コラム

 公開日: 2016-03-09  最終更新日: 2016-04-20

職恩

肌寒い朝を迎えています。
みなさま、今朝もとびっきりの笑顔ですか。

3月は別れと出逢いの季節。

ふと立ち止まり、来し方を振り返る時、多くの恩人たちの顔が浮かんできます。
命の元である両親は第一番ですが、今の仕事ができるのは誰のお陰様なの?
を自身に問うと、経営者の勉強会、モーニングセミナーでH先生に教えて頂いた「職恩」の話を思い出します。

H先生は「今の仕事が出来るのは誰のお陰ですか。
その方にどのようにお礼をしていますか!一回だけですか!毎月していますか!」と
当時の私が心に蓋をしていた部分に突き刺さるお話でした。
"どうしよう!"といても立ってもいられない気持ちになりました。

と言いますのは、自分では間違っていない!と思い、やむに止まれぬ思いでエイヤッと起業したのですが、
自分が経営者になり社長の気持ちや立場もわかるようになりました。ですが、その事をお詫びをし、
お礼が言えていませんでした。

その会社は専業主婦7人で立ち上げたお掃除の会社でした。
阪神淡路大震災の後、仕事がなくなりました。
何とか親友である社長に喜んで貰いたい!と思い飛び込み営業。
思いがけず定期的な大きなお仕事を頂き、会社は急成長。
すると、仕事の仕方にひずみも出て来ました。
「作業をやり直すか、値引きしてはどうでしょう」と、進言しますが聞いてもらえないことが多く悩みました。

そしてやむに止まれぬ思いで退社。
17年前、自宅の一室で起業しました。

程なく社長の大きさ、懐の深さを知りました。
「誰でも起業出来る」と思っていました。それは、仕事を私に任せてくれた社長のお陰様だったことに。

すぐにお礼とお詫びを申し上げたい!と思いました。
ですが、道で有っても当然のこととはいえ、名前の呼び方も「順さん」から「村山さん」になり、
避けているような距離感を感じ、次の言葉をのみ込んでいました。
お詫びとお礼申し上げたくてもを言えませんでした。
年賀状のやり取りはあるのですが、時間が経つほどに敷居が高くなりお会いしに行けませんでした。


H先生の話を聞いて直ぐに電話を入れました。年末でしたので忙しいからまた後で!とのことでした。
直ぐに思いのたけを素直に手紙に書き届けました。
お正月休みに社長から電話がかかりました。
その電話の一声は「順さん、今から行ってもいいの?」でした。

1月4日ふたりで4時間、積もり積もった事を話しました。
12年間蓋をしていた思いが取れて、何と心が軽くなった事か。

気づき即行動の私が、どうしても飛び越えれなかったことをH先生の
「職恩」の話は私の背中を強く押し勇気を与えてくれました。

「職恩」は私の新たな出発の原点です。

そんなことを思い出す春の朝です。

もしこのメルマガをお読みになられ、心にかかる事があるようでしたら、手紙を書いて見ませんか!
まず相手を思い浮かべ、素直な気持ちを話しかけるように手紙に書いて届けましょう。
その後、お会いすると良いのではないでしょうか。

今日もみなさまに良いことが有りますように。


村山順子





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


神戸暮らしの学校HP       http://kurashinogakkou.info/_cs?m=Days&c=267&u=1190

心を届ける手紙のセミナーHP   http://kurashinogakkou.info/_cs?m=Days&c=268&u=1190

この記事を書いたプロ

一般社団法人神戸暮らしの学校 [ホームページ]

講師 村山順子

兵庫県神戸市中央区坂口通6-1-17 [地図]
TEL:090-2426-9866

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
暮らしの学校について

村山順子が代表を務める「神戸暮らしの学校」は企業研修と地域活動を行う一般社団法人です。設立主旨は下記をごらんください。神戸暮らしの学校について

メディア掲載情報
ゼクシィ 花嫁の手紙

【神戸暮らしの学校事務局から】いつも村山のコラムをお読みいただきありがとうございます。結婚情報誌「ゼクシィ」2015年12月号特集「花嫁の手紙 厳選集」の...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
村山順子さん

経営者と従業員との絆を深め、企業経営にも生きる「手紙の力」(1/3)

インターネット全盛の今、手紙が脚光を浴びています。月に一度、神戸市勤労会館で「心を届ける手紙のセミナー」を開催しているのが、「ひまわりサービス」会長の村山順子さんです。自身の体験談を交えながら、手紙が持つ「素直な気持ちを届けてくれる力」につ...

村山順子プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

誰もが相手の心に届く手紙を書けるようになります。

会社名 : 一般社団法人神戸暮らしの学校
住所 : 兵庫県神戸市中央区坂口通6-1-17 [地図]
TEL : 090-2426-9866

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-2426-9866

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村山順子(むらやまじゅんこ)

一般社団法人神戸暮らしの学校

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

筆不精の私を変え得る楽しい1日でした

手紙のセミナー 参加者アンケート ------------------------...

須磨区
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(8

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
『誰でも書ける手紙講座』のご案内
イメージ

こんばんは、村山順子です。最近、企業研修のご依頼が増えています。社内社外を通じて、素直な気持ちを伝...

社長手紙塾 村山順子のインタビュー動画をアップしました。

 村山順子インタビュー 

先ず、人に会う

先ず、人に会う!出かける!この事は、10年前、ある講演会で聞き、心に残っている言葉です!行動する事の大...

全ての人がゴールに

生まれてきた瞬間から 生きとし生けるもの すべてがゴールに向かって生きているのですね。人間も長い短いの...

感動しました!!

一昨日、第59回の『心を届ける手紙のセミナー』を開催しました。毎月第一日曜日の朝10時から11時45分まで、三宮...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ