コラム

 公開日: 2013-09-12  最終更新日: 2014-08-22

背骨の意識で下を向かずに階段を下りる  うまさきせつこのボディコントロール

背骨の意識で下を向かずに階段を下りる




昨日、一昨日と「視線の方向」http://mbp-kobe.com/us-bodycontrol/column/39472/
「視線の方向2&ワークショップ再開」http://mbp-kobe.com/us-bodycontrol/column/39496/
のコラムを書いていますが
この「階段を下りる」を意識して欲しいための前段階として書きました。

膝や腰などに問題があると、踏み外すことに恐怖心があるのだと思いますが
下を向いて足元を確かめて、足を上から置いていくので
結構な負担をかけておられます。
本当に膝などを怪我されている場合は別ですが
膝そのものより、姿勢のバランスの悪さで膝に負担をかけている方は多いものです。
背骨からの送り出し、坐骨と膝の引っ張りなどが意識できると
負担が少なくなっていきます。

この動画では、背中から脚を送り出しているので、下を向くこともなく
骨盤の位置が変わることもなく、体の裏側からの意識で下りることができています。
足に体の重みがいっぺんにかかる形でなく
背骨に意識があるので、足は軽く送り出されて、重さが感じられません。
「足で歩く」のでなく「背骨の意識」で歩いているのです。

宝塚の舞台の大階段は、足裏の長さ分だけの幅がないと聞いたことがありますが
幅の細い大階段を下を向くことなく、踏み外すこともなく下りられるのは
背中から送り出して足を運んでいるからです。

以前、坐骨神経痛があり、ヘルニアの手術をされていて
きつい思いをされていた人が、レッスンの後、笑顔で
とても軽やかに階段を駆け下りて行かれたのを思い出しました。
http://ameblo.jp/setsuko-nightmere/entry-11204946074.html
背骨の意識で楽に階段を下りたいですね。

↓「うまさきせつこのボディコントロール」の詳細はここから
 うまさきせつこモダンバレエ研究所 
 せつこのゆったり自分コントロール

この記事を書いたプロ

うまさきせつこモダンバレエ研究所 [ホームページ]

ダンスインストラクター うまさきせつこ

兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL:090-1024-0048

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ

スマートフォンで動画が見られないという方のために。Firefox と言うブラウザでflashplayer のプラグインを組み込んで見て下さい。コラムをご覧いただいて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさん

「うまさきせつこのボディコントロール」で「バランスのよい体のつながり」をレッスン(1/3)

 「腰や膝が痛い」「腕が上がらない」などのトラブルを抱えているなら「ボディコントロール」を学んでみませんか? 「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさんが、「うまさきせつこのボディコントロール」のクラスを開いています。 「4...

うまさきせつこプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : うまさきせつこモダンバレエ研究所
住所 : 兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL : 090-1024-0048

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1024-0048

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

エレガントに子育て

腰痛、肩こりに関してはほとんどのママさん達がかかえる悩み...

T・H
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
腕や肩の力を抜く
イメージ

 腕や肩の力を抜く 昨日のコラム、脇を引き込むのに強い力はいりませんに引き続いて、どのように力を抜くか...

[ ボディコントロール ]

脇を引き込むのに強い力はいりません
イメージ

 脇を引き込むのに強い力はいりません 「脇を引き込んで」と言うと肩甲骨の端っこが脇の下でがちっと固ま...

[ ボディコントロール ]

肩甲骨をはがすのは何のため?
イメージ

 肩甲骨をはがすのは何のため? 肩甲骨はがしをするのに、肩の運動でなく肩甲骨を動かす感覚を覚えるなどの...

[ ボディコントロール ]

股関節を引き込んで脚を軽く上げる

  股関節を引き込んで脚を軽く上げる 開脚でも、前後開脚でも、長座で座る、体育座り、各種前屈、ジャン...

[ ボディコントロール ]

肋骨の中に心地よい流れがありますか
イメージ

 肋骨の中に心地よい流れがありますか 「肋骨を出してはいけません」の観念が強く肋骨をギュウギュウ締め...

[ ボディコントロール ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ