コラム

 公開日: 2015-11-24  最終更新日: 2016-04-18

感動の感想文

おはようございます。
3連休、自然を満喫された方もいらっしゃることと思います。
今朝も笑顔の朝をお迎えでしょうか。

一週間前の11月16日。
私は武庫川女子大学のキャリアセンターで後輩たちに講義をさせて頂きました。
100名の学部学年を超えた学生たちへの授業でした。

教室に入ると前の列が三列ほど空いており、後ろは満席状態でした。
教授は、学生たちに、後ろの席は空けて前からは座るように話されていました。
私は学生たちに
「私は、学生時代この最前列の中央の席が大好きでした。
しっかり聴いて先生の表情からも講義を学びたいと思ったから。
学費を出してくれているご両親に感謝の気持ちがあれば、先ずは学ぶ姿勢として、
前列に座った方がよく学べること」を講義が始まる前に結構辛口の話しをしました。

学生たちは、すぐに移動してくれ、前列がキチンと詰まった状態で始める事が出来ました。
「詰めてくれてありがとう!嬉しいな~」と笑顔で話すと
前列に移動した学生たちもニコッと笑顔がこぼれ講義は始まりました。

私の講義はパワーポイントではなくキーワードを模造紙に書いてホワイトボードに
貼りながらのアナログ講義です。
まずホワイトボードに私が大切にしている生き方の基本を貼りました。
「素直 ・謙虚・感謝」
其の後は彼女たちに伝えたい事を私自身の体験から話しました。
いつものことながら、だんだん熱が入ってくると早口になる癖が有ります。
「早口かな?」と聞きましたが大丈夫そうでしたので、
少し気をつけながらですが“伝えたい!”ことが溢れ出しとまりません。

学生時代、希望の公立高に行けなくて人生初めての挫折を味わいました。
沖永良部島から勉強をするために中学3年生の春休みに、1人親元を離れ
神戸の叔母宅に下宿しました。仕送りして貰っている私。他の友達とは違う!
勉強して卒業の時には「優等生」をとって卒業させてもらおう・・・
これが私に出来る親に喜んでもらう事!と思いお陰様で実現しました。

短大卒業後すぐに小学校教諭に。子供たちは教師を選べない。
未熟な私に受け持たれた子供達はかわいそう・・・・私が良い先生になるしかない!
放課後の教室を他の先生方に教室の鍵を借りて見せてもらい(当時は教室に鍵がかかっていました)
それを参考にしながら自分なりの教室運営をして行きました。

尼崎市全市の研究授業等も「子供達の為になるなら!」と取り組み、
当時の最新のオーバーヘッドプロジェクタも「子供達の為になるなら!」と積極的に取り入れていたこと。
今日1日で教師をやめても悔いない!と思えるぐらい全身全霊で取り組んだ5年間でした。

ですが、当初から教師になりたかったわけではなく、新聞社2次テストで落ちてしまい、
叔父の紹介で、産休の裏付け(出産で休まれる先生の代わり)の教師をしました。
その年に試験を受け正教員になりました。
どうしたら良い教師になれるか、そのことを一途に考え取り組んでいくときに
子供達の成長が嬉しくて有難くていつの間にか教師が天職と思えるようになりました。

「目の前のことに全力で取り組んで行く」と仕事が嬉しく楽しくなります。
“好き”を仕事にする人は少ないと思います。
目の前のことに一生懸命取り組んで行くと、やり甲斐を感じ、その仕事が楽しくなります。
この事を書き出すと止まらなくなります。

彼女たちの講義の感想を書いたコミュニケーションシートを教授から受け取って
読み始めたとき感動で、胸が一杯でした。彼女たちに確実に届いている!と思いました。
「気づいたことは即行動」思うだけではなく即行動します!と。
行動に移して行くことを ほとんどの学生が書いていました。
親に感謝すること、自分を好きになることなども書いていました。

質問も沢山有りましたがその中に「いつも周りの人の喜ぶことのためにしていて疲れませんか?」と。
思ってもいな質問でした。
目の前の人に、喜んでもらうためには、どうしたらいいのかを懸命に考えてしさせてもらっているだけなので、
そのことが嬉しくて。嬉しいと疲れないのですね。

コミニケーションシートを読み終わって、この喜び、湧き上がる喜びは何処から?と思うほどの感動感激でした。
40数年前、教師は天職だと思っていました。今また湧き上がってくる熱い想いに
「若い人にお伝えするのは私の天職!」だと思いました。
まだ68歳。やりたいことがまた見つかった!

またいつか、感想文の話の続きを書きますね。
もしか元気が出ない時にこの感想文を読むと、心が喜ぶことが
紙面一杯に書かれていて元気になれる宝物を頂きました。

ありがとう!素敵な後輩たち!

朝から長くなりました。
今日またとない良い一日。
気づいたことは即行動してみませんか。

今日も嬉しい事がいっぱい有りますように!


村山順子

---------------------------------------------------------------
神戸暮らしの学校HP       http://kurashinogakkou.or.jp

心を届ける手紙のセミナーHP   http://kokoronotegami.com

この記事を書いたプロ

一般社団法人神戸暮らしの学校 [ホームページ]

講師 村山順子

兵庫県神戸市中央区坂口通6-1-17 [地図]
TEL:090-2426-9866

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
暮らしの学校について

村山順子が代表を務める「神戸暮らしの学校」は企業研修と地域活動を行う一般社団法人です。設立主旨は下記をごらんください。神戸暮らしの学校について

メディア掲載情報
ゼクシィ 花嫁の手紙

【神戸暮らしの学校事務局から】いつも村山のコラムをお読みいただきありがとうございます。結婚情報誌「ゼクシィ」2015年12月号特集「花嫁の手紙 厳選集」の...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
村山順子さん

経営者と従業員との絆を深め、企業経営にも生きる「手紙の力」(1/3)

インターネット全盛の今、手紙が脚光を浴びています。月に一度、神戸市勤労会館で「心を届ける手紙のセミナー」を開催しているのが、「ひまわりサービス」会長の村山順子さんです。自身の体験談を交えながら、手紙が持つ「素直な気持ちを届けてくれる力」につ...

村山順子プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

誰もが相手の心に届く手紙を書けるようになります。

会社名 : 一般社団法人神戸暮らしの学校
住所 : 兵庫県神戸市中央区坂口通6-1-17 [地図]
TEL : 090-2426-9866

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-2426-9866

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村山順子(むらやまじゅんこ)

一般社団法人神戸暮らしの学校

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

今日は本当に良い勉強させて頂きました

手紙のセミナー 参加者アンケート -----------------------...

H H
  • 女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
『誰でも書ける手紙講座』のご案内
イメージ

こんばんは、村山順子です。最近、企業研修のご依頼が増えています。社内社外を通じて、素直な気持ちを伝...

社長手紙塾 村山順子のインタビュー動画をアップしました。

 村山順子インタビュー 

先ず、人に会う

先ず、人に会う!出かける!この事は、10年前、ある講演会で聞き、心に残っている言葉です!行動する事の大...

全ての人がゴールに

生まれてきた瞬間から 生きとし生けるもの すべてがゴールに向かって生きているのですね。人間も長い短いの...

感動しました!!

一昨日、第59回の『心を届ける手紙のセミナー』を開催しました。毎月第一日曜日の朝10時から11時45分まで、三宮...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ