コラム

 公開日: 2016-03-09 

「坐骨を中心に集める・寄せる」は直にお尻を締めることではありません

「坐骨を中心に集める・寄せる」は直にお尻を締めることではありません

『坐骨を中心に集める・寄せる』がうまくいかなくて
それは股関節を凱旋し、左右の坐骨を近づけると言うことですか?
という質問が来た。
メールの返事でなくてよいので、コラムに書いてほしいということだったので
そうさせて頂こうと思う。

言葉で言えば、それは違っていないと思うが
それは体幹の部分が整ってのこと。
単にお尻を締めてしまう人も多いし、体幹の意識が出来ないうちは
坐骨の感覚が感じられない人も多い。
ご質問下さった方は、反り腰になられているのではないかと想像している。
反り腰であれば、お尻は抜けたままになるが、逆に
お尻を締めてしまうと股関節は固まってしまう。
体幹が通る状態にして、坐骨が寄せられる状態にして
婉曲的に引き締まった状態のお尻になる。

このコラムでも何度か触れているが
背中の伸ばし方で安定する体幹
の感覚を覚えて頂くことがいると思う。
このところ書いていることは、それに関連している。

昨日、たまたまレッスンの時、『カエル脚』をされている人があったので、それで説明してみると

坐骨を中心に集める
こういうことをすると、床に押さえつける人が多い。
上から押さえつけられたりしたら、まさに根性だけ。

肩甲骨の位置を明確に意識しながら、先ほどの背骨の伸ばし方をしている。
この時、尾骨のイメージは巻き込むような感覚である。
尾骨まで、と言っても、そこまで持って行かない人も多い。
こうすると、坐骨は横に広がらず、中心に寄ってくる。
坐骨は脚方向にも引っ張っている。
上に伸ばすではなく、上と引き合っている。

これができていると、坐骨の感覚ははっきりと自覚できる。
骨盤と脚がはっきり分かれて、脚の付け根の円周上にある坐骨を
黄色の線のように回しながら、坐骨を寄せることができる。

さらに青い線を見ると・・(青い点線は腿の裏側を通っている)
坐骨から腿の裏側を通って、膝、ふくらはぎ、かかとと
これも引き合う感覚を作っていける。
これを90度立てれば、立位でのプリエになる。

寝ていても座っていても、立っていても
体幹部分が反っていたり、骨盤が前後傾して
背骨がしっかり伸びない状態であれば、坐骨は感じにくい。

肩甲骨、脇を意識してサイドストレッチ
でも、横座りした時に股関節の位置を調節しているのは
坐骨の感覚を促し、体幹が整わないと、充分に背骨も脇も伸びないから。
体勢がどうであろうと、坐骨だけでなく、どこかが感じにくいのは
無用な力がかかる体の状態が、部分的にでもあるということになる。

これはひとつずつ、自分の体に向き合っていくしかない。
インナーの筋肉の動きは繊細なものなので、馴染まないうちは、きつい使い方をして
凄い筋肉痛になることもあるが、お付き合いしていくしかない。

体幹を整え坐骨を中心に集める
体幹を整えて、無理なく股関節が折れ、坐骨も寄せた状態。
楽そうに見える。


言葉や写真、動画でも伝えることは難しいが
感覚を覚えるということは、形でできることではない。
直に感じたり、触れたり、その場でなければ伝わらないニュアンスも多くあることも理解いただきたい。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこモダンバレエ研究所 [ホームページ]

ダンスインストラクター うまさきせつこ

兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL:090-1024-0048

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

11

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ

マイベストプロのコラムの中で見たい記事を探す時には今まで、コラムの右上にある検索欄で探して頂くようにこのお知らせ欄でも提案させて頂いていましたが29...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさん

「うまさきせつこのボディコントロール」で「バランスのよい体のつながり」をレッスン(1/3)

 「腰や膝が痛い」「腕が上がらない」などのトラブルを抱えているなら「ボディコントロール」を学んでみませんか? 「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさんが、「うまさきせつこのボディコントロール」のクラスを開いています。 「4...

うまさきせつこプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : うまさきせつこモダンバレエ研究所
住所 : 兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL : 090-1024-0048

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1024-0048

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

「身体は変わる」に光が見えました

肩甲骨が動かせない内巻きの肩を治したくて うまさき先生のク...

N.Nさん
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
壁を使って股関節の引き込みの感覚を覚える
イメージ

 壁を使って股関節の引き込みの感覚を覚える 今月のWSで、股関節の引き込みが座った状態ではわかりにくい方...

[ ボディコントロール ]

軸足に乗りこまずに体幹主導
イメージ

 軸足に乗らずに体幹主導 片脚で立つとき、または片脚重心で立つとき軸足の上にガッツリ乗ってしまうとベ...

[ ボディコントロール ]

大きな範囲で脇の引き込みを覚える

  大きな範囲で脇の引き込みを覚える 「脇の引き込み」は大きな範囲で脇を引き込むや「大きな範囲で脇...

[ ボディコントロール ]

体幹の底の感覚を覚えてそこからの方向付けを知る
イメージ

 体幹の底の感覚を覚えてそこからの方向付けを知る 昨日のWSでは、先日のWS体幹の推進力を覚えるとほ...

[ ワークショップ セミナー ]

体幹の底を床と水平にして確実に坐骨を感じること
イメージ

 体幹の底を床と水平にして確実に坐骨を感じること 「体幹の底」(股の底)を床に水平にする、と言われると...

[ ボディコントロール ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ