コラム

 公開日: 2015-05-31 

前後開脚の時の坐骨と骨盤

前後開脚の時の坐骨と骨盤

先日、坐骨の意識はどんな感じ?
では、開脚した時の坐骨の意識を説明してみましたが
今日は残後開脚の時の坐骨や骨盤の流れを書いてみました。


骨盤の中に納まる脚

青い丸印が骨盤の縦、横の範囲とすると
その幅からはみ出さずに骨盤の中に納まる様に坐骨を集めて
引き込みつつ、脚を送り出しています。

前脚側の坐骨を引き寄せ緑の矢印の方向に寄せ
脚の付け根はくっきり折れる状態にして
骨盤は前から後ろに送り出して寝かせるようにしながら
内腿を通り、土踏まずまで長く張っています。

前後開脚の流れ2
この上に胴体があると、こんな感じです。
狭い幅の中に集め通し、横に広がらないようにします。
張りが感じられないうちに前の坐骨を床に着けてしまうと
骨盤が開いてはみ出した前後開脚になります。

骨盤と脇が前を向いた状態にし、
背中やお腹が丸くならないこと
中心に集めた感覚が薄くなってしまわないで
ずっと継続されていることが必要です。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこモダンバレエ研究所 [ホームページ]

ダンスインストラクター うまさきせつこ

兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL:090-1024-0048

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

14

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ
壁を使って前屈

9月27日、ご登録者の皆様に10月東京WSのご案内をお送りしております。ご登録されているのも関わらず万一、ご案内が届かない方がいらっしゃいましたらお手数です...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさん

「うまさきせつこのボディコントロール」で「バランスのよい体のつながり」をレッスン(1/3)

 「腰や膝が痛い」「腕が上がらない」などのトラブルを抱えているなら「ボディコントロール」を学んでみませんか? 「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさんが、「うまさきせつこのボディコントロール」のクラスを開いています。 「4...

うまさきせつこプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : うまさきせつこモダンバレエ研究所
住所 : 兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL : 090-1024-0048

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1024-0048

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

大雑把な動きから繊細な動きへ

レッスンを初めてから1年が経ちました。 正直、はじめて...

U.Y
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
Dance Imagination Stage-関西のダンスを育てる企画
イメージ

 Dance Imagination Stage 明日、午後5時から開演の現代舞踊協会関西支部の舞台。...

[ 催し ]

骨盤を開かず脚を送り出す感覚を覚える(脚振り)
イメージ

 骨盤を開かず脚を送り出す感覚を覚える(脚振り) ぽってりお腹にならない伸ばし方を覚えるでしていること...

[ ボディコントロール ]

前後開脚の後ろ脚の感覚を覚える伏臥上体反らし
イメージ

 前後開脚の後ろ脚の感覚を覚える伏臥上体反らし 昨日のコラム前後開脚の後ろ脚、短いバージョンでを持ち...

[ ボディコントロール ]

前後開脚の後ろ脚、短いバージョンで
イメージ

 前後開脚の後ろ脚、短いバージョンで 前後開脚の後ろ脚、と書いているが適切な言い方ではない。前後...

[ ボディコントロール ]

痛い足裏均等に踏むためのストレッチ2
イメージ

 痛い足裏均等に踏むためのストレッチ2 「足裏が痛いんです」数週間前にかかと高めの靴で、一日歩き回って...

[ ボディコントロール ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ