コラム

 公開日: 2015-12-07  最終更新日: 2016-04-18

親が子供に残せるものは?

おはようございます。
師走に入り寒い日が続いています。
週明けの月曜日、お元気ですか。

先週は目まぐるしい一週間でしたが、お陰様で一つ一つ予定通りさせて頂くことができました。
元気な身体を頂いたことに親先祖に感謝です。

先日、ある方と話をする中、気づかせて貰ったことがあります。

「村山さんは、4人の子供達の就職、結婚などの大きな問題の時はどうやって判断したの?
ご主人さんが亡くなっていたから困ったやろうね。」と。
私自身困ったとか、判断に悩むとか言うことはお陰様でありませんでした。

と言うのは、「亡き主人だったらどうするかな?」と思いを馳せると、直ぐに答えが出てきます。
主人は、子供や私が何かを始めたい!したい!と話すと、よく話を聴いてくれ後は大応援団に
なってくれました。

例えば次男が高校卒業と同時に「アメリカの大学に進学したい!」と私に話しに来たとき
「お父さん相談してみて」と話しました。
次男は夜遅く帰ってくる父親を待って「なぜ卒業と同時にアメリカの大学に進みたいのか」
自分の想いを主人に懸命に話していました。
主人はしっかり次男の話を聴き「分かった!」と日本の大学に進学してから留学をするようにと、
即留学することに反対する先生方を説得しに、高校にいきました。
お陰で、次男は希望通り高校卒業と同時にアメリカの大学へ進学することができました。
その後各国遊学、インドでのIT企業でのインターンシップ、大手外資系コンサルティング会社を経て、
それらの経験のなかもった目的に向けて邁進しています。
(「やまとごころ」http://kurashinogakkou.info/_cs?m=Days&c=221&u=1018 というインバウンドの活性化する会社を
観光庁ができる前から行っています。)主人の応援があったからです。

また長女は、大手製薬会社の研究所に勤めていましたが、
2年も立たずに「彼の故郷金沢について行きたい!結婚したい!」と突然話して来ました。びっくりしました。
娘は「資格のある仕事をしたい!一生働きたい」と話していた娘です。
やり甲斐のある仕事を辞めてでも、尊敬する彼と金沢にいきたいと真剣に話してくれました。
「主人だったらどう言うかな?」と思うと直ぐに答えが出ました。
「子供の話を聴いていつも大応援団!」 してくれた主人でした。

お陰様で子供たち3人に恵まれ幸せな暮らしをしています。仕事も子供達が学校に行っている間、
忙しい薬局を選んで働いています。(暇な薬局では、日進月歩する薬の知識に後れを取る・・・と
厳しい仕事場を選択をし仕事を決めたそうです)
家でも子供が寝てから勉強しているとのことでした。

親が子供に遺せるのは、お金でも地位でも名誉でもなく、親の後ろ姿、生き方だと思います。

私自身も困難に出会う時、母ならどうするかな?主人ならどうするかな?と思い
その背中をなぞりながら、迷うことなく生きていけます。

私も亡き主人のように子供の力になるような生き方をのこして行きたいと思いました。

やらないといけないことはたくさんありますが、身体は一つ。
手前から、目の前のことを精一杯。
自分に言い聞かせ出来ることを一つ一つ丁寧に行っていきます。

みなさまも今日からの1週間、お健やかで、
こころ軽やかな毎日になりますように。



村山順子



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

神戸暮らしの学校HP       http://kurashinogakkou.info/_cs?m=Days&c=222&u=1018

心を届ける手紙のセミナーHP   http://kurashinogakkou.info/_cs?m=Days&c=223&u=1018

この記事を書いたプロ

一般社団法人神戸暮らしの学校 [ホームページ]

講師 村山順子

兵庫県神戸市中央区坂口通6-1-17 [地図]
TEL:090-2426-9866

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
暮らしの学校について

村山順子が代表を務める「神戸暮らしの学校」は企業研修と地域活動を行う一般社団法人です。設立主旨は下記をごらんください。神戸暮らしの学校について

メディア掲載情報
ゼクシィ 花嫁の手紙

【神戸暮らしの学校事務局から】いつも村山のコラムをお読みいただきありがとうございます。結婚情報誌「ゼクシィ」2015年12月号特集「花嫁の手紙 厳選集」の...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
村山順子さん

経営者と従業員との絆を深め、企業経営にも生きる「手紙の力」(1/3)

インターネット全盛の今、手紙が脚光を浴びています。月に一度、神戸市勤労会館で「心を届ける手紙のセミナー」を開催しているのが、「ひまわりサービス」会長の村山順子さんです。自身の体験談を交えながら、手紙が持つ「素直な気持ちを届けてくれる力」につ...

村山順子プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

誰もが相手の心に届く手紙を書けるようになります。

会社名 : 一般社団法人神戸暮らしの学校
住所 : 兵庫県神戸市中央区坂口通6-1-17 [地図]
TEL : 090-2426-9866

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-2426-9866

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村山順子(むらやまじゅんこ)

一般社団法人神戸暮らしの学校

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

すごく感動的なセミナーでした。

手紙のセミナー 参加者アンケート ------------------------...

石田 百合薫
  • 女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
『誰でも書ける手紙講座』のご案内
イメージ

こんばんは、村山順子です。最近、企業研修のご依頼が増えています。社内社外を通じて、素直な気持ちを伝...

社長手紙塾 村山順子のインタビュー動画をアップしました。

 村山順子インタビュー 

先ず、人に会う

先ず、人に会う!出かける!この事は、10年前、ある講演会で聞き、心に残っている言葉です!行動する事の大...

全ての人がゴールに

生まれてきた瞬間から 生きとし生けるもの すべてがゴールに向かって生きているのですね。人間も長い短いの...

感動しました!!

一昨日、第59回の『心を届ける手紙のセミナー』を開催しました。毎月第一日曜日の朝10時から11時45分まで、三宮...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ