コラム

 公開日: 2017-01-11 

「美味しいね~」 を聞きたくて!

今朝も笑顔で朝をお迎えでしょうか。
昨日は1月10日。本えびすの日でした。

商売繁盛を願う笹を、
手にした人たちの笑顔が行き交っていました。

また毎月10日は、スタッフに私の手作りの料理を食べて貰っています。

定番は、丹波篠山の黒豆をたっぷり入れたおこわ。
蒸し器で蒸しあがったら、それを大きめのオニギリにして事務所に運んできます。

冬は、おでん、豚汁、粕汁、お雑煮・・この中から一品作ります。

昨日は「おでん」にしました。
直径50センチ以上の深い大鍋で炊きます。

2日前からたっぷりの昆布で出汁を取り、たくさんの具材を入れて炊き、火を止め
休ませ、また火を入れる。

よく味が染み込んでいました。

昼前から、一人、また一人とスタッフが事務所に集まってくれます。

好きなものを、好きなだけ自分で取って食べていただいています。

みんなの第一声は「美味しいね~ よく味が沁みているね~」

その声を聞くだけで幸せな気持ちになります。
「美味しいね~」が聞きたくて、コトコト、コトコトと炊いていました。

できるだけいい具材を使い、手間をかけて
スタッフの顔を思い浮かべながら、作ります。

あるスタッフは、滅多にしないお代わりをしてくれ
そのことも嬉しかったです。

みんなで、ワイワイ、話しながらの食事は、豪華なご馳走でなくても
美味しいですね。

その食事の原点は、今は亡きお客様です。

その業界では名前の通った会社の創業者の会長さんとの出会いです。

「家事サービスの見積もりに来て欲しい」とのご依頼。
マネージャーは別件で動けなくて、私が代わりに見積もりに。

会長さんとは、初対面でしたが、お話が楽しく為になることばかり。
思わず身を乗り出し、見積もりそっちのけで、会長さんの話に聴き入っていました。

前にも書きましたが、会長さんは、松茸の季節になると神戸の中央市場に
松茸をたくさん買いに出向かれ工場で働いている方々に、松茸のすき焼きを
振舞われるそうです。

大学生の孫娘が「おじいちゃん、まつたけは、まだ私たちも食べてないのに
なんで働いている人にあげるの?」と。

会長さんは「働いている人たちのお陰で、工場が動いているのやで。
家では子供や、旦那さんの為には作ったとしても、自分の口にはなかなか入らないと思う。
だからな~会社でたくさん食べてもらいたいんや!」
とお孫さんに教えたそうです。

その話を聞いてから、私もその会長さんを真似たい!と思いました。

高価な食材をふんだんに!とはいきませんが、手間をかけ心を込めて
用意しています。

今は亡き、会長さんの教えてくれた大切な生き方、考え方です。
「会長さん、素敵な事を教えてくださり有難うございました」

スタッフの「美味しいね~」は、最高のご褒美です。

話は変わりますが、
人口知能(AI)が加速度的に進化し、人間の仕事に取って変わられる
可能性が取りざたされています。
そんな中でどのようなスキルを身につけるべきか・・・
創造性や、教養、などの「人間力」を向上、と専門家は語っています。

心遣いや、相手の立場に立っての行動などは、まだまだ人間で無ければできないコト。
心の奥深くにしまい込んでいる、感性、感動する心、人を喜ばせたい!と思う気持ち
それを形にすること、等々 をもっと今に活かして行こうと思う今朝でした。

今日も、相手の喜ぶことをしてみませんか。
人の喜び我が喜びに!・・ですね。

皆さま、今日も素敵な一日を。


村山順子

この記事を書いたプロ

一般社団法人神戸暮らしの学校 [ホームページ]

講師 村山順子

兵庫県神戸市中央区坂口通6-1-17 [地図]
TEL:090-2426-9866

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
暮らしの学校について

村山順子が代表を務める「神戸暮らしの学校」は企業研修と地域活動を行う一般社団法人です。設立主旨は下記をごらんください。神戸暮らしの学校について

メディア掲載情報
ゼクシィ 花嫁の手紙

【神戸暮らしの学校事務局から】いつも村山のコラムをお読みいただきありがとうございます。結婚情報誌「ゼクシィ」2015年12月号特集「花嫁の手紙 厳選集」の...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
村山順子さん

経営者と従業員との絆を深め、企業経営にも生きる「手紙の力」(1/3)

インターネット全盛の今、手紙が脚光を浴びています。月に一度、神戸市勤労会館で「心を届ける手紙のセミナー」を開催しているのが、「ひまわりサービス」会長の村山順子さんです。自身の体験談を交えながら、手紙が持つ「素直な気持ちを届けてくれる力」につ...

村山順子プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

誰もが相手の心に届く手紙を書けるようになります。

会社名 : 一般社団法人神戸暮らしの学校
住所 : 兵庫県神戸市中央区坂口通6-1-17 [地図]
TEL : 090-2426-9866

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-2426-9866

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村山順子(むらやまじゅんこ)

一般社団法人神戸暮らしの学校

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

「心を届ける手紙」の大切さが良くわかりました。

手紙のセミナー 参加者アンケート -----------------------...

K O
  • 女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
『誰でも書ける手紙講座』のご案内
イメージ

こんばんは、村山順子です。最近、企業研修のご依頼が増えています。社内社外を通じて、素直な気持ちを伝...

社長手紙塾 村山順子のインタビュー動画をアップしました。

 村山順子インタビュー 

先ず、人に会う

先ず、人に会う!出かける!この事は、10年前、ある講演会で聞き、心に残っている言葉です!行動する事の大...

全ての人がゴールに

生まれてきた瞬間から 生きとし生けるもの すべてがゴールに向かって生きているのですね。人間も長い短いの...

感動しました!!

一昨日、第59回の『心を届ける手紙のセミナー』を開催しました。毎月第一日曜日の朝10時から11時45分まで、三宮...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ