コラム

 公開日: 2013-03-17  最終更新日: 2017-05-18

股関節の余分な力を抜いて負担の少ない長い脚に

股関節の余分な力を抜いて負担の少ない長い脚に  うまさきせつ

股関節が詰まっていると脚が重くなります。
脚の付け根が固まっていると、腿の前に力が入って自由に動くのを
邪魔してしまいます。
骨盤を前に突き出して立っていると、背中が落ちて首がすぼまって
膝は曲がり・・と、あまり恰好がいいとは言えません。
まっすぐ立ち、楽に座り、颯爽と歩きたいですよね。

動画では意識して股関節の力を抜き、脚を長く伸ばすことにトライしてもらっています。




ダンサーも股関節が詰まっていると、自由な動きがうまくいかず
無理やり動かそうとして痛めてしまうことがあります。
常に力を抜くイメージを持ち、体にエネルギーが自在に通る体をゲットしておきたいですね。

関連記事:
股関節から足指までねじれのない脚の意識付け
股関節と背骨の動きを連動させて開脚前屈
股関節を入れ込み、骨盤の幅の中から脚を出すために
↓このコラムから
骨盤の前傾、後傾の間の感覚をみつける
を見るとわかりやすいです。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこモダンバレエ研究所 [ホームページ]

ダンスインストラクター うまさきせつこ

兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL:090-1024-0048

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

36

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ

マイベストプロのコラムの中で見たい記事を探す時には今まで、コラムの右上にある検索欄で探して頂くようにこのお知らせ欄でも提案させて頂いていましたが29...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさん

「うまさきせつこのボディコントロール」で「バランスのよい体のつながり」をレッスン(1/3)

 「腰や膝が痛い」「腕が上がらない」などのトラブルを抱えているなら「ボディコントロール」を学んでみませんか? 「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさんが、「うまさきせつこのボディコントロール」のクラスを開いています。 「4...

うまさきせつこプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : うまさきせつこモダンバレエ研究所
住所 : 兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL : 090-1024-0048

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1024-0048

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

この感覚を手放さないように

いつか神戸に行って受けたいと思っていた、先生のクラス。 ...

O.A
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
薄い膝下の感覚ー感じられるきっかけを作る
イメージ

 薄い膝下の感覚ー感じられるきっかけを作る お盆休み明け初めてのクラス。どうも膝下の感覚が薄い、という...

[ ボディコントロール ]

予告! 「痛くない開脚ができる体へ~」NHK文化センター西宮ガーデンズ
イメージ

 予告! 「痛くない開脚ができる体へ~」NHK文化センター西宮ガーデンズ この度、NHK文化センター西宮...

[ ワークショップ セミナー ]

立位体前屈ー床方向へのベクトルを意識して
イメージ

 立位体前屈ー床方向へのベクトルを意識して 立位体前屈をするときついと言う人を見ているとハムストリング...

[ ボディコントロール ]

股関節の外側が詰まる
イメージ

 股関節の外側が詰まる 股関節の外側が詰まる脚を投げ出した時に左右の足の向きが違う長年の習慣でそうな...

[ ボディコントロール ]

どこから体の流れを変えるか
イメージ

 どこから体の流れを変えるか 骨盤幅から脚が出て歪んだり、きつそうなところがなく足裏に流れが感じ...

[ ボディコントロール ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ