プロTOP:うまさきせつこプロのご紹介

「うまさきせつこのボディコントロール」で「バランスのよい体のつながり」をレッスン(1/3)

「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさん

ゆっくりと時間をかけて「ゆがみがなく、美しく、使える体」に整えて

 「腰や膝が痛い」「腕が上がらない」などのトラブルを抱えているなら「ボディコントロール」を学んでみませんか? 「うまさきせつこモダンバレエ研究所」のうまさきせつこさんが、「うまさきせつこのボディコントロール」のクラスを開いています。
 「40代~60代ぐらいの生徒さんから、『きついことはできないけれど、何か健康に役立つことを教えてほしい』とリクエストされたことがきっかけです。ひとりひとりのコンディションに合わせ、軽いストレッチから始めてゆっくりと時間をかけてレクチャーしています。いきなり『開脚してください』『足を上げてください』なんてことは言いません(笑)。ゆるゆると運動しながら、『ゆがみがなく、美しく、使える体』を作るお手伝いをいたします」とうまさきさん。
 レッスンでは、まず自分の体の状態を確認することからスタート。骨の本来あるべき位置を認識していきます。
 「今までとは違う体の動かし方を知ってもらうために、私ども指導者がみなさんのボディに触れて誘導し、エネルギーの流れを感じてもらいます。また、その反対に私たちに触れて、イメージを深めてもらうこともできます」
 心臓から全身へ血液が巡るように内から外へ、すなわち背骨からパワーを送りだすような感覚をつかんでほしいと話します。
 「体幹から首や手足がしなやかに連鎖するのを実感して、『バランスの良い体のつながり』を体得してもらいます。例えば坐骨を後ろに引いてイスに座り、すっと肩甲骨を下げると前かがみの上半身が自然と起こされて、おなかまわりがすっきりします。全身はひとつのラインで通じているので、すべての動作に意識を払ってください。そして日常生活にも応用して、習慣化していきましょう。お1人ずつのカルテを作り、体の変化を記録します。体が変化を遂げた時、人に見せたくなるカルテになればうれしいです」

<次ページへ続く>

【次ページ】 受講生同士が助け合い、楽しみながら参加できるレッスンが魅力

最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
お知らせ

スマートフォンで動画が見られないという方のために。Firefox と言うブラウザでflashplayer のプラグインを組み込んで見て下さい。コラムをご覧いただいて...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

うまさきせつこプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : うまさきせつこモダンバレエ研究所
住所 : 兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-15 ジ・アンタンテ・フィットネスクラブ内スタジオ2 [地図]
TEL : 090-1024-0048

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1024-0048

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

不思議! 力まず自然で楽しい!

皆さんが書かれているように 私もせつこ先生の流れの誘導に虜...

N.S
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(10

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
方向を股関節、脇で変える
イメージ

 方向を股関節、脇で変える 体の方向を変える時脚から変えていると体がねじれ不安定。股関節、脇を意識し...

[ ボディコントロール ]

反り腰の人に注意してほしいポイント
イメージ

 反り腰の人に注意してほしいポイント 昨日のコラム&動画でなぜ座ってもらっているか?いろんな意識を...

[ ボディコントロール ]

反り腰改善ー胸椎からのアプローチ

  反り腰改善ー胸椎からのアプローチ 反り腰の人は「背骨を上下に引っ張る」ということを頭では理解して...

[ ボディコントロール ]

体幹の意識を明確にする
イメージ

 体幹の意識を明確にする 年末のことでWSは2週続きに。急なご都合でキャンセルの方もあったがモチベー...

[ ワークショップ セミナー ]

開脚は脚を開くのでなく体幹の底を考えて3
イメージ

 開脚は脚を開くのでなく体幹の底を考えて3 開脚は脚を開くのでなく体幹の底を考えて開脚は脚を開くのでな...

[ ボディコントロール ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ