コラム

 公開日: 2015-03-14 

継続は大いなる力

継続は大いなる力


開脚
昨日のワークショップは、出張や体調不良などで欠席される人もあって
はからずも、継続して来て下さっている方ばかりになった。

少し小さな感覚をイメージしていただくことに切り替えてやってみた。

続けて来て下さる度に、少しずつ自分で考えて意識されて
どなたもよくなられている。
開脚前屈から、後ろに回せる人が続出!

背骨の動き

これも、「脚を開く」ことに重きを置かず
体幹をしっかり引っ張ること。
やはり肩甲骨を留める意識がなければ
自分では引っ張ったつもりだが
お腹や背中が充分伸びず、縮んだり

「中心に集め」引き合う意識がありながら伸ばしていくが
その感覚がイメージできた人も多かった。

継続して来て下さって、1年くらいになる方もあって
下腿O脚を自分でイメージして、無駄な力なく調整することが出来るようになった人もいた。
ご自分でもびっくりされていたが、これも継続と
自分自身で意識を習慣化して試行錯誤することを繰り返して来られた成果だと思う。

良くなって下さる方たちを見るのは楽しい。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこモダンバレエ研究所 [ホームページ]

ダンスインストラクター うまさきせつこ

兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL:090-1024-0048

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

12

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ
壁を使って前屈

9月27日、ご登録者の皆様に10月東京WSのご案内をお送りしております。ご登録されているのも関わらず万一、ご案内が届かない方がいらっしゃいましたらお手数です...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさん

「うまさきせつこのボディコントロール」で「バランスのよい体のつながり」をレッスン(1/3)

 「腰や膝が痛い」「腕が上がらない」などのトラブルを抱えているなら「ボディコントロール」を学んでみませんか? 「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさんが、「うまさきせつこのボディコントロール」のクラスを開いています。 「4...

うまさきせつこプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : うまさきせつこモダンバレエ研究所
住所 : 兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL : 090-1024-0048

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1024-0048

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

体の繋がりを感じた瞬間はとても気持ち良いものなんだとわかりました

レッスンの感想ですが、とても分かりやすかったです。 イメー...

F.S
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自然に日常生活で身につけられる体幹の感覚のヒントー椅子編
イメージ

 自然に日常生活で身につけられる体幹の感覚のヒントー椅子編 日常生活の中で、体幹主導で動く感覚を身につけ...

[ ボディコントロール ]

骨盤と脚を分け、体幹の推進力で送り出す
イメージ

 骨盤と脚を分け、体幹の推進力で送り出す この動画は体幹の中心から脚を分けて坐骨歩きのように、体...

[ ボディコントロール ]

スムーズでキレのある重心移動
イメージ

 スムーズでキレのある重心移動 重心移動する時、足主導でしてしまうと脚は重く、バランスは悪く、キレがな...

[ ボディコントロール ]

自分ではできないんです

 自分ではできないんです 「先生にしてもらったらできるんですけど自分ではできないんです」そうおっし...

[ ボディコントロール ]

膝裏、足首、ふくらはぎに力が入る
イメージ

 膝裏、足首、ふくらはぎに力が入る 「膝裏が固まってるんです~」見ると膝小僧の方向は下に落ちていました...

[ ボディコントロール ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ