コラム

 公開日: 2015-05-04 

開脚前屈は中心に集めて面を作る

開脚前屈は中心に集めて面を作る

一生懸命、頭を床に着けようとして
やりたい目標だけに頭が囚われ、意識がそちらに行くと
脚が行動する部分に連れて行かれて、おかしな状態になっていくことは

昨日のコラム
背骨で振り向くーねじり運動
でも見て頂いているが、あーそうなのね、と通り過ぎた方もあると思うけれど
体の流れが意識できているのと、そうでない場合の体の状態は
全てこのように、コントロールできていない場合は「連れて行かれる」のである。

開脚前屈も「連れて行かれる」と固まってくるし、伸びなくク手痛いところも出てくる。

開脚前屈3
写真の前屈では、中心にいったん意識を集めて引き込んで脚が引き出され
股関節は立体的に使われている。
  股関節の引き込みで床への面を作ると・・
の座り方で前屈したものを後ろから見たものである・

床に着いているところは線ではなく面になっている。
股関節を引き込んで、脚と分け、折りたたむとこういう状態になる。

上から圧をかけて重みで開いたのでもなく、体幹から通した流れを作っている。
「つながる体」を根気よく作っていこう。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこモダンバレエ研究所 [ホームページ]

ダンスインストラクター うまさきせつこ

兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL:090-1024-0048

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ
壁を使って前屈

9月27日、ご登録者の皆様に10月東京WSのご案内をお送りしております。ご登録されているのも関わらず万一、ご案内が届かない方がいらっしゃいましたらお手数です...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさん

「うまさきせつこのボディコントロール」で「バランスのよい体のつながり」をレッスン(1/3)

 「腰や膝が痛い」「腕が上がらない」などのトラブルを抱えているなら「ボディコントロール」を学んでみませんか? 「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさんが、「うまさきせつこのボディコントロール」のクラスを開いています。 「4...

うまさきせつこプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : うまさきせつこモダンバレエ研究所
住所 : 兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL : 090-1024-0048

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1024-0048

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

元気をもらえる場所

自分の体が代わっていくのが明らかに実感できるので、やりが...

K.N
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自然に日常生活で身につけられる体幹の感覚のヒントー椅子編
イメージ

 自然に日常生活で身につけられる体幹の感覚のヒントー椅子編 日常生活の中で、体幹主導で動く感覚を身につけ...

[ ボディコントロール ]

骨盤と脚を分け、体幹の推進力で送り出す
イメージ

 骨盤と脚を分け、体幹の推進力で送り出す この動画は体幹の中心から脚を分けて坐骨歩きのように、体...

[ ボディコントロール ]

スムーズでキレのある重心移動
イメージ

 スムーズでキレのある重心移動 重心移動する時、足主導でしてしまうと脚は重く、バランスは悪く、キレがな...

[ ボディコントロール ]

自分ではできないんです

 自分ではできないんです 「先生にしてもらったらできるんですけど自分ではできないんです」そうおっし...

[ ボディコントロール ]

膝裏、足首、ふくらはぎに力が入る
イメージ

 膝裏、足首、ふくらはぎに力が入る 「膝裏が固まってるんです~」見ると膝小僧の方向は下に落ちていました...

[ ボディコントロール ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ