コラム

 公開日: 2015-09-18 

母の一番嬉しい日

おはようございます。
今朝もお元気ですか?
もうすぐ敬老の日ですね。

ふと母を思い出します。
鹿児島県沖之永良部のケアハウスに入所している母。
脳梗塞で倒れその後、寝たきりになった86歳の母。
もうすぐ母の1番嬉しい日が来ます。

それは宮崎から弟が見舞いに帰ってくる日です。
4人姉妹のあと5人目にやっと生まれた男の子。
弟は小さい頃から祖父や伯父の後を継ぎ、医者になることを周りから刷り込まれ育ってきました。

母の生きがいは5人の子供達に充分な教育を受けさせる事でした。
特に弟は10歳で両親のもとをはなれ、勉強の為に祖母に付き添われて神戸へ。
その後祖母は田舎に戻り、教師をしていた私と妹が、保護者のようになって住んでいました。
私の結婚、妹の結婚などありましたが弟は、無事に医者になることが出来ました。

弟は母の誇りであり、生きた証のような存在です。
そんな弟が敬老の日に、宮崎から見舞いに帰って来るとなると、母はもう嬉しくて嬉しくて。

私も、そんな母の気持ちが手に取るようにわかる年齢になりました。
親にとっていくつになっても子供は子供。
母を喜ばせてくれる弟に "ありがとう" って言いたいです。

敬老の日を間近に控え母を思う今朝でした。

皆さんに今日も嬉しいことがありますように。

この記事を書いたプロ

一般社団法人神戸暮らしの学校 [ホームページ]

講師 村山順子

兵庫県神戸市中央区坂口通6-1-17 [地図]
TEL:090-2426-9866

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
暮らしの学校について

村山順子が代表を務める「神戸暮らしの学校」は企業研修と地域活動を行う一般社団法人です。設立主旨は下記をごらんください。神戸暮らしの学校について

メディア掲載情報
ゼクシィ 花嫁の手紙

【神戸暮らしの学校事務局から】いつも村山のコラムをお読みいただきありがとうございます。結婚情報誌「ゼクシィ」2015年12月号特集「花嫁の手紙 厳選集」の...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
村山順子さん

経営者と従業員との絆を深め、企業経営にも生きる「手紙の力」(1/3)

インターネット全盛の今、手紙が脚光を浴びています。月に一度、神戸市勤労会館で「心を届ける手紙のセミナー」を開催しているのが、「ひまわりサービス」会長の村山順子さんです。自身の体験談を交えながら、手紙が持つ「素直な気持ちを届けてくれる力」につ...

村山順子プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

誰もが相手の心に届く手紙を書けるようになります。

会社名 : 一般社団法人神戸暮らしの学校
住所 : 兵庫県神戸市中央区坂口通6-1-17 [地図]
TEL : 090-2426-9866

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-2426-9866

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村山順子(むらやまじゅんこ)

一般社団法人神戸暮らしの学校

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

参加者皆様が書いたお手紙を聞かせていただき、心のビタミンになりました。

手紙のセミナー 参加者アンケート -----------------------...

D M
  • 男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
『誰でも書ける手紙講座』のご案内
イメージ

こんばんは、村山順子です。最近、企業研修のご依頼が増えています。社内社外を通じて、素直な気持ちを伝...

社長手紙塾 村山順子のインタビュー動画をアップしました。

 村山順子インタビュー 

先ず、人に会う

先ず、人に会う!出かける!この事は、10年前、ある講演会で聞き、心に残っている言葉です!行動する事の大...

全ての人がゴールに

生まれてきた瞬間から 生きとし生けるもの すべてがゴールに向かって生きているのですね。人間も長い短いの...

感動しました!!

一昨日、第59回の『心を届ける手紙のセミナー』を開催しました。毎月第一日曜日の朝10時から11時45分まで、三宮...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ