コラム

 公開日: 2016-10-08 

体幹がぶれないエコなランニングフォーム改善

体幹がぶれないエコなランニングフォーム改善



この方は山の中で70キロ以上を走る過酷なレースをされています。
初めて来られた時には、脚がパンパンで膝に負担がかかり
傷められることが多かったのですが

他の方と同じように
体幹の骨の位置を認識して
背骨を伸ばし、骨盤と脚を分けるということをゆっくりやって頂きました。
分けたら脚の方向を合わせる
体幹のバネを使う
脚を1歩ごとに「踏んだ!」とイメージできるように。
初めは坐骨を立てて座るのも大変でしたが
今では開脚もできるようになられました。
流れを作るのはどのスポーツでも踊りでも必要なことです。

お仕事の都合で、しばらく来れなかったのですが
夏頃から来られる回数が増え
みるみる体の位置感覚をつかんでおられるので
少しずつ無理のない走り方に改善して行けるのではないかと考えて
今出来る範囲での、ランニングフォーム改善を
一緒に考えてみました。

長い距離、長い時間を走られる方ですから
体の中心を感じているのが当たり前の感覚を身に付けて頂き
ご自分の思いのままに走っていただきたいと思っています。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこモダンバレエ研究所 [ホームページ]

ダンスインストラクター うまさきせつこ

兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL:090-1024-0048

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

26

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ

スマートフォンで動画が見られないという方のために。Firefox と言うブラウザでflashplayer のプラグインを組み込んで見て下さい。コラムをご覧いただいて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさん

「うまさきせつこのボディコントロール」で「バランスのよい体のつながり」をレッスン(1/3)

 「腰や膝が痛い」「腕が上がらない」などのトラブルを抱えているなら「ボディコントロール」を学んでみませんか? 「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさんが、「うまさきせつこのボディコントロール」のクラスを開いています。 「4...

うまさきせつこプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : うまさきせつこモダンバレエ研究所
住所 : 兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL : 090-1024-0048

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1024-0048

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

不思議! 力まず自然で楽しい!

皆さんが書かれているように 私もせつこ先生の流れの誘導に虜...

N.S
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(10

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
肋骨の中に心地よい流れがありますか
イメージ

 肋骨の中に心地よい流れがありますか 「肋骨を出してはいけません」の観念が強く肋骨をギュウギュウ締め...

[ ボディコントロール ]

脚を上げたいけど膝が伸びないんです
イメージ

 脚を上げたいけど膝が伸びないんです きれいに膝を伸ばして脚を上げたいのに膝は伸びず曲がったまま前腿...

[ ボディコントロール ]

それでも股関節を引き込めなければ
イメージ

 それでも股関節を引き込めなければ 股関節の引き込みを腿裏の固さ3から遡って、段階を踏んでやってみて1...

[ ボディコントロール ]

腿裏の固さ3
イメージ

 腿裏の固さ3 腿裏の固さや腿裏の固さ2の続きを正座バージョンで。坐骨がかかとより遠くにあるよ...

[ ボディコントロール ]

I.Oダンスフレーム2017
イメージ

 I.Oダンスフレーム2017 明日、東京両国シアターχにて行われるI.Oダンスフレーム2017に出演させて頂き...

[ 催し ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ