コラム

 公開日: 2015-06-15 

脇の引き込みの意識付け

脇の引き込みの意識付け


体幹がしっかり使えて、腕に無駄な力が入らず
コントロールして使えるようになるための意識付けについて書いてみた。

脇の引き込み
脇の引き込み2
脇の引き込み3

これはバーではなく壁でも椅子でもテーブルでも同じようにできる。
バーを横にして立ち
脇を自分の方に寄せるようにして
肩甲骨と腕の付け根の位置を一致させる。

左手で持っている時には右側が無効とするのでなく
折る部分の根元が折れていくから、体が自然に向いていくようにする。

反対に横向きから扉を開くように腕、脇、胸と開いていくときも
この脇を寄せる感覚は同じである。

腰方向に回し下げる肩甲骨の意識がある状態ですると
体幹がしっかりして、繋がりが感じられるとともに
非常に楽に動かせる。

肩甲骨からつながる腕

完全にお臍が前を向いた状態では
脇の引き込みがあって
肩甲骨から腕がつながっていると
このように長くすんなりと使えて無理がなく軽い。

犬とのお散歩も体の意識のチャンス
も同じやり方で、リードを操作している。

この分は動画をいくつか撮ってみたので
近日中公開の予定。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこモダンバレエ研究所 [ホームページ]

ダンスインストラクター うまさきせつこ

兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL:090-1024-0048

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ

スマートフォンで動画が見られないという方のために。Firefox と言うブラウザでflashplayer のプラグインを組み込んで見て下さい。コラムをご覧いただいて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさん

「うまさきせつこのボディコントロール」で「バランスのよい体のつながり」をレッスン(1/3)

 「腰や膝が痛い」「腕が上がらない」などのトラブルを抱えているなら「ボディコントロール」を学んでみませんか? 「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさんが、「うまさきせつこのボディコントロール」のクラスを開いています。 「4...

うまさきせつこプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : うまさきせつこモダンバレエ研究所
住所 : 兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL : 090-1024-0048

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1024-0048

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

「身体は変わる」に光が見えました

肩甲骨が動かせない内巻きの肩を治したくて うまさき先生のク...

N.Nさん
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
肩甲骨を左右つなげて坐骨を押す
イメージ

 肩甲骨を左右つなげて坐骨を押す 写真は肩甲骨を左右つなげて坐骨までつなげてみるのように椅子に半分...

[ ボディコントロール ]

試行錯誤を積み重ねる
イメージ

 試行錯誤を積み重ねる 今年最初のWS。神戸ではマイナス2度の寒さ。雪が降るのを心配していたが、朝は風...

[ ボディコントロール ]

腿裏の固さ2
イメージ

 腿裏の固さ2 昨日のコラム腿裏の固さでやっているように、立っているところからいきなり下腹からの流れ...

[ ボディコントロール ]

腿裏の固さ
イメージ

 腿裏の固さ 開脚でも、屈伸でも前屈でも「腿裏が固くて」と、苦労する人がいる。もともと腿の裏が固...

[ ボディコントロール ]

かかとを押してつま先までつなげる
イメージ

 かかとを押してつま先までつなげる 軸足がルルベ(つまだち)になる時も反対側の足も坐骨から(体幹から...

[ ボディコントロール ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ