コラム

 公開日: 2013-10-15 

脳梗塞後のうつ状態

3年前に脳梗塞で倒れましたが、治療の甲斐あって職場復帰している
方があります。復帰後は手足の麻痺は業務をするのには問題ないほど
に回復しており、実際に問題ない状態になっていました。彼は40代
の男性社員です。管理職でしたが、復帰後は仕事に対する意欲がなく
なっており、職場をまとめるのも難しい状態でした。

産業医として2年前にも面談して、『うつ状態』と判断して専門医の
受診をすすめましたが、本人が拒否されており通院されませんでした。
その後に降格となり、職場が変更となりました。業務負担は軽くなって
やり易くなるのではと想像していましたが、ほとんど業務意欲は変わり
ませんでした。今年の6月頃より、これまでよりもますます表情が悪く
なっていると聞きましたので、産業医面談実施しました。産業医判断
としては『うつ病の疑い』として、専門医受診を今回は約束しました。

1か月後の面談では、見違えるほど生き生きとしており、表情がかなり
良くなっていました。薬が著効したようです。しっかりと眠れており、
食欲も戻っていました。この苦しかった2年間が嘘のように‥。

もっと早くに専門家受診を強要するべきだったのかもしれません。
反省です。

脳梗塞後のうつ状態でも改善するものですから、諦めずに治療しましょう。

この記事を書いたプロ

つじがみクリニック

医師 辻上周治

兵庫県神戸市灘区烏帽子町2丁目3-24 つじがみビル1階 [地図]
TEL:078-881-8888

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ

つじがみクリニックとの産業医契約を頂いております企業様の担当者様へ。メール・電話でも構いませんので、相談等がありましたら連絡をお願いします。面談等は必要...

スタッフより

1月からスタッフからの情報発信を開始します。不定期ですが、覗いてくださいね。

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
つじがみクリニックの辻上周治さん

企業を支える従業員のメンタル・ヘルスケアをサポートする産業医(1/3)

 従業員のメンタル・ヘルスケアに不安を感じている人事担当者も多いのでは? 新神戸にある「つじがみクリニック」の院長・辻上周治さんと協力体制の医師たちは、産業医として数多くの企業をサポートしています。 「労働安全衛生法のもと、50人以上が所...

辻上周治プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

うつ病(メンタル不調)の面談を年間1000件以上対応中

医院名 : つじがみクリニック
住所 : 兵庫県神戸市灘区烏帽子町2丁目3-24 つじがみビル1階 [地図]
TEL : 078-881-8888

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-881-8888

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

辻上周治(つじがみしゅうじ)

つじがみクリニック

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

いつもどんな時でも、

いつもどんな時でも、気持ち良く対応して頂き、心ある診察に...

T
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
インソール

つじがみクリニックで、インソールやSwimExの話を安田浩一さんから伺いました。スポーツ選手、けがをしている競技...

[ 支える医療サービス ]

医の力

 『医の力』は楽しく読めました。著者には到底及びませんが、同じようなことを考えている人はいるものだなあとあ...

[ 在宅医療 ]

ラインケア(産業保健)

お願いしている業務は増やしていないのに、残業が多くなっているなあと気になって、部下に声掛けをした課長さん。...

[ 産業保健 ]

有害物についての対応手順(基本的な考え方)

①「使わないですむなら使わない」②「外に出さないようにする」③「人を近づけない」④「すばやく吸い込む」⑤「う...

[ 産業保健 ]

アナフィラキシーに備えて(産業保健)

ある企業の研究部門で動物実験をしていますが、その動物実験担当者がアナフィラキシーを起こす可能性に備えて、エ...

[ 産業保健 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ