コラム一覧

1件~15件(1,708件)

過去の15件

体幹の推進力を脚につなげる

イメージ

 体幹の推進力を脚につなげる 先日のコラム中心から分けるパンシェの流れは脚を上げていると言うよりも体幹の推進力を脚につなげて中心から分けている。肩甲骨の位置を明確にして突っ張り棒のように伸びた背骨、脇を脚までつながるようにまず四つん這いで感じてみる。中... 続きを読む

ボディコントロール

2018-01-23

中心に引き込み送り出し、体幹の推進力を感じる

イメージ

 中心に引き込み送り出し、体幹の推進力を感じる 先週土曜日のWS。多くをあれこれせずに、確実に体幹の推進力が感じられる意識付けをじっくりやらせて頂いた。肩甲骨から促す体幹の推進力でしていることとほぼ同じでも中心に引き込み送り出す感覚。どうすると抜けてしま... 続きを読む

ワークショップ セミナー

2018-01-22

体幹の推進力を使って坐骨歩き

 体幹の推進力を使って坐骨歩き うちでは、レッスンに来られる人たちは毎回、レッスンが始まるまでに自主的に坐骨歩きをされています。初めはただ、お尻で歩いているだけだったのが少しずつ体の繋がりが出来て今では推進力が生まれるようにただ「坐骨歩き」でなく他のことに繋... 続きを読む

ボディコントロール

2018-01-21

中心から分けるパンシェの流れ

イメージ

 中心から分けるパンシェの流れ 昨日のコラム中心から分ける前後開脚の流れと同じようにパンシェも前後に分けしかも中心に寄せて立てるようにしなければ軸足に乗り込んでしまうと自ら「脚を上げ」なければならない。ベクトルが引き合えるように張り合うと脚は無理なく、体幹からの... 続きを読む

ボディコントロール

2018-01-20

中心から分ける前後開脚の流れ

イメージ

 中心から分ける前後開脚の流れ 前後開脚を体の重みでできても単に前後開脚に似たものが出来ただけ。それはアラベスクやパンシェにはつながらない。体幹から前後に分けた脚に連動してくれなければあまり意味がない。前後開脚をしているが上の画像では前側のお尻に乗り込んでしま... 続きを読む

ボディコントロール

2018-01-19

明確に肩甲骨を繰り出し、背骨をしならせる

イメージ

 明確に肩甲骨を繰り出し、背骨をしならせる 昨日のコラム肩甲骨をはがす、脇の引き込みはピンポイントでなくのように、脇を大きく引き込んで肩甲骨の存在をしっかり感じられるようになると背骨が連動してくれるが更に肩甲骨をはがした感覚はそのままに繰り出すことができると、背骨... 続きを読む

ボディコントロール

2018-01-18

肩甲骨をはがす、脇の引き込みはピンポイントでなく

イメージ

 肩甲骨をはがす、脇の引き込みはピンポイントでなく 「脇を引き込む」「肩甲骨をはがす」ということを大事なことと認識して下さる方は多くなったがまだそれについての勘違いをしている人は多い。「脇を引き込む」「肩甲骨をはがす」というのはピンポイントで押したり、引き込ん... 続きを読む

ボディコントロール

2018-01-17

感覚の勘違いを修正する2

イメージ

 感覚の勘違いを修正する2 昨日のコラムに引き続いて載せきれなかったものを書いてみる。久しぶりに来られた人。背中が痛い、腰椎がへこんだように中に入っていると言うので見てみるとうわ!背骨を前に押して反っている。痛いところがもろに前に押されている。伏臥上体... 続きを読む

ボディコントロール

2018-01-16

感覚の勘違いを修正する

イメージ

 感覚の勘違いを修正する 自分で「こう使いたい」と思っているところが意思とは違う勘違いを体がしていることもある。体と意思のセンサーの違いを修正していくことも、すごく大事なこと。とてもいい笑顔で、蓮華座で座っているがこれも脚を組もうと思ってもうまくできない。... 続きを読む

ボディコントロール

2018-01-15

反り腰改善ー体幹をキープする意識付け

  反り腰改善ー体幹をキープする意識付け うちの教室には、反り腰タイプの人が多く背中が抜けたり、坐骨の感覚が感じにくい人も多いので反り腰の改善について、いろいろ考えてきましたがこの反り腰の人たちが自分たちでどうしたら、体幹が通る感覚を一時的にではなくずっとキープ... 続きを読む

ボディコントロール

2018-01-14

肩甲骨から促す体幹の推進力

イメージ

 肩甲骨から促す体幹の推進力 神戸での新年初のWS。当初、違うプログラムを考えていたが全員の体をチェックして感じるところがあったので急遽、プログラムを変更して肩甲骨から体幹の推進力を感じられるようにじっくりやってみた。今週の東京でもやってみたが、全員、位置... 続きを読む

ワークショップ セミナー

2018-01-13

体幹から踵、つま先に至る感覚ありますか?

イメージ

 体幹から踵、つま先に至る感覚ありますか? 東京でも、力の流れの感覚をしっかり感じてもらうと全く皆さんの状態が変わってきたので昨年末のコラム体幹につながる足裏もう少し補足しておく。前述のコラムから先のこと、つま先を伸ばしてみる。これを押した感覚は文章では説... 続きを読む

ボディコントロール

2018-01-12

意識と感覚の育ち方2

イメージ

 意識と感覚の育ち方2 意識と感覚は自分自身の毎日の生活の中でも間違いなく育つ。都合が合わずレッスンに来られることが少し開いたとして自分自身での模索を続けている時はこれでいいのか、心許なく不安な気持ちになるが一緒にレッスンした時には、受け止め方が以前と異なって... 続きを読む

ワークショップ セミナー

2018-01-11

意識と感覚の育ち方

イメージ

 意識と感覚の育ち方 六甲アイランドの火曜日クラスの初稽古。お1人が自分でしておられた座った姿勢から、カエル脚に開いて行かれる過程で意識の方向が既に体幹主導でなく脚だけに向いているのを見て、体幹側から使っていくように、じっくり修整した。「股関節がすごく固いと整骨... 続きを読む

自分自身を高める

2018-01-10

肩甲骨からの流れを模索する

イメージ

 肩甲骨からの流れを模索する 腕から動かすのでなく、肩甲骨からの流れで腕が使えるように同時に脇の感覚や股関節への繋がりを自分でイメージするためにこんなふうに模索してもらっています。四つん這いになって肩甲骨から主導で動かしそれにつれて腕への繋がりの感覚を自... 続きを読む

ボディコントロール

2018-01-09

1件~15件(1,708件)

過去の15件

RSS
お知らせ
壁を使って前屈

9月27日、ご登録者の皆様に10月東京WSのご案内をお送りしております。ご登録されているのも関わらず万一、ご案内が届かない方がいらっしゃいましたらお手数です...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさん

「うまさきせつこのボディコントロール」で「バランスのよい体のつながり」をレッスン(1/3)

 「腰や膝が痛い」「腕が上がらない」などのトラブルを抱えているなら「ボディコントロール」を学んでみませんか? 「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさんが、「うまさきせつこのボディコントロール」のクラスを開いています。 「4...

うまさきせつこプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : うまさきせつこモダンバレエ研究所
住所 : 兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL : 090-1024-0048

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1024-0048

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

趣味のチェロまでいい音になりました

先生にはどう感謝をお伝えしていいか分かりません! レッス...

Y.T
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
体幹の推進力を脚につなげる
イメージ

 体幹の推進力を脚につなげる 先日のコラム中心から分けるパンシェの流れは脚を上げていると言うよりも体...

[ ボディコントロール ]

中心に引き込み送り出し、体幹の推進力を感じる
イメージ

 中心に引き込み送り出し、体幹の推進力を感じる 先週土曜日のWS。多くをあれこれせずに、確実に体幹...

[ ワークショップ セミナー ]

体幹の推進力を使って坐骨歩き

 体幹の推進力を使って坐骨歩き うちでは、レッスンに来られる人たちは毎回、レッスンが始まるまでに自主...

[ ボディコントロール ]

中心から分けるパンシェの流れ
イメージ

 中心から分けるパンシェの流れ 昨日のコラム中心から分ける前後開脚の流れと同じようにパンシェも前後に分...

[ ボディコントロール ]

中心から分ける前後開脚の流れ
イメージ

 中心から分ける前後開脚の流れ 前後開脚を体の重みでできても単に前後開脚に似たものが出来ただけ。それ...

[ ボディコントロール ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ