コラム一覧

1件~15件(1,348件)

過去の15件

脇を引き込むのに強い力はいりません

イメージ

 脇を引き込むのに強い力はいりません 「脇を引き込んで」と言うと肩甲骨の端っこが脇の下でがちっと固まってしまう人も多いのですが例えばこんなふうに脇を引き込む時、腕自体を床に付けようとするとそうなります。これに力はいらないのです。タオルを長く、床に向かって垂... 続きを読む

ボディコントロール

2017-01-24

肩甲骨をはがすのは何のため?

イメージ

 肩甲骨をはがすのは何のため? 肩甲骨はがしをするのに、肩の運動でなく肩甲骨を動かす感覚を覚えるなどの運動をするのはなんのため?という質問を頂きました。この答えはJIJICOでご依頼を頂いて書いた肩甲骨はがしはなぜダイエットにつながるのか?でも書いています。私は... 続きを読む

ボディコントロール

2017-01-23

股関節を引き込んで脚を軽く上げる

  股関節を引き込んで脚を軽く上げる 開脚でも、前後開脚でも、長座で座る、体育座り、各種前屈、ジャンプを軽くする安定した着地、脚を上げるためには股関節が折れ、引き込みができなければ、思うようにはなりません。このコラムでは、皆さんが飽きるほどいろんなアプローチか... 続きを読む

ボディコントロール

2017-01-22

肋骨の中に心地よい流れがありますか

イメージ

 肋骨の中に心地よい流れがありますか 「肋骨を出してはいけません」の観念が強く肋骨をギュウギュウ締めてしまいとてもきつい状態の肩をよく見かけます。押し付けた状態が普段の状態になっているので縮められてしまって自分の肋骨に触れられない人もいます。肋骨はべらっと... 続きを読む

ボディコントロール

2017-01-21

脚を上げたいけど膝が伸びないんです

イメージ

 脚を上げたいけど膝が伸びないんです きれいに膝を伸ばして脚を上げたいのに膝は伸びず曲がったまま前腿が痛くなってズルズル落ちる。そんな経験は誰にもありますよね。運任せでは脚は90度以上に上がってきれいに伸びる状態にはなりません。床に寝た状態でしていただきまし... 続きを読む

ボディコントロール

2017-01-20

I.Oダンスフレーム2017

イメージ

 I.Oダンスフレーム2017 明日、東京両国シアターχにて行われるI.Oダンスフレーム2017に出演させて頂きます。I・Oダンスフレーム20172017年1月20㈮・21㈯・22日㈰出演日    1月20日㈮19時~会場      シアターχ(JR総武線両国駅より西口左に3分・都営大江戸... 続きを読む

催し

2017-01-19

それでも股関節を引き込めなければ

イメージ

 それでも股関節を引き込めなければ 股関節の引き込みを腿裏の固さ3から遡って、段階を踏んでやってみて1つずつは出来たけれど、立位体前屈のような引き込み方や座っての引き込みがうまくいかない、という方。もっとストレートにやってみましょうか。こんなふうに膝から坐骨を押... 続きを読む

ボディコントロール

2017-01-18

腿裏の固さ3

イメージ

 腿裏の固さ3 腿裏の固さや腿裏の固さ2の続きを正座バージョンで。坐骨がかかとより遠くにあるように腿裏を長くして正座し下腹から股の底をくぐるように流れを送り、背骨がしなるようにする。同時に腿の裏を更に長く、体幹の底を後ろの正面に向けるつもりで送り出し、2つ折り... 続きを読む

ボディコントロール

2017-01-17

肩甲骨を左右つなげて坐骨を押す

イメージ

 肩甲骨を左右つなげて坐骨を押す 写真は肩甲骨を左右つなげて坐骨までつなげてみるのように椅子に半分お尻を載せた状態から左右の肩甲骨の繋がりを促しつながった肩甲骨下から坐骨まで流れを通して坐骨を下げ更に脚までつなげたもの。肩甲骨を動かす感覚ができると・・のマラ... 続きを読む

ボディコントロール

2017-01-16

試行錯誤を積み重ねる

イメージ

 試行錯誤を積み重ねる 今年最初のWS。神戸ではマイナス2度の寒さ。雪が降るのを心配していたが、朝は風は強く冷たいけれど雪はまだ降っておらず、胸をなでおろす。季節柄、インフルエンザや体調を崩されたりして急なキャンセルをされた方もあったが心配していた新幹線で来ら... 続きを読む

ボディコントロール

2017-01-15

腿裏の固さ2

イメージ

 腿裏の固さ2 昨日のコラム腿裏の固さでやっているように、立っているところからいきなり下腹からの流れを送りにくいと言う人は椅子、又は正座からどうぞ。椅子に座った状態から股関節を引き込み腿裏を長く後ろに引くようにして、2つ折りになってもらった。胸が腿に付くくらい... 続きを読む

ボディコントロール

2017-01-14

腿裏の固さ

イメージ

 腿裏の固さ 開脚でも、屈伸でも前屈でも「腿裏が固くて」と、苦労する人がいる。もともと腿の裏が固く出来ている訳ではなくて固く使う状態を自分が作っている、ということを理解したい。上半身・・体幹部分が意識できなければ腿裏を柔らかく使うことは難しい。脚なのにな... 続きを読む

ボディコントロール

2017-01-13

かかとを押してつま先までつなげる

イメージ

 かかとを押してつま先までつなげる 軸足がルルベ(つまだち)になる時も反対側の足も坐骨から(体幹から)かかとまでつなげるように押しさらに土踏まずを長く遠くに伸ばして体幹からの流れはつま先までつながっていく。昨日のレッスンでつま先があやふやだったのをしっかりやっ... 続きを読む

ボディコントロール

2017-01-12

肩甲骨を左右つなげて坐骨までつなげてみる

イメージ

 肩甲骨を左右つなげて坐骨までつなげてみる 左右の肩甲骨のつながりの意識をイメージするために椅子を使ってみるとイメージがしやすい。背もたれのある椅子が使いやすい。椅子に半分だけお尻を載せて椅子に乗っている方の脇を引き込んで背もたれを手首で押すようにする。... 続きを読む

ボディコントロール

2017-01-11

舞台出演のお知らせ

イメージ

 舞台出演のお知らせ 年が明けたらあっという間に本番日は間近。1月20日㈮  I.Oダンスフレーム(東京両国シアターχ)1月29日㈰  新春洋舞フェスティバル(大阪サンケイホールブリーゼ)2つの舞台に出演させて頂くことになりました。東京では「パンドラ」(ソロ)大... 続きを読む

催し

2017-01-10

1件~15件(1,348件)

過去の15件

RSS
お知らせ

スマートフォンで動画が見られないという方のために。Firefox と言うブラウザでflashplayer のプラグインを組み込んで見て下さい。コラムをご覧いただいて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさん

「うまさきせつこのボディコントロール」で「バランスのよい体のつながり」をレッスン(1/3)

 「腰や膝が痛い」「腕が上がらない」などのトラブルを抱えているなら「ボディコントロール」を学んでみませんか? 「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさんが、「うまさきせつこのボディコントロール」のクラスを開いています。 「4...

うまさきせつこプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : うまさきせつこモダンバレエ研究所
住所 : 兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL : 090-1024-0048

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1024-0048

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

適確でわかりやすい

限られた時間の中で、よくここまで身体の特徴を捉えてくださ...

U.T
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
脇を引き込むのに強い力はいりません
イメージ

 脇を引き込むのに強い力はいりません 「脇を引き込んで」と言うと肩甲骨の端っこが脇の下でがちっと固ま...

[ ボディコントロール ]

肩甲骨をはがすのは何のため?
イメージ

 肩甲骨をはがすのは何のため? 肩甲骨はがしをするのに、肩の運動でなく肩甲骨を動かす感覚を覚えるなどの...

[ ボディコントロール ]

股関節を引き込んで脚を軽く上げる

  股関節を引き込んで脚を軽く上げる 開脚でも、前後開脚でも、長座で座る、体育座り、各種前屈、ジャン...

[ ボディコントロール ]

肋骨の中に心地よい流れがありますか
イメージ

 肋骨の中に心地よい流れがありますか 「肋骨を出してはいけません」の観念が強く肋骨をギュウギュウ締め...

[ ボディコントロール ]

脚を上げたいけど膝が伸びないんです
イメージ

 脚を上げたいけど膝が伸びないんです きれいに膝を伸ばして脚を上げたいのに膝は伸びず曲がったまま前腿...

[ ボディコントロール ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ