コラム

 公開日: 2015-06-17 

プリエで重心移動のポイント

プリエで重心移動のポイント

プリエ(脚を折りたたむ)の状態で重心移動する時
腿の上に乗ってしまったり、左右の帆座までの長さが違ったり
骨盤の位置に差があったりと
同じクオリティで移動するのに困っている人は多いようだ。

体幹の骨の位置が意識できている状態であって
そのうえで注意するのは
プリエでの重心移動は、軸足と反対側の脚を
それぞれ動かしているのではなくて、これも電車の車両のように
双方の脚の張りの長さを変えないで、お互い張り合って使うことがいる。

プリエの重心移動
プリエの重心移動2
赤い線の幅がある状態で移動しようと思えば
双方の坐骨~膝(土踏まずまで続いている)の面は坐骨のジョイントでつながり
幅の広い面で張り合う。
体幹からコントロールする坐骨の小さな動きが重心移動のスイッチになり
感覚が育って行くと
脚の方向が末端で変わらず、最小の力でできるようになる。

この張りの感覚は膝が伸びても同様だし
脚を更に上げたり回したり、ジャンプしたり着地したり
あらゆる場面で、しっかりした動き、安定した動きにつながる。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこモダンバレエ研究所 [ホームページ]

ダンスインストラクター うまさきせつこ

兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL:090-1024-0048

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ

スマートフォンで動画が見られないという方のために。Firefox と言うブラウザでflashplayer のプラグインを組み込んで見て下さい。コラムをご覧いただいて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさん

「うまさきせつこのボディコントロール」で「バランスのよい体のつながり」をレッスン(1/3)

 「腰や膝が痛い」「腕が上がらない」などのトラブルを抱えているなら「ボディコントロール」を学んでみませんか? 「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさんが、「うまさきせつこのボディコントロール」のクラスを開いています。 「4...

うまさきせつこプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : うまさきせつこモダンバレエ研究所
住所 : 兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL : 090-1024-0048

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1024-0048

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

こんな動かし方がある!

ご指導の通りにできた時には、痛みが軽くなる感覚が、とって...

Y.K
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自分の体を内観する
イメージ

 自分の体を内観する 自分の体をみつめ、試行錯誤して自分得たい感覚をつかんでいきたいときどうしても目...

[ ボディコントロール ]

推進力を感じられる位置感覚の試行錯誤
イメージ

 推進力を感じられる位置感覚の試行錯誤 人の体はその人それぞれで違うので自分自身で感じて、試行錯誤して...

[ ボディコントロール ]

上下、前後左右、裏表使える推進力
イメージ

 上下、前後左右、裏表使える推進力 「腕や脚をストレッチした時にあ~!よく伸びて気持ちいいと思う...

[ ボディコントロール ]

背骨につながる肋骨の状態を覚える
イメージ

 背骨につながる肋骨の状態を覚える 肋骨が縮んで猫背になって横隔膜もうまく伸びてくれない人は多く逆に...

[ ボディコントロール ]

股関節を引き込むとお尻を締めるの違い
イメージ

 股関節を引き込むとお尻を締めるの違い 「股関節を引き込む」「お尻を締める」は、違う動き。「お尻...

[ ボディコントロール ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ