コラム

 公開日: 2016-10-01 

中心から分ける腕

中心から分ける腕

股関節を中心から分けることをコラムで、いろいろお伝えしているが
腕も同じ。
肩甲骨からつなげ、脇、腕の方向を合わせるのは全く同じ。

中心から腕を分ける
中心から腕を分ける2
上の写真の手前の方。
腕に意識を置いて伸ばされているので
一生懸命伸ばしているけれども、バラバラな感じ。
夏直前、6月頃の写真。

下の写真は同じ方だが
体の中心から分ける感覚が育ってきたので
まるで別人のように見える。
こちらは4日前の写真。
まだ後ろの肩や腕の力は楽に抜ける。

中心から分ける感覚ができると、短期間でもこれだけ変わる。

この時、ポイントになるのは後ろ側の腕と肩甲骨、脇の関係。

脇の意識3
この写真のように、後ろ側の脇を引き寄せて、
そのまま肘から先を根元から伸ばしていき(肘先から行くとうまくいかない)
肘の内側をしっかり引っ張っておくのが大事なところ。
これで裏側の意識が出来る。

裏側が出来れば、前側の腕は楽に伸ばせる。
中心から分ける(先からではない)を
頭に置いておくと、単に腕ではなく
体全体がきれいに使えてくる。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこモダンバレエ研究所 [ホームページ]

ダンスインストラクター うまさきせつこ

兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL:090-1024-0048

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

20

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
お知らせ

スマートフォンで動画が見られないという方のために。Firefox と言うブラウザでflashplayer のプラグインを組み込んで見て下さい。コラムをご覧いただいて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさん

「うまさきせつこのボディコントロール」で「バランスのよい体のつながり」をレッスン(1/3)

 「腰や膝が痛い」「腕が上がらない」などのトラブルを抱えているなら「ボディコントロール」を学んでみませんか? 「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさんが、「うまさきせつこのボディコントロール」のクラスを開いています。 「4...

うまさきせつこプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : うまさきせつこモダンバレエ研究所
住所 : 兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL : 090-1024-0048

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1024-0048

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

諦めかかっていたことが魔法のように改善!

念願かなって、先生のレッスンを受けることが出来ました。 ...

O.J
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
I.Oダンスフレーム2017(東京)に出演させて頂きます
イメージ

 I.Oダンスフレーム2017に出演させて頂きます 今年も出演させて頂いたI・Oダンスフレームに新年から出演させ...

[ 催し ]

骨盤と脚を分ける
イメージ

 骨盤と脚を分ける 「体がめちゃくちゃ固いんです」初めて来られる方は大抵おっしゃるが「わ~!ほんとに...

[ ボディコントロール ]

方向を股関節、脇で変える
イメージ

 方向を股関節、脇で変える 体の方向を変える時脚から変えていると体がねじれ不安定。股関節、脇を意識し...

[ ボディコントロール ]

反り腰の人に注意してほしいポイント
イメージ

 反り腰の人に注意してほしいポイント 昨日のコラム&動画でなぜ座ってもらっているか?いろんな意識を...

[ ボディコントロール ]

反り腰改善ー胸椎からのアプローチ

  反り腰改善ー胸椎からのアプローチ 反り腰の人は「背骨を上下に引っ張る」ということを頭では理解して...

[ ボディコントロール ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ