コラム一覧

1件~15件(1,298件)

過去の15件

反り腰の人に注意してほしいポイント

イメージ

 反り腰の人に注意してほしいポイント 昨日のコラム&動画でなぜ座ってもらっているか?いろんな意識をしておお~!いい感じで立てている!と思っても、さてプリエ!という時体がまず後ろに行ってしまい腰を引いてしまう形になってしまうんですね。立った時に骨盤の中から... 続きを読む

ボディコントロール

2016-12-05

反り腰改善ー胸椎からのアプローチ

  反り腰改善ー胸椎からのアプローチ 反り腰の人は「背骨を上下に引っ張る」ということを頭では理解していても実際には「上下」の下側の感覚が足りず引き合うことが出来ません。体幹の底がイメージできるように椅子に座ってもらいました。この感覚は数日前に書いていた開脚は... 続きを読む

ボディコントロール

2016-12-04

体幹の意識を明確にする

イメージ

 体幹の意識を明確にする 年末のことでWSは2週続きに。急なご都合でキャンセルの方もあったがモチベーションは高く、始終笑いの絶えないレッスンになった。こちらもハイテンションだが、心を開いて来て下さる方たちと共有できる時間はありがたい。開脚は脚を開くのでなく体... 続きを読む

ワークショップ セミナー

2016-12-03

開脚は脚を開くのでなく体幹の底を考えて3

イメージ

 開脚は脚を開くのでなく体幹の底を考えて3 開脚は脚を開くのでなく体幹の底を考えて開脚は脚を開くのでなく体幹の底を考えて2と、2回に分けて書いてきたが更に股関節の引き込みの感覚が明確に感じられ脇の引き合い、肩甲骨の下げ方、背骨の引っ張り方と、体幹につなげることが実感と... 続きを読む

ボディコントロール

2016-12-02

開脚は脚を開くのでなく体幹の底を考えて2

イメージ

 開脚は脚を開くのでなく体幹の底を考えて2 昨日のコラム開脚は脚を開くのでなく体幹の底を考えてに引き続き、まず楽に座れない場合も考えて、昨日のやり方の距離を短くしてみた。表現が難しいが、「武士のような座り方」坐骨が踵より遠くに行くように座るときつくない。次に股関... 続きを読む

ボディコントロール

2016-12-01

開脚は脚を開くのでなく体幹の底を考えて

イメージ

 開脚は脚を開くのでなく体幹の底を考えて 開脚はー脚を開くーと書くので脚をグイグイ痛い思いをして開く努力をされる人が多いが骨の位置を考えて体幹の底を立てて、流れの方向を合わせて行くと痛みなく徐々に体幹の操作で脚が開いてくる。背骨を胸椎からしならせるようにするとき... 続きを読む

ボディコントロール

2016-11-30

繋がりの実感をプラス方向に向ける

イメージ

 繋がりの実感をプラス方向に向ける 自分の体を自分の思うように動かすことはとてつもなく遠い道に思えるが自分の主要な骨の位置を自覚し流れの繋がりを短い距離から感じていくことを繰り返していくと先はまだまだ遠くても今までとは違う体のあり方といい方向に向いていることを実感... 続きを読む

自分自身を高める

2016-11-29

自分の意志と体をつないで動きに反映させていく

イメージ

 自分の意志と体をつないで動きに反映させていく ボディコントロールを特化して時間をかけて体の感覚を育てていくことを始めてこれがどんなふうになっていくのか自分では想像もつかないままこの秋で4年ほどが経った。見た目にもはっきりわかるほど体が変化した人が増えて今年夏前... 続きを読む

自分自身を高める

2016-11-28

肩の痛い人の肩甲骨ストレッチ

 肩の痛い人の肩甲骨ストレッチ 昔、母が五十肩になった時のことを思い出す。お医者さんでは、痛くてもとにかく動かすようにと言われ母はうんうん言いながら方を回していたが辛そうだった。痛いと積極的に動かす気にはならないのだ。痛いのを無理して動かしても良くはならないと... 続きを読む

ボディコントロール

2016-11-27

心が上昇していく過程

イメージ

 心が上昇していく過程 昨日のWSは、いつも違う曜日のWSに来られている方東京のWSに来られている方初参加の方、怪我をされて手術間もない方などいつもと顔ぶれが違う方たち。様子を見ながらプログラムを多少変更して行なったがこちらの心配を気持ちよく裏切って下さる楽し... 続きを読む

ワークショップ セミナー

2016-11-26

股関節の引き込みと重心

イメージ

 股関節の引き込みと重心 股関節の引き込み具合と足裏の重心はしっかり関係している。股関節を引き込む時には背骨のしなりも関わってくるし、視線の方向もつながってくる。ヤンキー座り。楽に座れる、座れないはちょっとした意識の違い。楽に座れない時はお腹に力が入り、背骨が... 続きを読む

ボディコントロール

2016-11-25

そのルルベ、蓋開いちゃってますよ

イメージ

 そのルルベ、蓋開いちゃってますよ 5番でルルベとか、ターンする時に脚にたくさん隙間が空いてしまい「蓋開いちゃってるよ!」と注意されることはありませんか?蓋の開いているルルベ。体の中心から寄せられているのでなく足首で立ってしまっているので、体幹からの繋がりは... 続きを読む

ボディコントロール

2016-11-24

体幹の底を意識したアンディオール

イメージ

 体幹の底を意識したアンディオール 昨日のコラム体幹の底を意識したプリエでは、体幹の底がはっきり感じられて体幹と脚がはっきり分離できたうえで、送り出すことができると安定して無理のないプリエができることをお話ししているが今日は、その土台が出来たうえで、体幹から操作して... 続きを読む

ボディコントロール

2016-11-23

体幹の底を意識したプリエ

イメージ

 体幹の底を意識したプリエ 先日のレッスンで、体幹をイメージできたうえで脚の方向を合わせてプリエする感覚を実感してもらうために2番で立っておいて椅子に座ることをしてもらっていた。これは随分以前に書いている動画とコラム脚に負担をかけない体幹からのプリエと同じやり方だ... 続きを読む

ボディコントロール

2016-11-22

絶え間ない努力の賜物

先日、レッスンに行くと以前胸椎からアプローチする開脚の前段階の動画に出てもらっている方がとても嬉しそうに報告とお礼に来て下さった。この方はトレイルランニングと言う野山を7~80㌔駆け巡る、とても過酷な競技をされているが先週大会で年齢別女子で6位に初めて入賞されたら... 続きを読む

発想を変えて前向きに生きる

2016-11-21

1件~15件(1,298件)

過去の15件

RSS
お知らせ

スマートフォンで動画が見られないという方のために。Firefox と言うブラウザでflashplayer のプラグインを組み込んで見て下さい。コラムをご覧いただいて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさん

「うまさきせつこのボディコントロール」で「バランスのよい体のつながり」をレッスン(1/3)

 「腰や膝が痛い」「腕が上がらない」などのトラブルを抱えているなら「ボディコントロール」を学んでみませんか? 「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさんが、「うまさきせつこのボディコントロール」のクラスを開いています。 「4...

うまさきせつこプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : うまさきせつこモダンバレエ研究所
住所 : 兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL : 090-1024-0048

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1024-0048

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

趣味のチェロまでいい音になりました

先生にはどう感謝をお伝えしていいか分かりません! レッス...

Y.T
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
反り腰の人に注意してほしいポイント
イメージ

 反り腰の人に注意してほしいポイント 昨日のコラム&動画でなぜ座ってもらっているか?いろんな意識を...

[ ボディコントロール ]

反り腰改善ー胸椎からのアプローチ

  反り腰改善ー胸椎からのアプローチ 反り腰の人は「背骨を上下に引っ張る」ということを頭では理解して...

[ ボディコントロール ]

体幹の意識を明確にする
イメージ

 体幹の意識を明確にする 年末のことでWSは2週続きに。急なご都合でキャンセルの方もあったがモチベー...

[ ワークショップ セミナー ]

開脚は脚を開くのでなく体幹の底を考えて3
イメージ

 開脚は脚を開くのでなく体幹の底を考えて3 開脚は脚を開くのでなく体幹の底を考えて開脚は脚を開くのでな...

[ ボディコントロール ]

開脚は脚を開くのでなく体幹の底を考えて2
イメージ

 開脚は脚を開くのでなく体幹の底を考えて2 昨日のコラム開脚は脚を開くのでなく体幹の底を考えてに引き続き...

[ ボディコントロール ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ