コラム

 公開日: 2015-08-18 

土踏まずを通して伸ばす

土踏まずを通して伸ばす

昨日のコラムお手持ちの脚も意識次第で長く
の続きです。
『坐骨から膝を長く、踵の方向へ
踵が縮まないように、土踏まずを長くしながら指先も遠くへ。
爪先を外に向けようとされて、ねじれる傾向はまだあるが・・』

この爪先の伸ばし方をどんなふうに意識するか。

フレックス
坐骨から送り出して土踏まずまで流れを通した脚。
土踏まずをできるだけ長く伸ばしてみる。
土踏まずを押すのではなくて『伸ばす』のである。

土踏まずを伸ばす
踵を押して足首が縮まないようにしながら更に土踏まずまで伸ばす。
この時、つりそうになる人は指先に力が入ってしまっていることが多い。
部分的につらないで伸ばすにはどんな加減なのか、自分で何度もやってみることである。

ポイント
かかと、土踏まずを伸ばしながらどこから生えている方向に指も伸ばしていく。
指をぎゅっと縮めずに長く伸ばしたい。
体幹からのつながり、膝、つま先の向きをそろえるのももちらんのこと。

この写真のように実際にしている動画
つま先、足の甲を伸ばしたい
随分前の動画ではあるがご参考に。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこモダンバレエ研究所 [ホームページ]

ダンスインストラクター うまさきせつこ

兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL:090-1024-0048

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

16

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
お知らせ

マイベストプロのコラムの中で見たい記事を探す時には今まで、コラムの右上にある検索欄で探して頂くようにこのお知らせ欄でも提案させて頂いていましたが29...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさん

「うまさきせつこのボディコントロール」で「バランスのよい体のつながり」をレッスン(1/3)

 「腰や膝が痛い」「腕が上がらない」などのトラブルを抱えているなら「ボディコントロール」を学んでみませんか? 「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさんが、「うまさきせつこのボディコントロール」のクラスを開いています。 「4...

うまさきせつこプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : うまさきせつこモダンバレエ研究所
住所 : 兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL : 090-1024-0048

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1024-0048

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

近視眼でなく、全体を見ること

今日は本当に楽しくて、有意義な時間でした。 ありがとうご...

S.Sさん
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
お尻と脚、分かれていますか?
イメージ

 お尻と脚、分かれていますか? 大きなお尻や脚の太さで悩む人は多く「お尻を小さくしたい」「脚を細くし...

[ ボディコントロール ]

体幹の推進力で開脚短いバージョン

 体幹の推進力で開脚短いバージョン この動画は完全にできるようになったところを撮影したのではありませ...

[ ボディコントロール ]

坐骨を押して伸びる力
イメージ

 坐骨を押して伸びる力 昨日のWSでは「坐骨を押して背骨を上下に引き伸ばす」ことを目的にしてそうすれば...

[ ワークショップ セミナー ]

肩甲骨から人とつながり細かい感覚を知る
イメージ

 肩甲骨から人とつながり細かい感覚を知る 人と手を合わせて肩甲骨からの流れを感じてもらうということをよ...

[ ボディコントロール ]

体幹の推進力で股関節のコントロールを覚える
イメージ

 体幹の推進力で股関節のコントロールを覚える 昨日のコラム体幹の推進力を使って開脚前屈3をしてもらって...

[ ボディコントロール ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ