コラム

 公開日: 2015-11-08 

肩甲骨の位置を留め体幹の感覚を覚える

肩甲骨の位置を留め体幹の感覚を覚える



先日のコラム体幹を安定させるー肩甲骨の位置を留める
そのままに動画を撮ってみようと思っていた。
殆どノーストレスでできるイメージを伝えたいと思って
いろいろやってもらった。
もちろんその方法でもできるのだけれど、
小難しく考えないで、もっとシンプルにできたのが昨日のコラム。
下腹の感覚を覚える

この動画ではその準備段階として
脇と肩甲骨のラインを揃えて、背骨の動きを出すこと、
体幹の一番上から下までの位置の感覚をつかんでもらうことに役立てて頂きたい。

いったん肩甲骨の方向に押して、引き込んだ脇は、下に押さないように。
後方向に押すと固まらないが、下に押し付けると固まる。
うまく同じラインにできたら、そこはくっつけたまま、体幹が運転車両とすれば
脇から肘は次の電車の車両のように
引き合われて縮まないように使う。
坐骨から膝も同じである。

これで肩甲骨の位置を更に腰方向に下げ
お尻と脚も分ける意識の下腹の使い方もイメージしてみる。
(昨日のコラム参照)
骨の位置、使う方向を意識づける使い方を繰り返し
確実に体に染み込ませていきましょう。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこモダンバレエ研究所 [ホームページ]

ダンスインストラクター うまさきせつこ

兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL:090-1024-0048

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ

スマートフォンで動画が見られないという方のために。Firefox と言うブラウザでflashplayer のプラグインを組み込んで見て下さい。コラムをご覧いただいて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさん

「うまさきせつこのボディコントロール」で「バランスのよい体のつながり」をレッスン(1/3)

 「腰や膝が痛い」「腕が上がらない」などのトラブルを抱えているなら「ボディコントロール」を学んでみませんか? 「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさんが、「うまさきせつこのボディコントロール」のクラスを開いています。 「4...

うまさきせつこプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : うまさきせつこモダンバレエ研究所
住所 : 兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL : 090-1024-0048

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1024-0048

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

衝撃の体験~身体のことってこんなに面白いんだ!

大人になってクラシックバレエを始めて9年近く過ぎました。 ...

M.N
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(9

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
脇を引き込むのに強い力はいりません
イメージ

 脇を引き込むのに強い力はいりません 「脇を引き込んで」と言うと肩甲骨の端っこが脇の下でがちっと固ま...

[ ボディコントロール ]

肩甲骨をはがすのは何のため?
イメージ

 肩甲骨をはがすのは何のため? 肩甲骨はがしをするのに、肩の運動でなく肩甲骨を動かす感覚を覚えるなどの...

[ ボディコントロール ]

股関節を引き込んで脚を軽く上げる

  股関節を引き込んで脚を軽く上げる 開脚でも、前後開脚でも、長座で座る、体育座り、各種前屈、ジャン...

[ ボディコントロール ]

肋骨の中に心地よい流れがありますか
イメージ

 肋骨の中に心地よい流れがありますか 「肋骨を出してはいけません」の観念が強く肋骨をギュウギュウ締め...

[ ボディコントロール ]

脚を上げたいけど膝が伸びないんです
イメージ

 脚を上げたいけど膝が伸びないんです きれいに膝を伸ばして脚を上げたいのに膝は伸びず曲がったまま前腿...

[ ボディコントロール ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ