コラム

 公開日: 2014-12-28  最終更新日: 2015-02-20

骨盤の前後傾改善と内腿の可動域を広げるストレッチ

骨盤の前後傾改善と内腿の可動域を広げるストレッチ



骨盤と脚を分ける、分けないの差
のコラムでお待ち頂いていた動画です。
数年前には骨盤後傾し、開脚もたいして開かなかった彼女は
このストレッチをずっと続けて骨盤の状態を改善し
脚も180度開くようになり、腿も柔らかくなっています。

このストレッチを腕に余分な負荷をかけない状態で
脇の引き込みがわかりにくいとき参照)
股関節からの繋がりを意識して
(動画中の矢印の動きを参考に)
背骨をサンドした状態で行なうと
電車の車両や箱が前後するようなイメージで体幹が動き
体幹の意識ができることで、骨盤の前後傾の改善が可能です。

更に、この脚の開きを少しずつ慣らしていくと
内腿の無理のない可動域を広げていくことができますが
これの続きの展開は
骨盤の前後傾改善と内腿の可動域を広げるストレッチ2

昨日、骨盤が後傾している男性にしていただきましたが
骨盤と脚をしっかり分けることができ
まだ公開していないストレッチにつなげていくと
とても固くなっていた腿が柔らかく使え
「開かない」と言われていた脚が良く開きました。
さぞ固まっているだろうと思われた内腿もとても柔らかく伸びていました。

体幹の状態が内腿が伸びていくような状態になっていなかっただけで
元々の脚は自然な状態にさえ戻せば
充分な可動域があったわけです。

もともとは素直に動く体の方の方が多いのです。
日頃の生活習慣から、本来は自然に使える体が抑えられている場合が多いのです。
自分の本来の素直な体を少しずつ取り戻していきたいですね。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこモダンバレエ研究所 [ホームページ]

ダンスインストラクター うまさきせつこ

兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL:090-1024-0048

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ

マイベストプロのコラムの中で見たい記事を探す時には今まで、コラムの右上にある検索欄で探して頂くようにこのお知らせ欄でも提案させて頂いていましたが29...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさん

「うまさきせつこのボディコントロール」で「バランスのよい体のつながり」をレッスン(1/3)

 「腰や膝が痛い」「腕が上がらない」などのトラブルを抱えているなら「ボディコントロール」を学んでみませんか? 「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさんが、「うまさきせつこのボディコントロール」のクラスを開いています。 「4...

うまさきせつこプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : うまさきせつこモダンバレエ研究所
住所 : 兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL : 090-1024-0048

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1024-0048

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

諦めかかっていたことが魔法のように改善!

念願かなって、先生のレッスンを受けることが出来ました。 ...

O.J
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
体幹の底の感覚を覚えてそこからの方向付けを知る
イメージ

 体幹の底の感覚を覚えてそこからの方向付けを知る 昨日のWSでは、先日のWS体幹の推進力を覚えるとほ...

[ ワークショップ セミナー ]

体幹の底を床と水平にして確実に坐骨を感じること
イメージ

 体幹の底を床と水平にして確実に坐骨を感じること 「体幹の底」(股の底)を床に水平にする、と言われると...

[ ボディコントロール ]

怪我をしても飛躍のチャンス
イメージ

 怪我をしても飛躍のチャンス 昨日、レッスン前に着替えていたら生徒さんが「先生~」と話に来られた。数...

[ ボディコントロール ]

いらない力を抜いて最小限の力で使いたい
イメージ

 いらない力を抜いて最小限の力で使いたい 昨日のコラム股関節の折り込み方が感じにくいは、股関節のいら...

[ ボディコントロール ]

股関節の折り込み方が感じにくい
イメージ

 股関節の折り込み方が感じにくい 誘導されたり、寝た状態でしてみるときには股関節を折り込みや引き込みが...

[ ボディコントロール ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ