コラム

 公開日: 2015-12-06 

肩甲骨と脇を揃えて起き上がり

肩甲骨と脇を揃えて起き上がり



先日UPしている肩甲骨と脇を調整して無理なく腹筋運動
の逆バージョンですが、
使い方、流れの方向は全く同じで、逆回転させる訳ではありません。

レッスンを受けておられる方が
これを「キャタピラー」と言って下さったのですが
とてもわかりやすいので、私も使わせて頂きます。

寝た状態から、脇と肩甲骨のラインを一致させ
肩甲骨をはがすと、頸椎が連動して頭が上がります。
肩甲骨をはがした方向に背骨に重しをかけて
1本ずつの上を転がすように
キャタピラーのようにしならせていき、
骨盤とは分けられた脚方向に更に流れを送って
坐骨から膝が膝下を送り出すと
足先は寝ていた時よりも遠くに進みます。

使い方は寝る時と全く同じなのです。
体幹部分がどこも縮まずしなっていくだけ。

この方は腹筋がものすごく強い訳ではなく
骨のあるべき位置をキープできて
流れが留まらないように
自然に使えているのです。

プルプル震えるようなすごい力はいりません。
帆に風をはらんで進むヨットのように
自然な流れで、楽に起き上ってみましょう。

腹直筋の力や腕で持ち上げようとしないように
気をつけましょう。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこモダンバレエ研究所 [ホームページ]

ダンスインストラクター うまさきせつこ

兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL:090-1024-0048

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ

スマートフォンで動画が見られないという方のために。Firefox と言うブラウザでflashplayer のプラグインを組み込んで見て下さい。コラムをご覧いただいて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさん

「うまさきせつこのボディコントロール」で「バランスのよい体のつながり」をレッスン(1/3)

 「腰や膝が痛い」「腕が上がらない」などのトラブルを抱えているなら「ボディコントロール」を学んでみませんか? 「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさんが、「うまさきせつこのボディコントロール」のクラスを開いています。 「4...

うまさきせつこプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : うまさきせつこモダンバレエ研究所
住所 : 兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL : 090-1024-0048

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1024-0048

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

明らかに実感できる違い

(ワークショップを受講して) 先生や助手の方に直接身体に触...

M.S
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(16

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
腿裏の固さ3
イメージ

 腿裏の固さ3 腿裏の固さや腿裏の固さ2の続きを正座バージョンで。坐骨がかかとより遠くにあるよ...

[ ボディコントロール ]

肩甲骨を左右つなげて坐骨を押す
イメージ

 肩甲骨を左右つなげて坐骨を押す 写真は肩甲骨を左右つなげて坐骨までつなげてみるのように椅子に半分...

[ ボディコントロール ]

試行錯誤を積み重ねる
イメージ

 試行錯誤を積み重ねる 今年最初のWS。神戸ではマイナス2度の寒さ。雪が降るのを心配していたが、朝は風...

[ ボディコントロール ]

腿裏の固さ2
イメージ

 腿裏の固さ2 昨日のコラム腿裏の固さでやっているように、立っているところからいきなり下腹からの流れ...

[ ボディコントロール ]

腿裏の固さ
イメージ

 腿裏の固さ 開脚でも、屈伸でも前屈でも「腿裏が固くて」と、苦労する人がいる。もともと腿の裏が固...

[ ボディコントロール ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ