コラム

 公開日: 2015-04-24 

股関節の意識で、坐骨~膝を長く使う

股関節の意識で、坐骨~膝を長く使う

単にしゃがむとか、プリエするのでも同じことだが
股関節をどんな状態で使うかのイメージなしで
そのまま膝を曲げることをやってしまうと
太腿や膝に大きく負荷がかかる。

プリエでも膝が一定のところまでしか行かずに
後は体の重みを上から乗りこむことで無理矢理下まで行っている人は意外に多くて
それがきつい状態であることにも気づいていないことも少なくない。

無理を長いこと重ねてやっているうちに、体の方がどんどんバランスを取ろうとがんばってしまい
体中どこもカチカチになっている人もある。

負荷のあるプリエ
楽なプリエ
上の写真では、股関節を引き込むことがうまくできていないので
これ以上深く折り曲げようと思うと、上から体重を落として無理矢理乗りこまないとできない。
この状態で、この方は
「無理!腿がプルプルしてます!」
背中も上下の引っ張りはないので単に膝を曲げた状態になっている。
股のそこは斜め上を向いた状態、脚の付け根は折れているように見えて
上に吊り上げられている。
坐骨から膝までのラインも引っ張り合うところがはっきりしないから
固まって短くなる。

下の写真。
股関節を引き込むことを意識してから
股の底をくぐるようにして脚を送ってもらった。
股関節を引き込むと言うのは、脚の付け根を後ろに持って行くことではなく
お腹を長く引き伸ばしてみないと、付け根は折れてくれない。
部分の意識ではない。
引き合うところがはっきり意識されているから坐骨~膝も長く使えて
負荷が少ない。

背骨が伸びて、お尻、股の底の位置も上の写真とは変わっている。
こうすると楽になり、このまま深く膝を折り曲げることができた。
膝が前を向いたパラレルの状態だがこれが1番のプリエでも同じこと。

部分だけ考えて直そうとしても、うまくいかない。
自分の骨の位置を維持できる感覚を覚えて、習慣化していかないと
体は独り歩きして自分でバランスを取り
思うように動いてくれない。

本来の自分の自然な位置を呼び起こしていきたい。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこモダンバレエ研究所 [ホームページ]

ダンスインストラクター うまさきせつこ

兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL:090-1024-0048

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

11

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ

マイベストプロのコラムの中で見たい記事を探す時には今まで、コラムの右上にある検索欄で探して頂くようにこのお知らせ欄でも提案させて頂いていましたが29...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさん

「うまさきせつこのボディコントロール」で「バランスのよい体のつながり」をレッスン(1/3)

 「腰や膝が痛い」「腕が上がらない」などのトラブルを抱えているなら「ボディコントロール」を学んでみませんか? 「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさんが、「うまさきせつこのボディコントロール」のクラスを開いています。 「4...

うまさきせつこプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : うまさきせつこモダンバレエ研究所
住所 : 兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL : 090-1024-0048

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1024-0048

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

不思議! 力まず自然で楽しい!

皆さんが書かれているように 私もせつこ先生の流れの誘導に虜...

N.S
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(10

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
大きな範囲で脇の引き込みを覚える

  大きな範囲で脇の引き込みを覚える 「脇の引き込み」は大きな範囲で脇を引き込むや「大きな範囲で脇...

[ ボディコントロール ]

体幹の底の感覚を覚えてそこからの方向付けを知る
イメージ

 体幹の底の感覚を覚えてそこからの方向付けを知る 昨日のWSでは、先日のWS体幹の推進力を覚えるとほ...

[ ワークショップ セミナー ]

体幹の底を床と水平にして確実に坐骨を感じること
イメージ

 体幹の底を床と水平にして確実に坐骨を感じること 「体幹の底」(股の底)を床に水平にする、と言われると...

[ ボディコントロール ]

怪我をしても飛躍のチャンス
イメージ

 怪我をしても飛躍のチャンス 昨日、レッスン前に着替えていたら生徒さんが「先生~」と話に来られた。数...

[ ボディコントロール ]

いらない力を抜いて最小限の力で使いたい
イメージ

 いらない力を抜いて最小限の力で使いたい 昨日のコラム股関節の折り込み方が感じにくいは、股関節のいら...

[ ボディコントロール ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ