コラム

 公開日: 2016-02-07 

ハムストリングスを固めずに脚を伸ばす

ハムストリングスを固めずに脚を伸ばす



脚を上げようとするとき、それがどんな体勢であれ
末端から伸ばそうとすると
体幹からの繋がりは切れ、部分だけで頑張っている状態になります。

ハムストリングスはもちろん、前腿、股関節は固まり
お腹にもいらない力が入ります。
体幹からのつながりで脚を使うと言うことは
裏側の通りがあって、コントロールすると言うことです。

この感覚を覚えてもらう時
よく皆さんが私の体を触りに来られますが
先日のコラムペラペラの体幹を順を追って整える
のように、全体をつなげるために、体幹の骨の位置を自分でしっかり認識し
感覚が実感できていることが大切になります。

「脚を上げる」
それは見た目には脚が上がっているという結果であって
脚の力だけで上げているのではありません。
全体がつながる流れがあって、徐々に無理なく使えるようになっていきます。
90度以上に脚を上げる時には
まず、この膝を伸ばすのがどこからどんなふうに伸ばしていくかの感覚が
不可欠の1歩かもしれません。

接ぎ木をするように、同じ角度を同じ流れを伸ばしていく、
生えている方向にどう伸ばしていくのかの
感覚を覚えていきましょう。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこモダンバレエ研究所 [ホームページ]

ダンスインストラクター うまさきせつこ

兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL:090-1024-0048

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

13

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ

マイベストプロのコラムの中で見たい記事を探す時には今まで、コラムの右上にある検索欄で探して頂くようにこのお知らせ欄でも提案させて頂いていましたが29...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさん

「うまさきせつこのボディコントロール」で「バランスのよい体のつながり」をレッスン(1/3)

 「腰や膝が痛い」「腕が上がらない」などのトラブルを抱えているなら「ボディコントロール」を学んでみませんか? 「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさんが、「うまさきせつこのボディコントロール」のクラスを開いています。 「4...

うまさきせつこプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : うまさきせつこモダンバレエ研究所
住所 : 兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL : 090-1024-0048

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1024-0048

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

また是非企画して下さい!

毎回 動画で拝見していたのですが、ぜひ直接指導を受けたく...

Y・M
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
体幹の底を床と水平にして確実に坐骨を感じること
イメージ

 体幹の底を床と水平にして確実に坐骨を感じること 「体幹の底」(股の底)を床に水平にする、と言われると...

[ ボディコントロール ]

怪我をしても飛躍のチャンス
イメージ

 怪我をしても飛躍のチャンス 昨日、レッスン前に着替えていたら生徒さんが「先生~」と話に来られた。数...

[ ボディコントロール ]

いらない力を抜いて最小限の力で使いたい
イメージ

 いらない力を抜いて最小限の力で使いたい 昨日のコラム股関節の折り込み方が感じにくいは、股関節のいら...

[ ボディコントロール ]

股関節の折り込み方が感じにくい
イメージ

 股関節の折り込み方が感じにくい 誘導されたり、寝た状態でしてみるときには股関節を折り込みや引き込みが...

[ ボディコントロール ]

坐骨が感じにくい時
イメージ

 坐骨が感じにくい時 股の底が床と水平になる状態にするのが難しく坐骨が感じにくいと股関節を引き込むこ...

[ ボディコントロール ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ