コラム

 公開日: 2017-12-17 

骨盤を前傾させて開脚につなげる背骨のしなり2

骨盤を前傾させて開脚につなげる背骨のしなり2


先週出した動画骨盤を前傾させて開脚につなげる背骨のしなり
を椅子でできるようにしたもの。

背骨をしならせるのは正座ですると、とても感じられやすいのですが
脚への繋がりは、今一つ感じにくいので
こうして椅子を使うと肩甲骨、股関節、踵をつなげる感覚
のように
体幹の推進力が使えるつながりの感覚も同時に
意識付けできていきます。

開脚するのも、脚を上げるのも
バランスよく走る、高く跳ぶ、水の中で抵抗力少なく滑らかに泳ぐ
自転車をこぐ、素早いキック、遠くへ蹴る、投げる・・
どれも手脚だけを考えてもできるものでなく
体幹の推進力が使える状態に体を整えて使うと
大きな効果が期待できます。

この後、開脚バージョンは随分前から用意できていますが
この前にもうひとつ準備段階バージョンをはさむべきかどうか
考え中です。

出来るようになりたい最終形だけを考えず
背骨をしっかり使ってみてください。
しっかりやってみると、
自分が思いもしなかった新しい気づきに出会います。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこモダンバレエ研究所 [ホームページ]

ダンスインストラクター うまさきせつこ

兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL:090-1024-0048

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

18

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ
壁を使って前屈

9月27日、ご登録者の皆様に10月東京WSのご案内をお送りしております。ご登録されているのも関わらず万一、ご案内が届かない方がいらっしゃいましたらお手数です...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさん

「うまさきせつこのボディコントロール」で「バランスのよい体のつながり」をレッスン(1/3)

 「腰や膝が痛い」「腕が上がらない」などのトラブルを抱えているなら「ボディコントロール」を学んでみませんか? 「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさんが、「うまさきせつこのボディコントロール」のクラスを開いています。 「4...

うまさきせつこプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : うまさきせつこモダンバレエ研究所
住所 : 兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL : 090-1024-0048

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1024-0048

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

ものすごく成長した私

スポーツの経験はほとんどなく、体力をつけようとしたことも...

Y.M
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(26

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
熱いエネルギーが集まる場
イメージ

先日の日曜日、このコラムでもご紹介したフェスティバルホールにて山本裕振付「ベートーヴェン交響曲第九番 ~...

[ 催し ]

足裏の踏み方と体幹の底の意識で脚は随分変わりますーその後
イメージ

 足裏の踏み方と体幹の底の意識で脚は随分変わりますーその後 足裏の踏み方と体幹の底の意識で脚は随分変わり...

[ ボディコントロール ]

無理なくつながる体幹ー実践
イメージ

 無理なくつながる体幹ー実践 昨日のWS。新しく来られた方もあるが、続けて来られている方たちがそれぞ...

[ ワークショップ セミナー ]

角度と方向を合わせ脚を弛めて痛みなく伸ばす ー修正バージョン

 角度と方向を合わせ脚を弛めて痛みなく伸ばす ー修正バージョン 先週公開した動画角度と方向を合わせ、...

[ ボディコントロール ]

痛い足裏ー均等に踏むためのストレッチ

 痛い足裏ー均等に踏むためのストレッチ この動画は以前に公開したものを痛い足裏を楽にすると同時に...

[ ボディコントロール ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ