コラム

 公開日: 2013-04-17  最終更新日: 2013-05-07

41回目の結婚記念日でした。

昨日4月16日は41回目の結婚記念日でした。
一人で迎えるようになって17年たちました。

41年前の4月16日、前日は大雨でした。  朝のうちも雨が残っていたのを思い出します。
天気を気にする私に、誰だったでしょうか・・・「ふりこむ・・・って言って良いことがふりこんで来るんよ」と
話してくれたことを、ふと思い出しました。

共に過ごした25年・・幸せでした。

たった一度のそれもお見合いから12時間もたたないうちにプロポーズ!
私の「じゃじゃ馬ならしは出来ますか?」  の言葉に ニッコリ笑って「お任せください」
「お願いします」のたった 二言で結婚が決まりました。

村山の父と尼崎で教師をしていた叔父は友人。私も13歳で沖永良部島から勉強のために、
神戸の叔父宅に下宿をしていましたので村山の父のことは知っていました。 
 叔父は、「あの親の子なら間違いない、見合いをしなさい」 とのことで、12月31日夕方、
当時、北九州市門司港に転勤していた主人の帰省に合わせて、お見合いをし
1月1日の朝、プロポーズに来てくれました。

尊敬できる人と結婚したい・・・と思っていた私にとっての第一印象は、「誠実な人だな」でした。
結婚生活は大当たりでした。・幸せでした。「あの親の子なら間違いない」は本当でした。
夜、寝るときによく主人と話したことがあります。
「私たちを出会わせてくれた叔父や叔母たちに感謝ね」と。

心から尊敬できる主人でした。 一人っ子の主人は私の兄弟や親を大事にしてくれました。
あぁ  書いても書いても書きつくせません。

また、機会があれば書いてみたいです。

そうそう、主人との約束・・・・「順さん本を書いてね」    
「小説は書けないけどエッセイなら一冊はね」と何気なく約束した、その事がいつも心にかかっていました。
その約束を果たすために、自分で期限を60歳!と公言し、書いた初エッセイ「60歳の約束」が、
あと1冊だけになってしまいました。
その本は、主人宛の手紙のようなエッセイで、副題は 「見えますか 聴こえますか これでいいですか」です。

本当は副題を本の題にしたかったのですが、それでは皆さんに分からないからと、そこは編集者の方の
提案を頂きました。
章立てなども自分でし、本を書いたこともない私が、ただ思いだけで書いた初エッセイです。

今でもその本を読むと、自分の書いたものなのに泣けてしまいます。

専門家からみたら、未熟すぎるのでしょうが、素のままのわたしで書いている本です。

いつの日か、再版したいと思います。


--------------------------




『心を届ける手紙のセミナー』のホームページ

http://www.kokoronotegami.com/

セミナーの詳細はこちらをごらんください。







『心を届ける手紙のセミナー』のフェイスブックページ

https://www.facebook.com/kokoronotegami

毎朝、村山順子が手書きのメッセージを書いています。







村山順子の創業した 笑顔を届ける家事代行とおそうじの会社

『ひまわりサービス』


http://www.himawari-service.jp/




--------------------------




この記事を書いたプロ

一般社団法人神戸暮らしの学校 [ホームページ]

講師 村山順子

兵庫県神戸市中央区坂口通6-1-17 [地図]
TEL:090-2426-9866

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
暮らしの学校について

村山順子が代表を務める「神戸暮らしの学校」は企業研修と地域活動を行う一般社団法人です。設立主旨は下記をごらんください。神戸暮らしの学校について

メディア掲載情報
ゼクシィ 花嫁の手紙

【神戸暮らしの学校事務局から】いつも村山のコラムをお読みいただきありがとうございます。結婚情報誌「ゼクシィ」2015年12月号特集「花嫁の手紙 厳選集」の...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
村山順子さん

経営者と従業員との絆を深め、企業経営にも生きる「手紙の力」(1/3)

インターネット全盛の今、手紙が脚光を浴びています。月に一度、神戸市勤労会館で「心を届ける手紙のセミナー」を開催しているのが、「ひまわりサービス」会長の村山順子さんです。自身の体験談を交えながら、手紙が持つ「素直な気持ちを届けてくれる力」につ...

村山順子プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

誰もが相手の心に届く手紙を書けるようになります。

会社名 : 一般社団法人神戸暮らしの学校
住所 : 兵庫県神戸市中央区坂口通6-1-17 [地図]
TEL : 090-2426-9866

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-2426-9866

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村山順子(むらやまじゅんこ)

一般社団法人神戸暮らしの学校

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

最初は手紙と思いました。

手紙のセミナー 参加者アンケート -----------------------...

S M
  • 女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
『誰でも書ける手紙講座』のご案内
イメージ

こんばんは、村山順子です。最近、企業研修のご依頼が増えています。社内社外を通じて、素直な気持ちを伝...

社長手紙塾 村山順子のインタビュー動画をアップしました。

 村山順子インタビュー 

先ず、人に会う

先ず、人に会う!出かける!この事は、10年前、ある講演会で聞き、心に残っている言葉です!行動する事の大...

全ての人がゴールに

生まれてきた瞬間から 生きとし生けるもの すべてがゴールに向かって生きているのですね。人間も長い短いの...

感動しました!!

一昨日、第59回の『心を届ける手紙のセミナー』を開催しました。毎月第一日曜日の朝10時から11時45分まで、三宮...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ