コラム

 公開日: 2015-08-22 

歯に染みるのは知覚過敏?それとも虫歯?痛みの違いで原因を見極め適切な治療を

知覚過敏と虫歯の見分け方


知覚過敏とは、象牙質知覚過敏症とも呼ばれています。
歯の外側のエナメル質(セメント質)が傷つき、その下の象牙質が露出し、冷たい食べ物や歯ブラシ、冷たい風などの刺激が直接当たることによって痛みを感じることでおこります。
歯の一番上の部分よりも、エナメル質のほとんどない歯の根元部分でよく起こります。

知覚過敏になると「冷たいもの、熱いものが歯にしみる」といった問題が起こりますが、この症状は虫歯の初期症状と似ているので、自分がどちらの病気なのかわかりにくいことがあります。

大まかにいうと、知覚過敏の場合、痛みが食べ物を食べた時だけにおこり長く続かないのに対し、虫歯の場合は、痛みを慢性的に感じます。
また歯がしみる部分をたたいても、知覚過敏なら痛みを感じませんが、虫歯なら歯の奥まで響くような痛みを感じます。
どちらの場合でも、すぐに歯科医の検査を受けて治療を始めて下さい。

症状に合わせた治療で知覚過敏を早く治しましょう


知覚過敏は、その症状に合わせて治療法が色々あります。

症状が軽い時や予防目的では、知覚過敏専用の歯磨き粉が便利です。
この歯磨きは、薬用成分の硝酸カリウムが配合されており、露出した象牙質をカバーして、外からの刺激を緩和する効果があります。
もし1~2週間使用しても症状が改善されないなら、歯科医師の診察を受けて下さい。

しみる症状が毎日出る時は、歯科医で歯に薬を塗布してもらいましょう。
フッ化物配合の薬が使われることが多いのですが、レジン(樹脂)・歯科用セメントを直接歯の象牙質の上にコーティングすることもあります。
これらの治療は、その効果が永久には続かないので、その後も定期的にメンテナンスが必要になります。

知覚過敏の代表的な原因に「歯ぎしり」があります。
ストレスや疲れといった原因から起こる歯ぎしりの癖をすぐになくすことは難しいので、このような時は、マウスピースを利用し、歯ぎしりによるエナメル質などの歯の組織が破壊されるのを防ぎます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    
すでに歯周病にかかっているために知覚過敏が起こっている場合は、歯周病の治療も同時に行いながら、薬の塗布、マウスピースも使って治療を進めます。

知覚過敏が治療をしても改善されない時は、歯の神経を抜いてしまうこともあります。
神経がなくなると歯のしみや痛みを感じることがなくなります。
ただしこの方法を使うと、歯の変色、歯が壊れやすくなるといったデメリットがあるので、歯科医とよく相談しなければなりません。

自覚症状が出てからの治療よりも、予防歯科や定期健診が大切


知覚過敏でも虫歯のどちらの病気にかかっていても、症状に気がついた時は、病気がかなり進行していることがあります。
また症状がひどくなければ、つい歯科医院に行くのが遅れてしまい、取り返しがつかない状況まで病気が進行してしまうことも。

歯科医院とのお付き合いは、病気になってからと言うよりも、病気にならないように通う方が患者さん自身の負担もかかりません。

定期健診を受けながら、生涯自分の歯で健康に暮らしませんか。

この記事を書いたプロ

医療法人社団春藤歯科医院 [ホームページ]

歯科医 春藤泰之

兵庫県神戸市垂水区舞子台6-10-3 久保ビル2階 [地図]
TEL:078-782-8241

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
春藤泰之 しゅんどうやすゆき

接客・接遇向上の取り組みで、歯科医院のイメージを変える(1/3)

JR舞子駅からほど近い立地で30年あまり患者と向き合う春藤歯科医院。院長の春藤泰之さんは「ただでさえ『痛い、怖い』という方が多い歯科医院の印象を変えるため、接客や接遇には特に力を入れています」と話します。一歩足を踏み入れると、スタッフと...

春藤泰之プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

接客・接遇などのサービス向上に院全体で取り組んでいます

医院名 : 医療法人社団春藤歯科医院
住所 : 兵庫県神戸市垂水区舞子台6-10-3 久保ビル2階 [地図]
TEL : 078-782-8241

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-782-8241

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

春藤泰之(しゅんどうやすゆき)

医療法人社団春藤歯科医院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
銀歯をセラミックで白い歯にして目立たなくする方法

 歯の治療跡がほとんどわからない画期的なセラミック治療とは セラミック治療とは、従来、欠損した歯の治療...

[ ホワイトニング・クリーニングで白い歯を ]

歯列矯正に年齢制限はある?~大人の矯正のススメ~

 大人になってから始める歯列矯正のメリットとは 歯列矯正は大人になってからも始めることができます。...

[ 歯並びと顎関節症 ]

歯にできた黒い点の正体は本当に虫歯なのか?

 黒い点 磨いても取れないのはなぜ? 毎日歯を磨いていても、歯の健康維持は難しいものです。歯を磨いて...

[ 虫歯のトラブルと治療方法 ]

歯を白くしたい!ホワイトニングの効果を最大に高めるためのコツと注意点

 早く確実に白い歯をゲットできるホワイトニングの歴史 ホワイトニングとは歯を白くする方法で、大きく分け...

[ 虫歯のトラブルと治療方法 ]

歯の詰め物が取れた!歯医者にすぐにいけない場合の対処法

 詰め物が取れた後、歯医者に行くまでに注意すること 食事中に突然口の中で「ガリッ」と音がしてびっくりす...

[ 虫歯のトラブルと治療方法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ