コラム

 公開日: 2016-04-23 

肩甲骨の動きに合わせて滑らかに腕を回す

肩甲骨の動きに合わせて滑らかに腕を回す



以前に出した動画肩甲骨と腕の可動域を方向を合わせて楽に広げる
もっとわかりやすく説明したかったので
新たに動画を撮ってみました。

肩甲骨の内側を意識して
脇の下の向きを前~横~斜め後ろと根元から先へ
順に向けていき
二の腕~肘~手首~指先も
ギクシャクせずに
タイミングよく、動きが止まることのないように
回していきます。

とても滑らかに腕を使っているので
肩甲骨、腕の可動域がそれほど大きくなっているように見えないかもしれませんが
腕は脇の方向を合わせているとはいえ
ほとんど真後ろまで回っています。

肩甲骨が上がっていたり、肩が盛り上がったり
腕を使う時に肩口が常に継続して
前から後ろに流れができていませんと
ぎこちなくひっかかるところが出てきます。

美しい腕、綺麗な肩のラインになるだけでなく
可動域、機能が格段に上がってきます。
尾骨も下げ、体幹のバランスも考えながら使うと
より体全体のつながり、バランスを育てていくことにつながってきます。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこモダンバレエ研究所 [ホームページ]

ダンスインストラクター うまさきせつこ

兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL:090-1024-0048

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

12

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ

マイベストプロのコラムの中で見たい記事を探す時には今まで、コラムの右上にある検索欄で探して頂くようにこのお知らせ欄でも提案させて頂いていましたが29...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさん

「うまさきせつこのボディコントロール」で「バランスのよい体のつながり」をレッスン(1/3)

 「腰や膝が痛い」「腕が上がらない」などのトラブルを抱えているなら「ボディコントロール」を学んでみませんか? 「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさんが、「うまさきせつこのボディコントロール」のクラスを開いています。 「4...

うまさきせつこプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : うまさきせつこモダンバレエ研究所
住所 : 兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL : 090-1024-0048

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1024-0048

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

大雑把な動きから繊細な動きへ

レッスンを初めてから1年が経ちました。 正直、はじめて...

U.Y
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
大きな範囲で脇の引き込みを覚える

  大きな範囲で脇の引き込みを覚える 「脇の引き込み」は大きな範囲で脇を引き込むや「大きな範囲で脇...

[ ボディコントロール ]

体幹の底の感覚を覚えてそこからの方向付けを知る
イメージ

 体幹の底の感覚を覚えてそこからの方向付けを知る 昨日のWSでは、先日のWS体幹の推進力を覚えるとほ...

[ ワークショップ セミナー ]

体幹の底を床と水平にして確実に坐骨を感じること
イメージ

 体幹の底を床と水平にして確実に坐骨を感じること 「体幹の底」(股の底)を床に水平にする、と言われると...

[ ボディコントロール ]

怪我をしても飛躍のチャンス
イメージ

 怪我をしても飛躍のチャンス 昨日、レッスン前に着替えていたら生徒さんが「先生~」と話に来られた。数...

[ ボディコントロール ]

いらない力を抜いて最小限の力で使いたい
イメージ

 いらない力を抜いて最小限の力で使いたい 昨日のコラム股関節の折り込み方が感じにくいは、股関節のいら...

[ ボディコントロール ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ