コラム

 公開日: 2015-01-20 

腿を吊り上げず気持ちよく反るために

腿を吊り上げず気持ちよく反るために




体を反らそうとして、上に行くことばかりに頭が行ってしまい
下向きの意識がなく、特に立った状態では腿が吊り上り
きつそうな人は多い。
まずこの写真のように、寝た状態から体を反らしていく時に
イメージを持っておきたい。

私が自分でする時には、赤い線で書いている脚の付け根から内腿を引き込みつつ
遠くに抜いている。
坐骨から土踏まず、つま先への感覚は、緑の線のように強く長い矢印がひける感覚である。
部分的にではなく、坐骨を引きこみながら、これも長く抜いて、つながりが感じられる。
骨盤とは分けているのである。

そうすることで背骨は固まらないで、ひとつずつ順に伸ばしていくことができる。
肩甲骨もはがれた状態で位置もとどめているから、背骨は楽に使える準備ができている。


寝て行う時には意識している人も
立っている場合にはももを吊り上げて、固くしている人も見受ける。
これも骨盤と脚を分ける意識で、内腿は床方向に抜いている。
この写真では後ろに伸ばす脚は縮んでいる。
これも骨盤と脚を分けて、遠くに抜いていくと
赤い点線くらいまでは楽に伸びていく。

「床をしっかり踏んで」と言われて、足裏を強く踏む人もいるが
足裏は大事なところでも、体全体で言えば先の部分。
体幹からつながっている部分から、床への意識をイメージしたい。

小さな感覚だが、これをするとしないでは
体の自由度が違う。

※東京WSは午後のクラスをあとお1人で締めきります。
夜間のクラスも引き続き募集中です。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこモダンバレエ研究所 [ホームページ]

ダンスインストラクター うまさきせつこ

兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL:090-1024-0048

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ

マイベストプロのコラムの中で見たい記事を探す時には今まで、コラムの右上にある検索欄で探して頂くようにこのお知らせ欄でも提案させて頂いていましたが29...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさん

「うまさきせつこのボディコントロール」で「バランスのよい体のつながり」をレッスン(1/3)

 「腰や膝が痛い」「腕が上がらない」などのトラブルを抱えているなら「ボディコントロール」を学んでみませんか? 「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさんが、「うまさきせつこのボディコントロール」のクラスを開いています。 「4...

うまさきせつこプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : うまさきせつこモダンバレエ研究所
住所 : 兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL : 090-1024-0048

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1024-0048

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

元気をもらえる場所

自分の体が代わっていくのが明らかに実感できるので、やりが...

K.N
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
壁を使って背骨と股関節の感覚を覚える
イメージ

 壁を使って背骨と股関節の感覚を覚える 立っている時、膝を後ろに押してしまいますや「体幹の推進力」つな...

[ ボディコントロール ]

股関節、坐骨の感覚シミュレーション

  股関節、坐骨の感覚シミュレーション 片脚を回そうとするときは見た目には片方だけ動いて見えるけれど...

[ ボディコントロール ]

既存の意識をいったん抜く
イメージ

 既存の意識をいったん抜く 「既存の意識をいったん抜く」と、言葉にしてみれば今まで自分がこうだと思...

[ ワークショップ セミナー ]

下腿O脚改善
イメージ

 下腿O脚改善 昨日のコラム立っている時、膝を後ろに押してしまいますと、大きく関連するがO脚や下腿O...

[ ボディコントロール ]

立っている時、膝を後ろに押してしまいます
イメージ

 立っている時、膝を後ろに押してしまいます 普段、意識して気を付けておられてもふと気づいたら、「膝を...

[ ボディコントロール ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ