コラム

 公開日: 2016-04-06 

肩甲骨と腕の可動域を方向を合わせて楽に広げる

肩甲骨と腕の可動域を方向を合わせて楽に広げる



この動画は以前に公開している
肩甲骨はがしの後にタオルストレッチ
更に進化させてタオルなしで、繊細に使うことをやっている。

脇の方向を変えていくことは以前と同じだが
二の腕、肘先も脇から順に同じ方向に合わせて変化させている。

この動画のモデルさんもまだ肩の力は抜けきっていないが
鎖骨を横に長く引っ張り
肩口を前から後ろに回しながら、少しずつ回を重ねていくうちに
もっと滑らかに動くようになる。

脇を引き込みつつ根元でコントロールしながら動かしていくのは
ノーストレスでできる。
タオルストレッチのやり方を教えるのに
前段階として片手ずつやっていたものだが
肩甲骨の内側を意識して動かしていくと
こちらの方が、感覚を感じやすいことに気付いた。

しっかり使っていくと肩甲骨、脇の可動域が広がるのはもちろん
首の詰り、肩の凝りもかなり軽減される。
肩甲骨の位置感覚もはっきりしてくる。
何より道具が一切いらない。

使い方次第、意識の向け方次第で
使いにくいところも気づいたら苦手意識がなくなっている。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこモダンバレエ研究所 [ホームページ]

ダンスインストラクター うまさきせつこ

兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL:090-1024-0048

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ
壁を使って前屈

9月27日、ご登録者の皆様に10月東京WSのご案内をお送りしております。ご登録されているのも関わらず万一、ご案内が届かない方がいらっしゃいましたらお手数です...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさん

「うまさきせつこのボディコントロール」で「バランスのよい体のつながり」をレッスン(1/3)

 「腰や膝が痛い」「腕が上がらない」などのトラブルを抱えているなら「ボディコントロール」を学んでみませんか? 「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさんが、「うまさきせつこのボディコントロール」のクラスを開いています。 「4...

うまさきせつこプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : うまさきせつこモダンバレエ研究所
住所 : 兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL : 090-1024-0048

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1024-0048

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

先生は魔法使い?

「先生は、魔法使いやね!」 うまさき先生のレッスンを終...

S・M
  • 10代/女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
体幹から踵を通してつま先を伸ばす
イメージ

 体幹から踵を通してつま先を伸ばす 折りたたむ膝から下に力が入ってしまう肩甲骨、股関節、踵の意識で上げ...

[ ボディコントロール ]

折りたたむ膝から下に力が入ってしまう
イメージ

 折りたたむ膝から下に力が入ってしまう 昨日のねじれのない脚の状態を覚えるのように骨盤幅の中から脚を...

[ ボディコントロール ]

ねじれのない脚の状態を覚える
イメージ

 ねじれのない脚の状態を覚える うつ伏せで寝て、膝を折り畳んでもらいました。無意識に膝を折りたたむ...

[ ボディコントロール ]

器用も不器用もいい

 器用も不器用もいい 今まで数えきれないくらい多くの方と接してきたが大人でも子供でも、人の数だけみんな...

[ 発想を変えて前向きに生きる ]

水の流れのように自然に体を動かす
イメージ

 水の流れのように自然に体を動かす 定期的にうちのレッスンに来られる人たちは体の位置感覚の認識がほぼで...

[ ボディコントロール ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ