コラム

 公開日: 2016-05-13 

悩んでいる部下の話を上手く聴くポイント【管理職向け】

企業での管理職研修をしていてよくお伝えするのですが、相手の話の聞き方には、「聞く」と「聴く」があります。

「聞く」は通常の会話でいうところの聞くです。

一方「聴く」は相手の思っていることを理解しようとして聴くことであり、
傾聴であったり、アクティブリスニングと言ったりします。

仕事をしているときは、多くは「聞く」ことが多いとは思いますが、
例えば、部下の方から相談を受ける際には「聴く」必要があります。

では、聴くためには、何をすればよいでしょうか?

実はコミュニケーションの成立要素は、アルバート・メラビアン博士の研究によると、

・顔の表情  55%
・声の質や大きさ 38%
・話す内容     7%

であるとされています。

実際には、言葉以外のノンバーバルコミュニケーションが93%を占めていることとなります。
よく傾聴といえば、相手のいうことを繰り返せばよいのでしょう?
と誤った理解をされている管理職の方がおられます。
実際には例えば姿勢や腕くみをしているか、目はどこを見ているかといったことのほうが傾聴には大切になってきます。

あなたの職場で、部下を立たせたまま、腕を組んで話を聞いている方はおられませんでしょうか?

そのような職場では、まず管理職のコミュニケーションスキル研修が大切です。

上司に聴きやすい環境を作ることで、メンタルヘルス対策になり休職者を予防するだけではなく、
業務の効率化にもつながります。

★経営者と従業員がともにハッピーな会社作りをサポートします★
三谷社会保険労務士事務所

この記事を書いたプロ

三谷社会保険労務士事務所 [ホームページ]

社会保険労務士 三谷文夫

兵庫県三田市天神3丁目37-25 [地図]
TEL:0795-58-8815

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
三谷社会保険労務士事務所の三谷文夫さん

中小企業の労務管理をサポートする社会保険労務士(1/3)

 「三谷社会保険労務士事務所」で、労働保険や社会保険の手続き、就業規則の作成、人事制度の構築、助成金の申請、給与計算代行などの労務管理で中小企業をサポートしている三谷文夫さん。「これからは組織力向上を望んでいる企業様向けに、メンタルヘルス、...

三谷文夫プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

組織力アップのための管理者向け研修

事務所名 : 三谷社会保険労務士事務所
住所 : 兵庫県三田市天神3丁目37-25 [地図]
TEL : 0795-58-8815

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0795-58-8815

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

三谷文夫(みたにふみお)

三谷社会保険労務士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

報連相研修が良かった!

「報連相の研修にいたってはすごく自分のスキルアップにつな...

K・A
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
中小企業の採用の相談事例

先日、福祉施設の経営者から、採用に関する相談がありました。「事務員が、近い将来定年で辞めるので、次の事...

[ 採用 ]

ストレスチェック制度が始まって一か月。中小企業の対応は?

昨年12月にストレスチェック制度が始まって、一か月が経ちました。まだ一か月なので、ストレスチェックを実際に...

[ 労務管理 ]

中小企業が紙ベースでマイナンバーを管理する際の注意点

中小企業ではシステムを入れてマイナンバー管理できるところはあまりないのではないでしょうか。「とりあえず様...

[ マイナンバー ]

中小企業のマイナンバー対応で本当に最低限必要なこと

年の瀬も近づき、来年1月からはいよいよマイナンバー制度がスタートします。通知カードの配達状況は、12月7日現...

[ マイナンバー ]

はじめまして。

皆様、はじめまして。社労士の三谷文夫です。就業規則のことなら、ぜひ三谷までお問い合わせください。フット...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ