がつかめて後
坐骨からつながるルルベ、ポワント
につなげていけばいい。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこモダンバレエ研究所 [ホームページ]

ダンスインストラクター うまさきせつこ

兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL:090-1024-0048

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

18

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ
壁を使って前屈

9月27日、ご登録者の皆様に10月東京WSのご案内をお送りしております。ご登録されているのも関わらず万一、ご案内が届かない方がいらっしゃいましたらお手数です...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさん

「うまさきせつこのボディコントロール」で「バランスのよい体のつながり」をレッスン(1/3)

 「腰や膝が痛い」「腕が上がらない」などのトラブルを抱えているなら「ボディコントロール」を学んでみませんか? 「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさんが、「うまさきせつこのボディコントロール」のクラスを開いています。 「4...

うまさきせつこプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : うまさきせつこモダンバレエ研究所
住所 : 兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL : 090-1024-0048

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1024-0048

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

そうそうそうそう!(笑)

WSは和やかな雰囲気でしたので、見ず知らずの方ばかりの中...

O・T
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
体幹の底を押すのは遠隔操作
イメージ

 体幹の底を押すのは遠隔操作 昨日の神戸WS.。この暑さで体調イマイチと言う人が多かったから丁寧にチ...

[ ボディコントロール ]

「痛くない開脚前屈」は背骨!2
イメージ

 「痛くない開脚前屈」は背骨!2 昨日のコラム「痛くない開脚前屈」は背骨!で痛みのない開脚前屈のきっ...

[ ボディコントロール ]

「痛くない開脚前屈」は背骨!
イメージ

 「痛くない開脚前屈」は背骨! 先日の動画&コラム痛くない開脚前屈をしましょうで開脚まではできたけれ...

[ ボディコントロール ]

「膝を曲げる」意識を変えましょう
イメージ

 「膝を曲げる」意識を変えましょう ジャンプしたり、踏み込んだり普段の生活でも、座る時などに確かに膝は...

[ ボディコントロール ]

なぜ「痛くない」開脚前屈を勧めるのか
イメージ

 なぜ「痛くない」開脚前屈を勧めるのか 先日、痛くない開脚前屈をしましょうを公開しているが開脚や開脚...

[ ボディコントロール ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ