コラム

 公開日: 2015-12-15 

坐骨~膝の方向を考えてプリエ

坐骨~膝の方向を考えてプリエ

昨日のコラム脚を上げる時、坐骨~膝はどちらを向いていますか
でも書いているように、坐骨~膝の方向がどの方向に向いているかで
脚は無駄な力を入れずに伸びていくが、プリエでも同じことである。

坐骨~膝の方向を考えてプリエ
体幹を整えて、胴体を長く使い
上に上がりたがる股関節は下に下げて
深く折り込める状態にすると
胴体と脚の間には隙間が出来て、楽に回すことができる。
坐骨~膝が均一に同じ角度を向いて、その流れに添って力を伝えている膝下も
同調して動く。

そうなると
赤い矢印の流れの方向を黄色の矢印の方向に変えるだけで
折り曲げた脚は楽に伸びて
元に戻る。

脚を回して、腿をくっつけにいかなくても
電車の先頭車両が操作するだけで
同じ線路を他の車両もついてくる。

生えている方向に伸ばすだけである。
腿が横に開いて横から戻るのでなく
坐骨から膝の縦の流れに添うだけである。
生えている経路を考えて、自然な方向で体を使っていくだけである。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこモダンバレエ研究所 [ホームページ]

ダンスインストラクター うまさきせつこ

兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL:090-1024-0048

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ

マイベストプロのコラムの中で見たい記事を探す時には今まで、コラムの右上にある検索欄で探して頂くようにこのお知らせ欄でも提案させて頂いていましたが29...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさん

「うまさきせつこのボディコントロール」で「バランスのよい体のつながり」をレッスン(1/3)

 「腰や膝が痛い」「腕が上がらない」などのトラブルを抱えているなら「ボディコントロール」を学んでみませんか? 「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさんが、「うまさきせつこのボディコントロール」のクラスを開いています。 「4...

うまさきせつこプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : うまさきせつこモダンバレエ研究所
住所 : 兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL : 090-1024-0048

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1024-0048

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

諦めかかっていたことが魔法のように改善!

念願かなって、先生のレッスンを受けることが出来ました。 ...

O.J
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
痛く感じるのはなぜ?
イメージ

 痛く感じるのはなぜ? 脚を開いたり脚を上げたり、重心を移動した時ジャンプして着地したりした時痛み...

[ ボディコントロール ]

薄い膝下の感覚ー感じられるきっかけを作る
イメージ

 薄い膝下の感覚ー感じられるきっかけを作る お盆休み明け初めてのクラス。どうも膝下の感覚が薄い、という...

[ ボディコントロール ]

予告! 「痛くない開脚ができる体へ~」NHK文化センター西宮ガーデンズ
イメージ

 予告! 「痛くない開脚ができる体へ~」NHK文化センター西宮ガーデンズ この度、NHK文化センター西宮...

[ ワークショップ セミナー ]

立位体前屈ー床方向へのベクトルを意識して
イメージ

 立位体前屈ー床方向へのベクトルを意識して 立位体前屈をするときついと言う人を見ているとハムストリング...

[ ボディコントロール ]

股関節の外側が詰まる
イメージ

 股関節の外側が詰まる 股関節の外側が詰まる脚を投げ出した時に左右の足の向きが違う長年の習慣でそうな...

[ ボディコントロール ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ