コラム

 公開日: 2015-09-28 

脇の奥行き

脇の奥行き

『肩甲骨と脇を同じラインにする』
と、よくお話しするが下の写真を見て頂きたい。


肩甲骨と腕を同じラインにする
肋骨の背中側にこうして肩甲骨が付いており
そこと同じラインに腕は本来つながっているが
肩甲骨がこの位置に留められず、上の方に上がってくると
肩が詰まってくるだけでなく、腕も一緒に上に上がり
前肩になって、分けることが出来ず
思うように動かせる範囲が狭まってくる。
肩甲骨が上がってしまうと、背骨も動きが出なくなる。

肩甲骨の位置が留められて、腕のラインも一致すると
赤い丸印のように肋骨の幅分、奥行きが出来て
広い脇ができる。

脇を引き込みながら肘方向に離して引っ張って使うと
腕は長く、肩甲骨から自由に使える。

奥行きの違う脇
向かって右側は前肩のまま
左側は肩甲骨を回し下げて
腕も同じラインにして、脇を引き込みながら肘方向に引っ張ったもの。
奥行きが違い、左側はすんなり肩幅も出て腕も長く滑らかに見える。

参考:肩甲骨の回し下げ方、肘の引っ張り方
   壁を使って肩甲骨、脇の感覚を覚える

この記事を書いたプロ

うまさきせつこモダンバレエ研究所 [ホームページ]

ダンスインストラクター うまさきせつこ

兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL:090-1024-0048

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

11

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
お知らせ

マイベストプロのコラムの中で見たい記事を探す時には今まで、コラムの右上にある検索欄で探して頂くようにこのお知らせ欄でも提案させて頂いていましたが29...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさん

「うまさきせつこのボディコントロール」で「バランスのよい体のつながり」をレッスン(1/3)

 「腰や膝が痛い」「腕が上がらない」などのトラブルを抱えているなら「ボディコントロール」を学んでみませんか? 「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさんが、「うまさきせつこのボディコントロール」のクラスを開いています。 「4...

うまさきせつこプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : うまさきせつこモダンバレエ研究所
住所 : 兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL : 090-1024-0048

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1024-0048

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

不思議! 力まず自然で楽しい!

皆さんが書かれているように 私もせつこ先生の流れの誘導に虜...

N.S
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(12

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
お尻と脚、分かれていますか?
イメージ

 お尻と脚、分かれていますか? 大きなお尻や脚の太さで悩む人は多く「お尻を小さくしたい」「脚を細くし...

[ ボディコントロール ]

体幹の推進力で開脚短いバージョン

 体幹の推進力で開脚短いバージョン この動画は完全にできるようになったところを撮影したのではありませ...

[ ボディコントロール ]

坐骨を押して伸びる力
イメージ

 坐骨を押して伸びる力 昨日のWSでは「坐骨を押して背骨を上下に引き伸ばす」ことを目的にしてそうすれば...

[ ワークショップ セミナー ]

肩甲骨から人とつながり細かい感覚を知る
イメージ

 肩甲骨から人とつながり細かい感覚を知る 人と手を合わせて肩甲骨からの流れを感じてもらうということをよ...

[ ボディコントロール ]

体幹の推進力で股関節のコントロールを覚える
イメージ

 体幹の推進力で股関節のコントロールを覚える 昨日のコラム体幹の推進力を使って開脚前屈3をしてもらって...

[ ボディコントロール ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ