坂部智子

さかべともこ

神戸・長田の宅配ショップ ともべぇ

[ 神戸市長田区 ]

コラム

 公開日: 2017-11-07 

陽だまりの中で

日曜日、母は今回、日帰りでの帰宅だった。
言い訳はたくさんある。
・気密性の低いウチの家では、天気予報以上に寒暖差が激しく、施設で快適な室温で過ごしているのとのギャップがこわくて・・・
・施設では品数もたっぷりのソフト食を用意してもらっているけどそれに見合う母用の食事がとても用意できない・・・(入院前までは家族とほぼ同じモノを食べていたから一気にハードルが上がった・・・)
・誤嚥性肺炎を恐れるあまり、どこまでの口腔ケアができたらいいのかワカラナイし怖い・・・
要は、いろんなことに全く自信が無い。
無いなりにも取り組む体力、気力も無い、足りなかったのだ・・・

施設側は、それでも「イイですよ」と言ってくださったので、母とこちらの体調、あれやこれやの事情、気候などを踏まえて、少しずつ慣れていくようにさせてもらうことにした。

で、
母は、お昼前に帰って来た。
玄関で新しい室内用の車いすに乗り替えて、ウチの特等席(陽の当たる窓辺)へGO!
明るい自然光の中で、爪を切った。
伸びて不細工(失礼)になっていたから鼻毛も切った。
耳掃除もした。
老眼鏡を愛用するようになってしまっている娘(ワタシ)には、このおひるまの明るさは、なんと助かることか。
すぐ横では、いつもの三線ライブ(?)も開催されており、なんとものんびりゆったりとした中で、母のあちこちがキレイになっていった。
母は、気持ちよさそうにコックリしだす。
時間に追われないというのがなによりだった。

食事は、難しくは考えないことにした。
時間を気にせず、母がしっかりと目を覚ましている時に、
普段はなかなか食べられない母の好きなモノを食べてもらおうと思った。
今回は、懐かしのいちごのフルーチェと旬のいちじく。
主食にと買ってた“あんドーナツ”はやっぱり無理だった。(←そりゃあかんよな・・・)
9月の入院以来、自然のままの形があるものを食べてはいないので、いちじくも大チャレンジだったのだ。
パックのいちじくを全部剥いてみて、種の粒が一番目立たないのを選んで、小さいカケラをスプーンにのせて口へ・・・
もぐもぐと口を動かした瞬間、母の表情が「お゛~!!!」となった!!!
吹き出しにセリフを入れるとしたら、
「おっ!これは知ってる味」
「なんやったっけ??」
「そうや、あれや!!!」
そこに“いちじく”という名前がつながったかはわからないけど、母にとって、“知ってる懐かしい味で、好きで美味しい”モノを食べたと、表情だけで、そうわかった。
バクバク食べた。ぺろりと1個全部。
ちゃんと噛んで、むせもせず。
嬉しかった!
これだけで、家に帰って来た甲斐があるよな~なんて、調子にのってしまう。

そうこうしている間に、お迎えの車がやってきた。
上着を着せていると、母は一瞬「なんで?」という顔をした・・・ごめんね・・・
前から手をひいて、後ろから私が抱えて、よいよいよい~と云うとちゃんと足を一歩ずつ出して歩く。
家での母の姿を初めて見た?スタッフさんだったので、すごい~とおどろいてはった。
あっさり外用車いすに座って、車に乗って、今回の帰宅はおしまい。

お昼前から夕方までの5時間ほどの帰宅。
今までの土曜の晩のお泊り帰宅と比べると、ほんとに短い時間。
でも、家事雑事、せなあかんことに追われるので、起きている母のそばで過ごす時間としては、こっちのほうが長いぐらいかな・・・
なんて、
自分の都合に合わせた、自己満足の帰宅だという反省と自己嫌悪に陥りつつも、母の笑顔、表情にすくわれている。
なにより、こんな勝手な関わりを受け入れてくれている小規模多機能施設には、ほんとにお世話になっています。
共倒れにならずに、細々でも働きながら、なんとか母との時間をもてていることに感謝しています。


ちょうど新聞に「母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記」の紹介が載っていた。
男性による親の介護が増えており、家族に頼りがちな日本の介護システムの課題を浮き彫りにしている・・・とある。
特に息子介護では、問題が起きても自分で解決すべきと思いがちで、ぎりぎりまでSOSを出さず疲弊する人が多く「無口な介護」になりがちだそうだ。


私なんてSOSを出しまくっている。
ここにもなんでも書きまくっているし。
(いいとか悪いとかよりは、性分やね・・・)

でも、どうであっても、
「家族だけでは絶対に無理」なのだ。
そのことを知ってもらう必要が、もっともっとあるのだと、改めて、強くおもう。

この記事を書いたプロ

神戸・長田の宅配ショップ ともべぇ [ホームページ]

坂部智子

兵庫県神戸市長田区久保町6-1-1 アスタくにづか4番館2F アスタ新長田・オールインワンオフィス9号室 [地図]
TEL:078-647-3152

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
坂部智子 さかべともこ

本当に必要なコトを提供できる、介護の橋渡しを(1/3)

 介護用品の宅配ショップ ともべぇは、福祉業界でキャリアを積んだ坂部智子さんが代表を務め、長田、須磨を中心に神戸エリアを自ら配達員として出向きます。「宅配するのは紙おむつや杖、シルバーカーなど。特に紙おむつなどの消耗品は欲しい種類、量をパ...

坂部智子プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : 神戸・長田の宅配ショップ ともべぇ
住所 : 兵庫県神戸市長田区久保町6-1-1 アスタくにづか4番館2F [地図]
アスタ新長田・オールインワンオフィス9号室
TEL : 078-647-3152

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-647-3152

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

坂部智子(さかべともこ)

神戸・長田の宅配ショップ ともべぇ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
便りがないのは

「便りが無いのは良い便り」というのに勝手に乗っかって、またまた更新が滞っている・・・スミマセン。しかし...

無事に受診

先週の金曜日、久しぶりのおだやかな陽射しの中、母は無事に初めてのクリニック受診ができました。小規模多機能...

「その後」のあとの母

あれから、一度母はお泊りで家に帰って来た。室内用6輪車いす(ティルト機能付)を試しなんとかトイレにも行け...

その後の母

誤嚥性肺炎と熱性けいれんでの入院後3週間ほどで退院。小規模多機能施設では、ソフト食を用意してもらい、時間...

笑っていられたら

おそくなりましたが、母は無事に退院しています。約三週間ぶりにベッドから降りて、車いすに座り、いつもの送...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ